〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

シャイニング・ハーツ 王女殿下の料理番 ローナ

コトブキヤより、「シャイニング・ハーツ 王女殿下の料理番 ローナ」のレビュー。

発売日:2012年11月
価格:9,800円(税抜)
スケール:1/6(約14cm)
原型師:松本江永

コトブキヤ からローナのスケールは2種類出ており、「シャイニング・ハーツ」名義ではこの一種類だけです。

Tonyキャラはカラバリも含めて無数にフィギュアが出ているので、自分が好きなキャラを買おうね!笑

フィギュア自体に台座はなく、ワインレッドの起毛状の布が付属しています。

















お顔。ヤッベェ、めっちゃ可愛いDeath!!

透明感が素晴らしいですね。後述しますが、お顔は2種類付属しています。こちらはアニメ顔Ver.。


標準で付いている顔なのですが、瞳部分に細かい傷があるのが残念ですね。。。精度は良いだけにもったいない。


目線は左寄り。あまり起伏のある顔の造形ではありませんが、肌の白さや柔らかい表情が絶妙にマッチしており、とても美人顔です。


メイド服とケモ耳って、、、もう殺しに来ている!!笑

フェチの洪水でござい。




耳部分はそこまでリアルに造形されていません。コレくらいでちょうど良いのかも。


表情パーツは交換できる仕様の為、前髪の部分の分割線が少し目立ちます。


後頭部は割とシンプルなウェーブヘアー。


毛量はものすごいですねwちょっとダル目な気もしますが、コレもウェーブヘアーだ空と言い聞かせることにします。笑


メイド服は露出度が地味に高い仕様。何と言ってもメッシュ部分が素晴らしい。

生地感が本物寄りなので、リアル感も良い感じ。あまり強く持たない様にしましょう。

メッシュに隠れていますが、なかなかの物をお持ちで。。。

コレを破るということは、まさしく禁忌を破るということ。それはすなわち「死」を意味する。。。


爪造形はクッキリあり。薄いピンクのマニキュアが塗装されています。








モフモフしそうな尻尾を、左手でしっかり支えております。

実際はカチカチなんですけどね。。。w

お座りポーズなので、メイド服のスカート部分はタルタルです。
シワの造形がいい感じ!





ヒダ部分の造形は、造形師にとっては地獄の様な作業ですよね。。。
一般市民からすると、無限に餃子のヒダを作っているみたいな感じ?笑


スラッと細い足元。

ブーツのデザインはかなりダサい(褒め言葉)ですが、それに負けじと網タイツの主張が続きます。








スカートと網タイツから覗く、むっちり目の太ももが何ともそそられます。


Pガード!!

Pガードとは、パンツガードの事である。かなりコレは強靭なガードですね〜そう簡単には見れないですね〜


網タイツの裏側は縫い目が。





表情パーツを交換してみます。こちらが今までのアニメ顔。


そしてこちらが原作顔。よりTony氏の絵柄に寄せた感じですね。

個人的にはこちらの方が女神感と透明感が助長されており好みです!


アイラインと目尻の部分が、細い筆で描いたような細かさ。


こちらもアニメ顔に負けず劣らずの美人顔です。どっちかなんて選べない?そんな貴方に2体買い!


かなりのボリュームのフィギュアなのに分割線がないなぁと思っていたら、見えない部分にありました。


お顔を外すことで、隠れていた部分がよく見える様になります。

特に胸元の大きなリボンなど。


背中部分は髪の毛で隠れて全く見えなかったので、コレは嬉しい部分ですね。





スカート部分は、裏側がバコっと外れます。まさしく石膏の塊を触っている様な感覚で、ちょっと面白いですねw


そしてコレ!!

何と我々の視界を苦しめてきた「Pガード」のパーツを取ることができるんです!!

コレは購入者のみの特権ですね。コレだけ見るとケセランパセランみたいですけどね。。。w


純白でござい。





うん。かわいい。


至って普通の下着ですが、むっちり太ももと1/6スケールのボリュームですごい。。。圧を感じます。。。

座りポーズなので、お尻部分が凹んでいるのが残念ですね。シャオメイの時みたいに、クッションにしてフィギュア自体は凹ませない様にはできなかったのかな〜
















大きさ比較。

1/6スケールのボリュームと、全体的な雰囲気やお顔の可愛らしさが素晴らしいローナでした。

残念だったのは、コトブキヤの他のシャイニング・ハーツシリーズとスケールが違うことですかね。コレだけデカくしたのはなぜ?笑
あ、アレですね。もう一種のローナはスケール合わせているっぽいですね。しかし個人的にこちらのローナの方が可愛いので!!(自分勝手)


あとはお尻が凹んでいることくらいで、それを踏まえてもこの可愛らしさと透明感は反則!気になった方は是非。

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram