フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

BURN THE WITCH ニニー・スパンコール 水着Ver.

フリーイング(FREEing)より「BURN THE WITCH ニニー・スパンコール 水着Ver.」のレビュー。

発売日:2022年7月
価格:30,800円(税込)
スケール:1/4(約38cm)
原型製作:盛蔵(Heartstrings)
制作協力:ドラゴンクラフト
彩色:yozakura


外箱表。
漫画の外カバーと同じ様な柄模様が施されています。

『BLEACH』の作者久保帯人氏が新たに描く、魔女と竜の物語『BURN THE WITCH』より、主人公のひとり「ニニー・スパンコール」を1/4スケールで立体化!
コスチュームは本アイテムの為に新たに描き起こされた、オリジナルのスイムスーツ姿での立体化です。

華やかなレッドカラーの水着は、オフショルダーのセパレートタイプ。
アイドルグループとしても活躍するアクティブな「ニニー」らしさを表現しました。

他では見られない水着姿の“ニニーちゃん”をぜひお迎えください。(公式より引用)


箱裏。この煉瓦の模様を見ると、名探偵コナンのアイキャッチを思い出してしまう・・・キィィーバァァーーン!(扉の閉まる音)

初めに文句を書いておきます。一発目の立体化ながんで制服じゃあないんじゃい!!
ニニーと言ったら制服!そして太ももの顔ホルダーじゃろうがいっ!!

・・・はい、と言う事でね。なんとバーンザウィッチの立体物ってこれだけなんですけども。
のえるちゃんと同時に案内開始されたニニーちゃんです(のえるは来月8月に発売予定)。
ちなみにのえるは購入していません・・・なんか個人的に微妙なクオリティだったので。

半透明ブラックの円径ベースが付属。
フリーイングの台座ってデザインが統一されていませんよね〜今回はシンプルの極みみたいなデザイン。

フィギュアのサイズは大きいですが、ぶっとい鉄芯があるので飾る分には問題ないかと。
今回は台座が無くても自立したので、以下の写真は台座を使用せずに撮影しています。
ただし不安定なので、飾る際にはしっかり台座は使用しましょうね☆


























お顔。サンプルと比べるとお肌が色白になった分、スッキリした印象になりましたね!
個人的には目元がバチバチな分、これ位のチークの方がバランスが取れていて好みです(サンプルはちょっとケバい)。

とは言っても基本はサンプルからの印象そのまんまといった感じなので、購入する方は安心して良いのではないでしょうか?
オサレ師匠の成分が多い(絵柄が再現されている)かと言うと、ちょっと微妙ですが・・・

アイライン太めの力強い眼力。小悪魔(と言うか悪魔?)的な表情がいかにもニニーちゃんらしくてgood。
アイプリントの精度も良い感じ。どうしてもスケールが大きいので大味になりがちなんですが、瞳の色数が多いのでその辺の不安はなかったですね。


眉毛の色味が髪の毛と若干違うのは気になるかな?色的にフチを黒ラインで囲むのは、まぁある程度仕方ないけど。
瞼の表現が独特ですよね。真ん中でラインを一回切って、微妙にオサレ感を出そうとする意志を感じる。笑

少し下から。口元の表現が独特で立体化するには難しそうですが、上手い具合にまとまっていると思います!
唇は薄めで、色もサーモンピンクより若干明るい位です。

ハーフアップのツインテールと言う、毛量が何とも半端ない髪型をしています。
これはハゲに対する冒涜?それとも・・・(違う)

太めに仕上がった束感が可愛らしいシルエットですね。
ちなみに開封時、保護フィルムが至る所にあったので色移りしている心配は少なそう。

反対側も。
耳みたいに逆立った部分があるのも特徴。キツネみたい。笑

ガールズグループのリーダーであるニニーちゃんですが、意外にもピアスはありません。
ファンサービスとかもしっかりしていますし、態度や口調は悪いですが倫理観はしっかりしているのが特徴。

髪留めはクリアレッドベースに、パープルの装飾が付いています。
今回の装飾品はこのカラーリング、素材が主になります。

反対側。髪の毛は全体的に軽くシャドーが吹いてあり、重く感じすぎない程度に止まっています。


後ろ。こうして見ると結構なハネ具合ですね〜。
襟足部分もちょろっと出ており、うなじは残念ながら拝めません。

外国(イギリス)人っぽく感じるのがこの角度。
すごくお顔が整っていて美人さんですよね〜なんか肩幅がゴツく見るのは気のせい?笑

オサレ師匠の代表作であるBLEACHと比べると、まだ1巻しか出ていないので何とも言えないバーンザウィッチ。
とりあえず次のシーズンのお話はいつ始まるんですかね・・・まだまだ話的には導入感がすごいので、続きが早く読みたいですね!


慎ましいお胸まわり。公式でスリーサイズは公表されていませんが、相方ののえるちゃんがナイスバディなので自然と貧相に見えてしまう。笑
そして貧のキャラはこう言うデザインの水着になる事が多いですよね。フリルで誤魔化すんじゃい!

水着のデザインに特に不満はありませんが、布地が少なめのビキニタイプのニニーちゃんも見て見たかった気もします。
まぁ健全なオサレ師匠の作品なので無理かもしれないけどね・・・(メガハウスの乱菊さんを横目に見ながら)。


下から覗き込むと、インナーの水着がお出迎え。ただし谷間は(ない)です。

水着はレッドのカラーリングで統一されており、鮮やかな彩色が目を惹きます。特にニニーちゃんの金髪と緑の瞳とマッチングしており、キャラクターのイメージと合っているのが良き!

フリルは肩の部分で繋がっており、女性らしいデザインが強調されています。


フリーイングの水着フィギュアにお馴染みの「謎腕輪」が今回ありません。恐らくフリルの箇所で接合部が隠れているおかげでしょう。
手首には髪留めと同じ素材のブレスレットを着けています。ネイルは赤。

フリルの上からでも分かる、ほんの少しの膨らみ・・・慎しみ、慎しみ。
スタイルで言えば完全にのえるちゃんの圧勝ですが、キャラクターの魅力的にはニニーちゃんですねぇ。オサレ師匠は生意気な女性を描くのが上手い。笑


左腕はボディラインに沿ったようなポージング。しかし指がリアルな長さでプニプニしていそう。
こんなに親指って曲がるんだ・・・って感じましたね。笑


このニニーちゃんの何が良いかって、この腰のくびれですよ!これに尽きます。
少しくねらせたイカにもモデルです(モデルじゃあないけど)!ってポージングがたまりませんな。


胸からお腹、お腹からおへそへのラインが素晴らしいですね。ブラボー・・・おおブラボー!
決して起伏の大きい箇所ではないですが、最大限の人体の起伏を表している造形には敬意すら表しますわ。

横から見ると、そのくびれの細さにビックリしますね。スリムスリム&スリム。
二の腕もさることながら、肘や手首の骨の出っ張りをちゃんと再現しているのもポイント高し。

背骨のラインも浮き出ており、あまり目立ちにくいですが主張はしっかりとあります。
腰の肉付きも全くと言って良いほどなく、無駄な肉付きはどこにもありません。これぞ健康美!

腰の真ん中に入ったうっすらシャドーがそそる・・・
この部分は買った人にしか拝めないですね。

布面積は大きめですが、紐パンです。やったー!
特にどこの部分が強調されていたり、とかもありません。そこは流石の健全作品。紐を解いても簡単には見せてくれなさそうだZE!

少し下から。こ、これはこれで・・・
紐に引っ張られている水着のシワが憎い。あぁ、私はシワになりたい・・・ハイレグっぽく左の太ももに若干の肌色面積が乗っかっているのも良きですね。

足ながーい!意外にも太ももはしっかりした太さ。

膝頭部分のシャドーが少し濃いめに吹いてあるので、少し気になるかもしれませんね。

しかし見れば見るほど肌色率が高いな・・・私のフィギュアコレクションの中でも上位に属するかもしれん。
普段はしっかり着衣のフィギュアしかレビューしない当サイトですが(ん?)、水着のフィギュアも嫌いじゃあないよ。


サイド(横)から。お尻も小ぶりでほぼ太ももの太さに引っ張られています。


反対側からも。


バックショット。このお尻の水着よ!張り付きが良き・・・健全的セクシー!
申し訳程度のお尻のシワ。慎ましくて大好物でございます。

色々な角度から。恥骨部分は残念ながら無し。
Tバックだったら・・・と思わなくもないですが、ニニーちゃんだしそれは性格的にないかも。いや逆か!

舐め回す様に見ましょう。のえるちゃんを見るバルゴの様に。


少し下からのローアングル!
少なめですが、尻タブも標準で装備しているのがニクいねぇ。スジ的なものはもちろんございませんよ!




・・・ふぅ。


足のバックショット全景。





ニニーちゃんにしては大人しめのデザインのミュール。
足のネイルも揃えてあり、しっかりと赤でした。

ソールは台座と合わせる形?になっており、クリアレッドのパーツになっています。
この表現は初めて見ましたが、これがそのままソールって捉えて良い感じなのかなぁ?もしそうだとしたら、ちゃんと造形して欲しかったかな


リーアングルで何枚か。、脇の部分などは意外とローアングルじゃあないと分からないデザインの水着なんですよね。
その辺も併せて楽しんでいただければと思います。







どうしてもお尻に目線が言ってしまうのは秘密だ!


適当に何枚か。水着といえば野外。野外といえばやっぱり海だよねー。
と言うことでベタですが海の背景で。































宣材ポスター風。ビールを持たせたら、もうあのポスターです。








大きさ比較。安定の1/4なので普通に大きいです。ただバニーのウサ耳がない分、いつもより少しサイズは控えめかも?

以上でした〜
文句は初めに書いた通りです。やっぱり制服が欲しかった・・・この水着も勿論良いんですけど、作品中には出てきていないし印象がないんよなぁ。まぁそう言い出したら元も子もないんですけどね。

フィギュアの出来はサンプルと比べると多少アッサリした印象を受けましたが、ニニーちゃん好きは満足出来る出来ではないでしょうか?
オサレ師匠の絵柄は立体化するには難しいっぽいので、ちょっとアニメっぽい成分が入っていますが・・・

ここ最近フィギュアの値段は上がりに上がっており、さらに今回のニニーちゃんの様に販路限定で値引き無し、という厳しい現状です。
1消費者としてこれからもレビューは続けていきますが、なかなか手軽に買えない嗜好品になってしまいましたね・・・
ギブミー制服ニニーちゃん!(メガハウスさん辺りが出してくれませんかね)



Amazonで購入する




0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram