フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

重巧超大 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ オベリスクの巨神兵

コトブキヤより「重巧超大 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ オベリスクの巨神兵」のレビュー。

発売日:2022年6月
価格:23,980円(税込)
スケール:NON(約35cm)
原型製作:RESTORE

相変わらず撮影ブースギリギリの外箱の大きさ!

これまでオシリス、ラーと順当にレビューして来ましたが、オベリスクでついに三幻神コンプリートです!
最初のオシリスの発売から延期が続いていましたが、発売されてからは早かったですね。
ちなみに3体揃えるとお値段なんと70,000円オーバー・・・こいつは高尚な趣味だぜ☆

こちらとは別にオベリスクの必殺技「ソウルエナジーMAX!」状態を再現したカラーリングを施したのがKCストア限定で販売されました。
お値段は変わらずですが、特に馴染みのないカラーリングなのでスルーしましたが・・・希少性は高いかもしれませんね。


箱の大きさは共通となっています。


今回はオベリスクの箇所にスポットライトが!
頭部の玉の部分は3体とも光っています。


『破壊神オベリスク! 我が絶対の神となりて我が領域に降臨せよ! オベリスクの巨神兵、召喚!』

カードゲームアニメの金字塔『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』より、 バトルシティ編以降、主人公のライバル海馬の超強力な切り札となる神のカードの1体、 三幻神「オベリスクの巨神兵」が、これまで数多くの同シリーズキャラクターを多数立体化してきたコトブキヤの新ブランド「重巧超大」シリーズとして登場! 劇中最上級モンスターとして君臨するその存在感を、30cmを超える圧倒的スケール、陰影の際立つ重厚かつ繊細な塗装表現で完全表現! 破壊神の名に相応しく荒々しさを感じる表情、すべてをなぎ倒すような力強さを感じさせる全身の隆起した筋肉表現、頑強さを感じさせる全身のエッジの立った造形とそれらがさらに際立つ傷跡表現、威厳を感じさせるマントのごとき巨大な翼など、各種部位を細部までこだわりの造形で徹底再現! 同時予約受付開始となる「オシリスの天空竜」「ラーの翼神竜」と合わせて今も色褪せない劇中のあの感動が蘇る、ファン必見の一品となっております!(公式より引用)


例に倣って今回もコトブキヤ公式にて購入し、特製台座をGETしたZE!
あまり気にしていませんが、右下のシールに書いてあるTT697って何ですかね?特典697番って意味?


オベリスクは本体の色と合わせて青色の台座となっています。

通常版の台座と同じ大きさですが、デザインやカラーリングは圧倒的にこちらの方が見栄えしますね。
値引きを考慮しないのであれば、公式オンラインショップで購入される事をオススメします!

こちらもお馴染みのネームプレート。日本語版と英語版がそれぞれ付属。
巨神兵って英語だとこうなんだ・・・とちょっと勉強になりました。笑

取扱説明書が付属。


それでは組み立てて行きます!
まずは台座にネームプレートを差し込み、補助台座であるダボを差し込みます。


本体の背中に羽を取り付けて、台座にセットすれば完成!
かなり大きいダボなので、中折れはしなさそうです。

それでは皆さんご一緒に。

「デ、デケェ・・・!」

オシリスやラーと比べると、空中に浮いていなかったり羽が広がっていない分小さく見えます。
しかしズッシリとした重さは三幻神の中でも随一であり、持った時のボリューム感は流石のものです。
ちなみに補助台座のダボに差し込まなくても、安定して飾る事は可能。






















お顔。今を生きるモデルもビックリする程の小顔!
カードのイラストのイメージが強いのであまりハッキリ見ていませんでしたが、やっぱりというかやはりというか、かなり禍々しいデザインで大好物です。笑


少し横から。怖ぇ〜!
三幻神の中で唯一攻撃力・守備力が明記されているモンスターであり、効果も現実のDMで使用出来そうなオベリスク。しかしその顔は三幻神の中でも一番怖いです。笑


本体はほとんどブルーカラーですが、随所に入っているクロッキング跡やスミ入れが良い味を出しているんですよね〜
クリーチャー感溢れるデザインには、この仕様は相性抜群すぎんよ〜
小さい頭ですが、尖っている部分はかなり沢山あるので触りにくい。笑

鼻も上がり、口も歯茎がめっちゃ出ている程に食いしばっていますわ!
こんな表情してたんスね(ホジホジ)

目の色は赤。ほんの少しはみ出しがあるのがちょっと無念。

そう言えば王の記憶編ではデザインが若干異なるオベリスクですが、私はやっぱりこちらのデザインが好きですね。
あっちの方が見た目は派手ですが、シンプルイズベストな格好良さがあるというか・・・馴染みがある分、こちらの方がよく見えるのかなぁ。


横顔も格好良い!半端なく顎が尖っていますけど。
尖っている部分は若干柔らかい素材になっていますので、意外と衝撃には耐性がありそうです。

中世に出てくる魔女並みに立派な鼻をお持ちで!


後頭部はこんな感じ。ちょっと擦れたような塗装表現になっています。


頭部はボールジョイントにより可動。全体的に可動範囲は広くありませんが、ちょっと表情をつけるには十分すぎる程でござい。


額の玉はクリアパーツ。
透明度はそこそこですが、このフィギュア唯一のクリアパーツの部分なので貴重です。笑


ぼでー。
ちょっと全体的に赤らみが出ていますが、実物はここまで赤くありません・・・

筋肉モリモリマッチョマンのはずなんですが、所々で骨が出ていたりしていて不思議なデザインですね。
厚みの部分が地層の様な柄になっており、これが全体的なオベリスクの立体デザインになっています。

触ると結構ザラついていて、見た目以上に雰囲気があります。
オシリス、ラーはツルッとしたデザインでしたが、オベリスクは無骨な雰囲気がよく似合いますね。

ウエストほっそ!スタイル抜群すぎてヤバいです。
腹筋もバキバキに割れており、人型に近いデザインなのが良いですね。







肩周りは更にイカついデザインに!
長くて鋭いトゲが出っぱっており、触るとマジに痛いです。笑

左腕。


拳部分は別パーツになっており、回転させる事が出来ます。
この辺は割とシンプルな作りですね。

右腕。大きく力を溜めた握り拳が力強い!
まぁ欲を言うならカードのデザインそのままのポーズで良かったですけどね〜あ、でもそれだと素立ちになっちゃうから微妙か・・・


人間の身体に岩の破片を所々に貼り付けた様なデザインですよね。


可動部分を動かすとこんな感じ。
頭はヤバい方向にいっちゃっていますが。笑

頭部と左右の握り拳が可動します。
下半身もひたすらにズッシリ!
カードのデザインではここは見えない部分なので新鮮ですね。二足歩行でしっかり地面を踏み込んでいます。


下半身も動きそうですが、実は全く動かない・・・
先述していますが本体は非常に重い上に尖っているので、取り扱う際は怪我しない様に注意しましょう。

太ももよりふくらはぎの方が太ましいという、ずんぐりむっくりスタイル。
ただし足の指先は大幅に尖っています。笑

これが神の「股間」だッ!!

ふぅん・・・










羽は本体の生物的なボディラインと比べて、非常に機械じみた直線的なデザインをしています。
そして相も変わらずですがとっても重い!ダボが太いので問題ないですが、マジでこれは凶器ですぞ・・・


厚みもそれなりにあり、約1cmくらいでしょうか。


左の拳は交換でき、開き手状態のものが付属。
正直「なぜ?!」としか思えない付属品なのですが、無いよりは・・・

なんだろう、オシリスやラーと比べてコストが少し抑えられたから付けたのかな?
固定のポーズ部分が多いのであまり活かせないのが残念ですな。

ぐわっと力の入った様な開き手ですね。


羽を取ると、見えなかった背中の部分もしっかり拝む事が出来ます。
こんな風になっていたんですね〜

このポージングを見ると、ネットで有名な作画崩壊時の社長を思い出しますね・・・

「全速全身DA!☆」




本邦初公開!これが神のお尻だ!!

恐らくオベリスクのお尻を撮影したのは私が初めてでしょう・・・
誰も知らない神のセクシーなプリケツが、そこにありましたとさ。

適当に何枚か〜

ハイコントラストで撮影しましたが、影がある方が圧倒的に格好良いですね!カードイラストの雰囲気も出ていて、フィギュアの魅力も大幅UP☆

















ゴッドハンド・クラッシャー!!


「神に勝てると思っているのか!ハァーハッハ!!」

これは格好良い社長の嫁。社長が高笑いしたくなるのも分かる気がします。

「カカロットぉ・・・」

はっ、思わず別作品の「緑の悪魔」を思い出してしまった。どこか似ていると思ってつい・・・








フレディ「???!!!」

オベリスク「問おう、貴方が私のマスターか?」

「おっ、おおおお俺は何も知らねぇ!何もやっちゃいねぇよぉ!!」

「・・・・・・・」

「問おう、貴方が私のマスターか?」

「何の事かワカンねぇけど・・・俺がてめーのマスターだ!」

「Yes、ユアマジェスティ」

スッ

「お、おまえ・・・」
「ヒャッハー!!人がゴミのようだZE!!」

〜END〜


色々なネタが入り混じったフレディ劇場でした。

しっかし改めてフィギュアーツフレディの汎用性は高過ぎる・・・
今回撮っていて更に可能性を感じてしまいましたよ。

大きさ比較。オシリスやラーと比べると小さめですが、実際はめちゃくちゃデカいですからね・・・気をつけて!

以上でした。はー、無事に三幻神を揃えられたのは安心したのと同時に、満足感が大きかったです。
諭吉という生贄は7体も捧げたけどな!
これでコトブキヤの遊戯王フィギュアは一旦終わりかな〜

フィギュアの出来はサンプル通りで、兼ね期待していた感じと変わらないかなと。
予約している方は安心して良いかなと思いますね!ボリュームもたっぷりで、社長は勿論、大きいフィギュア好きの方も満足できるクオリティに仕上がっていました。

もし三幻神を飾る時はとんでもないスペースが必要になるので、ケースを買う際は注意ですね!恐らくデトルフ1台はお釈迦になるかと!笑
DM世代の方には是非ともオススメのフィギュアです。




Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram