フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION リューネ・ゾルダーク

トイズワークスより「スーパーロボット大戦 ORIGINAL GENERATION リューネ・ゾルダーク 」のレビュー。


発売日:2006年5月
価格:5,280円(税込)
スケール:1/8(約20cm)
原型師:東海村原八(模型の王国)



DC総帥ビアン・ゾルダークの一人娘。当人よりも機体の方が人気ありそうな、ちょっと可哀想なヒロイン。
マサキは人気あるんですけどね・・・健康的なキャラってあんまり人気ないのかな?

トイズワークスのこのシリーズは、毎月1体ずつリリースというとんでもスケジュールで販売されていました。もれなく今見ると微妙な出来ばかりですが・・・
当サイトでもいくつかレビューしているので、もしよければ見てみて下さいね!





















お顔。設定画よりか若く見える印象です。そもそもスパロボのオリキャラはみんな絵柄が濃い・・・笑
しかし普通に可愛いですな。私はヴァルシオーネよりもリューネ派ですよ?クロスマッシャーの燃費もいいですしね。魔装機神シリーズって割と燃費が悪い機体が多い印象ですが、ヴァルシオーネはその中でも割と扱い易かった気がする。


目が大きい!アイプリの精度はいい感じです。ただ角度限定感があるかなぁ。
基本は目線に合わせて飾ってあげましょう。他の角度から見ると若干怪しい度がアップするので・・・


あ、こっちの角度もいいですね。ちょっと幼く見える印象。
私事ですが、ここ最近スパロボ熱が再燃しておりまして・・・この記事を書いているのは2021年9月なのですが、あと1ヶ月でスパロボ30がリリーズされるんですよね。その事もあってテンション高めです。


横から見るとダメですね・・・鼻がどえらい事になっておる。確かに外国人っぽいけどサァ。
あと顔と首の段差が大きく、別パーツが強く強調されている感じは残念ですね。


青色のハチマキはグラデ入り。髪の毛は外はねの表現がうまく出来ているかと!
デザイン自体は至極シンプルだからこそ映えるのでしょう。


ポージングの都合上、どうしても変に見える角度がありますが気にされない様お願いします。笑
髪の毛は若干もっさり。髪色もグラデがかかっていたらよかったな〜

うーん、これはノー下着!w
女らしさみたいなものは微塵も感じないタンクトップ。リューネと言えばこれですね。逆にマサキは厚着気味ですが。


かなりスタイル良いですな。ただ、なんでしょう・・・色気を全く感じない・・・笑
公式ではリューネの片想いっぽいですが、マサキはシュウにぞっこんですからね、仕方ないね。
タンクトップはかなり厚めの造形ですが、元々厚ぼったいので違和感はありません。


スタイルが良すぎるな〜〜腰とかどんだけ細いんだ・・・
肌色部分は成形色。若干テカリがあるので気になる方はいるかも。


この脇は「あ、分かっているこの原型師」って思っちゃいました。それくらい脇スキーな人たちには素晴らしきご褒美かも。
しっかりここにはシャドーが入っているのも戦略的ですねぇ。。。


筋肉モリモリかと思いきや、引き締まった二の腕周り。
リストバンドをしているのも、かなり武道家っぽいですね。

にゃーん。


背中の生地感の少なさが・・・
ここからの眺めも非常に良いですね。



腕とか。ゲームの話に戻りますが、私が一番ヴァルシオーネを使用したのはOG2だった気がする・・・あれはGBAで作動していたものになりますし。
しかし素晴らしいボディメンテナンスだ。ほっそいほっそい。


下から見ようとしましたが、恐らく難しいのかな〜というのが本音でっす!
でもこのヘソちら・・・2021年のトレンドに合っている気がしますね。


こんな感じで中は造形されていない様に見えます。
あくまでチラリズムを楽しみましょう。


このフィギュアでいいなぁと思ったのは、デニムの表現!
特に敗れた部分は少々ダル目ながらも妙にリアリティーのある造形。カラーリングも良いですね。


そして何とも足が長ぇ〜!
シワの造形も妙にリアルで、2021年現在でも全然通用できる塗装クオリティかと思われます。


左足は短パンスタイルで太ももが露わになっています。ただしエロくはない。笑
敗れたデニムで結ばれた紐の靡き方がいいですね。


お尻も非常に健康的。最近のフィギュアにはありがちな誇張し過ぎたサイズ感では全くないですね。むしろリアル。
ちょっとポケットや縫い目の表現が太いですけど、色は同じなのでそこまで気にならないかと。


尻タブ的な表現も控えめ。これがチトセとかメルアとかだったら大分変わったんだろうなぁ。。。と(スパロボネタ)
スパロボのオリキャラって絵柄のせいか、やけにムチムチしているんですよね。男のキャラはそんなですけどね〜逆に男は暑苦しい顔つきのキャラが多い事多い事!


裸足にパンプスという何ともえげつない足回り。いや、裸足じゃないかもしれないけどなかなかすごい格好ですね。


この辺の塗装は非常にシンプルですね。
台座はいつもの黒一色のボルト留めタイプ。トイズワークス的にこの安っぽい台座はアリだったんでしょうか・・・











大きさ比較。プライズ感は拭えない・・・

という事でリューネでした。キャラ性能としては有能でしたが、フィギュアの出来は普通でした。笑
流石に今の時代に一線で飾るには無理のある造形ですが、スパロボファンは押さえておきたいフィギュアじゃないですかね。リューネのスケールってこれ位ですし。

個人的にATXチームが好きなので、キョウスケやブリットの立派なフィギュアが出ないかな〜と思う今日この頃。
スパロボ30周年の盛り上がりに乗じて出してくれませんかね、ポッパレあたりで!


Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram