フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

魔法少女アイ2 アイ

株式会社a-brandより「魔法少女アイ2 アイ」のレビュー。

発売日:2004年7月
価格:10,780円(税込)
スケール:1/8(約17cm)
原型師:ちょろすけ(a-brand)


PCアダルトゲーム「魔法少女アイ2」より、ヒロインの加賀野愛が立体化。こちらのポージングは、初回限定版のパッケージが元絵となっています。

個人的に魔法少女アイはプレイした事がなかったので、イメージとしては曖昧なものでした。「鬼畜・陵辱系の元祖エロゲーだよね」くらいの認識でした。むしろ私が好きなバンド、Dir en greyがMVにこの「魔法少女アイ」のOVAのシーンを使用している方が印象深いですねw

原作はシリーズもので、OVAも制作される人気シリーズでありながら、最終作「魔法少女アイ参」が世紀の大問題ソフトとして君臨している「ご覧の有り様だよ!」が有名エピソードですね。原作は陵辱だらけのエロゲーですが、このフィギュアは服も破れておらず、ボテ腹でもない「健全」なフィギュアとして仕上げられていますw


















当時の流行りの「ガレージキットとして販売もするし、塗装済みの完成品でもリリースするよ!」のパターンですね。当サイトでは過去に同じパターンのフィギュアをレビューしています(TOFのアーチェ)。

販売元のa-brandはボークス内のシリーズ名で、主にガレージキットを製作していました。原型師のちょろすけ氏は、この魔法少女アイ以外にも戦国ランスや新世紀エヴァンゲリオンなど、幅広いジャンルの美少女キャラクターを製作されています。



お顔。イラストレーター、黒木氏の特徴のある顔立ちを上手く再現出来ていると思います。主に釣り目な部分とか、パースが狂っている所とか。笑

コールドキャスト完成品なので、現在の主流のPVCと比べると非常に繊細。その分毛先やあらゆる部分がシャープでエッジが効いており、PVCにはない魅力もあります。その分価格も高く、当時としても高価な値段帯になりますね。



アイプリントは印刷ではなく、筆塗り。線のガタつきも含めですが、これがガレージキットですよねぇ。個人的には味があり、満足しています。めっちゃ赤い!笑

ポージングと顔の向き、視線が決まっているので角度は制限されますが(イラスト自体もかなり角度を選ぶし)、見返りポーズのフィギュアは好きです。何か凛とした格好良さを感じるんですよね〜



残念なポイントは、肌の色が全体的に黄色い所。まぁ、古いフィギュアなので仕方ない部分はありますが。もっと色白だと良かったですね。



割とシンプルな頭の造形。スケールが1/8という事もあり、小ぶりなサイズかんが可愛らしい。
この辺りのコントラスト含め、割とパキッとした印象を受けます。


リボンの先端は、接着剤が必要です。このパーツが折れそうで繊細で、なかなかにヒヤヒヤしましたよ〜

ま、その分見栄えも抜群にいいです。躍動感が生まれる大きなポイントの一つとなっています。


スレンダーな上半身周り。魔法少女らしいファンタジーなデザインがいいですねぇ。後0流どのラインのガタつきが少し気になる所ではありますが。。。

ブルーの部分は艶あり、さらに若干パールがかっており綺麗な発色が特徴です。こういうピッチリしたスーツに艶あり塗装ってどうしても性的デザインに見えてしまう。。。笑



肩から二の腕にかけてのライン、またワキの造形がフェチいですねぇ。パーティングラインがうっすら残っていますが、あまり気になりません。


右胸からワキにかけて、白化の跡が見られるのが少し残念。ポージングは本当に秀逸だと思います!


先程の頭部リボンを別角度から。まさしく触角にも見えますが、これが左右に大きく開いている事で全体のバランスも取れ、トータルバランスが非常に優れたものになっています。


背中は割と開けっぴろげで、黒のインナーのみ。インナーは透け塗装の様になっており、セクシー。


背中部分に両腕を寄せている為、肩甲骨がギュッと中心に寄っています。この造形はいいですねぇ〜

スカートはかなり短く、覗かなくても普通に見えます。が、レオタードみたいなものなのでエロさはほとんどありません。笑


武器。正式名称はないのかな?剣でもなく槍でもなく、斧が一番形状としては近いのかも。
魔法少女らしいファンシーなデザインでありつつも、刃のデザインがなかなかに秀逸ですね。この刃の部分も接着の必要があります。



爪の造形は無し。両方の親指に挟み込む様に武器を持たせます。メタリックな塗装が綺麗。


ヒダのデザインが特徴的なスカート。このレビューを制作するにあたり、魔法少女アイの画像も検索しました(18歳未満の良い子はしちゃダメ)。

すると意外にも服がゴリゴリに破れている(全裸など)はなく、ほとんどが部分破れでしたね。まぁ触手に次ぐ触手のオンパレードなので、一部マニアックな描写シーンに合わせての破れ具合なんでしょう。笑



下半身も非常にスレンダー。太ももから足元にかけてのラインもほとんど変わりません。肉質的なデザインは似合わないのでこれで正解ですね。


紫のニーソックスは、グラデが綺麗。ガレキで購入するともちろん未塗装なので、自分で全て組み上げないといけないのが醍醐味であり、難しい所ですよね。私にはそんな技術はないので、こういう塗装済み完成品を買うのが丁度良いです。笑



台座はシンプルなアクリル板。これぞガレージキット!って感じの台座ですね。ダボは真鍮が使用されています。

個人的にPVCフィギュアの様なプラスチックベースなどではなく、透明なシンプルなアクリル板は高級感があって好きですね。


塗装、造形含めあらゆる面のシャープさがこのフィギュアの良い所ですねぇ。とりあえず魔法少女アイのフィギュアはほとんど無いのが現状なのですが、そもそもエロゲの鬼畜ゲーのフィギュアがあると言うのがちょっとおかしいんですけどねw

そう考えるとエスカレイヤーは何度も立体化されていて恵まれているんだなぁ。。。


お約束の、、、やつ
エロゲーなのにレオタード、しかもスレンダーでそこまでエロく無い、至極健全なアングルです(違う

お尻のタブつきもちゃんと再現されており、しっかり見るべきポイントは抑えてあるいいお尻ですね!


前も一応。
































大きさ比較。ポージングのおかげもあり、スペースはそこまで取りません。

伝説の陵辱エロゲーのフィギュアなので、そこまで声を大にしてオススメできないのが辛い所。造形としては一昔前のクオリティを感じる部分があるものの、コールドキャストならではの繊細でシャープな造形、ポージングの再現度、塗装の美麗な彩色度合いがポイントでしょうか。

出荷数はあまりわかりませんが、ネームバリューはありつつも現在は珍しいフィギュアだと思われます。原作ファンの方、触手と絡ませたい方、鬼畜の極みまで追い越したい方にオススメのフィギュアとなっております。OVAの評判が良いみたいですが怖くて見れない。。。笑

amazonで購入する(原画集)
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram