フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ARTFX J ルルーシュ CODE BLACK 1st Live Encore! ver.

コトブキヤより「ARTFX J ルルーシュ CODE BLACK 1st Live Encore! ver.」のレビュー。

発売日:2017年2月
価格:13,200円(税込)
スケール:NONスケール(約26cm)
原型師:福家悠太


――ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!全力で購入せよ!!

●TVアニメ放映終了後も、根強い人気を誇る『コードギアス』シリーズより主人公「ルルーシュ・ランペルージ」が、「CODE BLACK」衣装を身に纏った姿でスケールフィギュア化!
●和装をベースに、ロックの要素を随所に散りばめた「和ロック」な衣装を忠実に再現。
●大正ロマンの雰囲気はそのままに、ギアスマークをあしらったベースなど細部までこだわった仕上がりとなっています。

公式HPより引用。和ロック・・・?大正ロマン・・・?

何かコンセプトが渋滞しすぎててヤバいんですけど笑、そんなルルーシュです。
ちなみに以前に一番くじにて立体化されたデフォルメ状態もレビューしていますので是非。


































顔。ギアス発動時の顔ですね。相変わらずイケメンに仕上がっております。
なお、コトブキヤショップで購入すると差し替え用頭部として、ギアスが発動していないVer .の頭部がついてきます。


アイプリントの精度はかなりいいですね!コトブキヤにしてはスケールと価格設定が強気でしたが、このクオリティの細かさを見るとまぁ許せるかな。。。笑

品質管理は一般コトブキヤレベル。アルターやグッスマと比べると汚れや塗装の質などは、若干劣る部分があります。


どの角度から見ても違和感はありません。帽子は取り外しできませんので、なかなか顔が見えにくい仕様となっています。

全体的にかなりシャープなパーツが多く、取り扱いには注意した方が良さそうですね。。。
CLAMP体型は立体化にはつくづく不向きだなぁと実感しますね(強度的な意味で)。



造形はかなり細かい部分まで徹底されているのですが、残念ながら塗装で損をしている箇所があったりします。この帽子の紐部分も、塗装で穴が塞がってしまっています。


金具のパーツも発色は美しいのですが、もう少し彫りが深いと更によかったかなぁと思っちゃいますね〜


髪の毛は暗い目の茶髪。適度にグラデが施されています。


右肩に被さった大型マント。左肩には紐がかかっているだけです。

色移り防止の為、ビニールがガッチガチに挟まっておりました!こういった厳重具合はさすが第一線で活躍するフィギュアメーカーですなぁ。


マントのシワ表現に気合を感じる。。。!
全身はほとんど黒の衣装で統一されているのですが、同じ黒色でもシワの表現で結構見える印象って変わるんだなぁと。


薔薇のマーキングがワンポイントとして入っています。








右腕を上げており、それに伴ってマントの造形もついて行っている感じ。
マントのおかげでかなりボリュームがある見た目に仕上がっていますが、ルルーシュ自体はめっちゃスリムです。笑


前髪の下の右目はちゃんと造形されています。こういうところは地味にポイント高いよォー!


全体的に赤の紐が長い!この辺が大正ロマン、、、なのか?!


マントを外して素体だけでみていく。右肩部分にマントのダボがあるので外して、代わりに肩のボタンパーツを取り付けます。

マントの擦れからか、左の胸板部分がちょっと汚れていますね。。。
というか服がピッチリすぎて胸の形がクッキリわかるじゃない!ヤダー!


二の腕よりも肘先の方が太いという、なんとも稀有な体型w
まさに棒ですな。


伸ばしっぱの左腕はとんでもなく長いです。袖口のデザインが綺麗ですね〜
白の軍用手袋みたいなものをはめています。


右腕はこんな指の形。「俺のターン、ドロー!」という声が今にも聞こえてきそうですw


肩甲骨もクッキリと浮かび上がっています。骨骨フェチな私としてはこの表現は嬉しいですね〜
決して大きな背中ではないですが、背負った宿命は大きい、それがルル公。


腰回りにあるベルトみたいなものは、完全に別パーツになっておりクルクル回ります。
こちらにも赤の長紐が!


黒の中にも上品さをどこか感じます。あとは金属部分が渋いカラーリングなのがいいですね。


今回のセクシーショット。。。!笑

謎にヘソが出ている服装になっています。ベルトをずらして分かるこの衝撃。ただしおへその造形はありませんのでご注意を。あくまでチラリズムですぞー!


脇差くらいの長さの刀も、レイピアばりに細いです。装飾は薔薇をモチーフにしており、小さいながらも素敵な造形です。


背中部分。もう紐が多すぎて何が何やら笑
かなり造形自体が洗練されている感じがあり、あまり大きくないものの纏っていて素晴らしい。


ボタンの百合紋?みたいな表現も細かいなぁ。


紐は軟質パーツなので、ある程度は耐久性がありそう。ただ根元は細いので千切らないようには注意ですね。


サーベルは取り外し不可能ですが、差し替え用パーツに対応させるために柄の部分は外れるようになっています。


この指の角度と折れ具合が非常にフェチいと思いませんか。。。?

たまに手袋みたいなもので、親指と掌少しだけ隠しているキャラがいますが、あれはイケメンしかつけちゃいけないと思うんだ。。。w


右足太もも部分には、金色のリングが。クローバー?模様がシャレオツですね。


台座と本体は接着されており、取り外しは不可。
結構前傾姿勢なのでその辺りも考慮して接着してあるのかな〜?


ブーツ部分の黒はエナメル感を出す為に、ツルツルテカテカの表現になっています。


男性にしては結構高めのヒール。爪先以外は台座についておらず、代わりにクリアパーツの補助がついています。


ブーツのかかと部のシワがいいですね。固めのエナメルのこのシワの感じがたまらなく好きなんですよね〜!


台座は赤のフロッキー加工が表面に施されています。
更にその下にはギアスのマークが入ったプラ台座が。結構高さがあるので、これでフィギュア自体に高さが結構出ているように感じます。


正面、裏正面にはギアスのマーク、それ以外は薔薇のマークが入っています。正六角形ですね。


右腕パーツを差し替えると、俺のターン!ポーズからサーベルもちポーズに変更する事ができます。
サーベルと持ち手は固定されており、角度を変更することはできません。


サーベルを抜いた状態なので、腰元のサーベルの柄を取り外します。
ただひたすらに謎のポージングになるんですけどね。。。笑


何にせよ、写真映えするフィギュアだなーと思いました。実物ももちろんいいのですが、何故か写真で見た方が非常に良く見える。。。笑


どのパターンで飾るかは悩ましいところですね!
あ、コトブキヤの特典は個人的にはいらないかなぁという印象でした。笑


一番くじでコードブラックのキャラクターは一通り立体化されましたが、ぜひフルプライズで立体化されて欲しい。。。特にシャーリーとか絶対映えると思うんだけど!!





























大きさ比較。台座のおかげか非常に縦に長い笑

以上、ルルーシュの真っ黒フィギュアレビューでした。
値段はコトブキヤにしてはかなり強気でしたが、造形はかなり繊細で緻密な箇所も多く、総合すると納得できる出来かなと!

ただフィギュア全般的にそうですが、本当にそのキャラを好きでないと買えない値段になってきているのが辛いところですね。。。このルルーシュも然り。難点は特にないですが、割と傾きが大きいので経年劣化が少し心配な所でしょうか〜

ちょっと触れましたが非常に写真映えするので、美しいフィギュアを求めている方にはオススメですね!

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram