フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 矢澤にこ

アルターより「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 矢澤にこ」のレビュー。

発売日:2016年6月
価格:17,380円(税込)
スケール:1/7(約24cm)
原型師:タカク&タケシ


明けましておめでとうございます。

新年一発目のレビューは何にしようかずっと考えていたのですが、「何かインパクトのあるフィギュアにしたいな。。。」という事で、アルターのラブライブシリーズの中でも会心の出来の「矢澤先輩」をレビューすることにしました(言っても3年以上目のフィギュアですが!)。

これは個人的にフィギュアの中の1つの完成形を見たフィギュアですね。発売された当初「すげェ。。。」という感想しか出てきませんでしたw

トータルの完成度・原作の似せ方・ポージングなど、どの角度から切り取ってもパーフェクトな出来だと感じた1体です。
























お顔。ちょっと可愛すぎませんかねぇ。。。

元々ファンじゃなくても、この表情・可愛らしさにファンになってしまいそうな出来。矢澤先輩のフィギュアは色々なメーカーから出ていますが、圧倒的にこの矢澤先輩が可愛いですよ個人的に!


アイプリントの精度も高く、大きい瞳の中の赤と白・黒のコントラストが美しい。

頬の赤線の色味もちょうどよく、くどすぎない感じ。ないと寂しいものですが、あればあるで邪魔になりかねませんからね。。。これは良いものだ。笑



目線的には右向きに飾るのがベストですが、どの角度から見ても破綻なく仕上げられていますね。

口の造形はこの時期のフィギュアによくあった、逆おにぎり型。賛否両論ある造形ですが、私は矢澤先輩に合っていて好きですね。



ピアスはなし。横から見た時の鼻が鬼門ですが、ギリギリの不自然の無さで造形されています。

あと、頬から口にかけての絶妙な丸みを帯びたラインが素晴らしい。。。わかりますかこの成長期の顔の丸み!!(変態)



矢澤先輩本体以外の、衣装小物の出来も変態的なんですよ。もうね、この帽子だけで何パーツあるのって感じで。。。



リボンが多数の箇所にあしらわれているのですが、全てのタンポ印刷の技術が素晴らしく、軽く芸術品にも思えるくらい。



このレースの造形もね、素晴らしいと思いませんか。素材が半透明なものだったりと、、、


さりげなくにこのNマークが。


先端のヒラヒラ具合もいい感じですね!


微妙に浮いているレースの造形もポイントです。


後頭部はしっかりと丸みを帯びており、これぞツインテール!ってくらい、バッチリと髪の毛の分け目が見えますw

髪の毛は黒髪ですが、真っ黒というよりは少し白味を帯びた様な色合いになっており、優しい色使いになっています。



帽子はマグネットが内蔵されており、矢澤先輩の頭に内蔵されたマグネットと引っ付く仕様になっています。

そこまで磁力は強くないので、落としてしまわない様に注意が必要です。あとは帽子に窪みがあるので、しっかり頭の形に合わせてあげるのもポイント。



帽子側が窪んでいるので、帽子を外しても違和感のない様にできています。

この状態でも違和感なく可愛いのが矢澤先輩。スバらすい。。



ツインテールの造形は、線が少なめで面数が多めになっています。どうですかこのリボンから出る紐の造形、今にも壊れてしまいそうw



首元のリボンと顔が割と近い位置にあるので、色移りしない様にある程度配慮は必要かもしれませんね。



首元のデカデカリボン。レースたっぷりで重厚感溢れる塗装に仕上がっています。






このさりげなく絡まっている赤と黄色の紐がいいですね〜


反対側も。





ツインテール分け目上から。現実でここまでビシッとツインテールしている人って中々いないですよね。。。似合うに合わないが激しい気がするw



うん、いつ見ても変態的なパーツ数(褒めています)



胸の中心部にもデカデカとリボンで包み込まれています。この矢澤先輩自体がプレゼントと言うことでよろしいですね?笑



よく見たら赤のリボンだけでなく、黒の首飾りもありました。


ボディライン自体は非常にスリムですが、多数のリボンの装飾により、かなりボリューミーに仕上がっていますね!しかもその1つ1つの造形レベルが高いこと高いこと。。。



絶妙にワキが見えないッ。。。!!これはフェチいポイントちょっと下がり気味。しかし肩まわりが出ている分でカバー。



余分な脂肪が全くなさそうな二の腕まわり。


腕にはビッシリとブーケ状の紐が巻きついています。


デュエルディスクですか?ってくらいにボリューミー。笑


爪には薄めのベージュが塗られています。


このワキと二の腕の隙間がね。。。たまらなくいいのですよ。。。わかりますか。。。この気持ち。。。






背中の大きなリボンの隙間から見える、背中の部分がフェチいですね〜


右腕は、矢澤先輩の必殺ポーズ「にっこにっこにー」のモノになっています。と言うことは。。。?!



晴着並みに大きなリボン。こちらも首元のリボン同様、真紅の塗装になっており、その上からタンポ印刷が施されています。



こちらの印刷も非常に精巧。接写してもこのレベルですよ奥さん。。。!








ウエスト周りとか。胸元の部分もこれでもかと言うくらいにフリルがあしらわれていますね。





細ーいウエスト。。。

おへその造形もさりげなくですが、ちゃんとあります。


スカートの右側部分は大胆に広げ上がっています。

スカート裏側にもラインの塗装があり、こちらはフリーハンド?中々裏側まで塗装があるのは珍しいですね。


スカートの裏側には、半透明のペチコートが。スカートだけだと防御力低すぎますからねぇ。笑

ま、このペチコートがあってもかなり短い事には変わりないんですけどねw


スカートの柄も相まって、ちょっと幻想的な写真じゃないですか?笑


スカートの広がり具合もいい感じ。星柄というのも元気いっぱいの矢澤先輩らしくて、良い!



肌色成分多めの足元。もちろん最新のスムーススキンなので、触り心地はサラサラなんだぜぇ?羨ましいだろう?



ヒップラインからの太もも。。。たまらんぜよ〜
この見えそうで見えない角度が。。。また良い!


靴下はちょっとクリスマスちっく。この赤と白のカラーリングを見ると、ケンタッキーを思い出してしまうのは私だけではないハズ。。。



この右足だけでも情報量が満載!

足首部分のリボンも非常にゴージャスな色合い。靴はちょっぴりファニーライク。ヒール部分のゴールドがいい味を出しています。






少し深みがあるグリーンがいい感じ!
真ん中にはバラのモチーフのブローチが付いています。


対して左足はまた違った装飾品が。

通常の靴下ではなく、ニーハイソックスになっています、ネイビーとピンクのストライプ柄の上には、ピンクとホワイトのストライプのリボンが巻きつく様に。。。どうやって履いているんだよこれw


いやー、足先まで情報量ビッシリですねこれ!


リボンと足の空間も、見所のひとつです。結構二次元な足の曲がり方の様な気もしますが、まぁあまり気にならないレベル。


爪先にかけては右足と同じく、リボンとブローチが。


台座はシリーズ共通のもの。シンプルなパールホワイトにロゴが美しい。

支点が左足のみなので、少し安定感が欲しい所ではありますねぇ。しかし透明支柱などつけようものならこの芸術性が下がる。。。難しいところです。


意外とガード高めでしたが、、、白でした。真ん中によったシワがやけに生々しく感じるのは私だけでしょうか。笑



うん、新年から眼福眼福。。。


一応、前部分からも見ることができます。あまり見えませんが。


どちらかと言えば、サイドラインから見えるパンツラインの方が好きですね、私は(変態2回目)


そして、交換用の左手パーツが付属。これにより、あの「にっこにっこにーポーズ」が再現できます!

ちなみに、帽子と左指が干渉してしまう為、このポージングで飾る場合は帽子を外す必要があります。


うむ、衣装はいつもと違えど、このポージングはやはりしっくりくる。。。

どちらで飾るか悩むところですねぇ。幸せな悩みだw





帽子がない分、こちらの方が目線に合わせやすい気がします。


少し色味を変えて。なんじゃあこの可愛さは。。。























いたずらっ子モンスター。














大きさ比較。

アルターのラブライブシリーズは毎回素晴らしいですが、この矢澤先輩はその中でも素晴らしい完成度でした。随分と開けていませんでしたが、新年のこの機会に開けてよかった。。。可愛すぎました。

難点は、安定感が少し不安な事と、価格ですかね。高貴な方にしか買えない値段でもありますが、この矢澤先輩はそれだけの価値はあります。個人的に。

そしてなんとこの可愛すぎる矢澤先輩、まだ普通に購入することができます。ベジータ風に言うなら「早くしろー!どうなっても知らんぞー!」状態です。3年前のフィオギュアと侮るなかれ。オススメ〜!

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram