NITRO SUPER SONIC すーぱーそに子 水着サンタVer.

アルターより「NITRO SUPER SONIC すーぱーそに子 水着サンタVer.」のレビュー。

発売日:2014年9月
価格:9,936円(税込)
スケール:1/7(約13cm)
原型師:HIDE、梶尾宗利

ニトロプラスのイメージキャラクター、すーぱーそに子がアルターから登場!無敵のタッグですね。

ただいつものオーキッドシード とは違い、アルターはセクシー路線というよりスタイリッシュ路線のフィギュアが多いんですよね。その中でセクシーキャラのそに子をどう表現するのか。。。楽しみです。

ちなみにカラバリがメガトレショップ限定で販売されました。こちらは全国流通版のいわゆる通常版です。














水着サンタという事で、水着の上からサンタのポンチョをかぶっています。夏なのか冬なのかどっちかにせい!笑

頭部が2種類付属しており、フードを被った通常のものとポンチョなしの頭部があります。

元絵となったものは、まだそに子が生まれて初期の頃の絵なので、現在と比べると幼く、美少女感が強いです。私はこちらの絵柄の方が正直好きです(ここだけの話)。

別に現在のそに子の絵柄を否定する訳ではないのですが、ちょっと下品度が高いんですよね〜この位がバランスが取れていて良いというか。共感してくれる方がいるかは分かりませんがw

いやー、しっかしクソ可愛いですね(口が悪い)!
アイプリント精度高めの大きな瞳に、少しぷっくりした口元。何とも癒し系のお顔じゃありませんか。

アルターという事で、品質も折り紙付きです。粗という部分が見当たらないです。正直、私が所持しているそに子の立体物の中で一番好みですよマジで!

フードの淵のファー部分は、フィギュアでは表現が非常に難しいと思うんです。あの毛の細さをPVCで表現するのは至難の技。。。

なので、この密度の濃さで丁度良いんじゃないかと。あまりトゲトゲしていても微妙ですしね。笑
そして髪の毛の細かさも良い感じです。髪色は少し濃いめのピンク。

ポンチョは肩が隠れるくらいの長さです。後ろ髪が少しはみ出しています。



ポンチョはザラザラした触り心地。これはパイル生地の質感を表現したっぽいですね。努力賞!

これは下着ではありません。水着です!というくらい、下着にも見える水着。オフホワイトというカラーリングがまた良い。。。谷間の紐部分にはジングルベルが付いています。

小さなリボンの飾りや、少したるんだ部分の紐とシワの表現がなかなかフェチいです。



ちょっとつまんだ左腕。

今更言うまでも無いほどの巨乳。メロンのような球のおっぱい(直球)。こちらも日に日に大きくなっていきましたが、これ位が限度かなぁ。。。すでに大巨乳ですしね!

ポージング的にあまり見えないお腹部分。おへそはしっかりと確認できます。

細くて長い指先。爪にはピンクベージュのマニキュアが艶ありで塗装されています。

下半身もむっちり体型。ポンチョの紐は軟質なので、もちろんどかす事ができます。ええい邪魔だ!と言う方はぜひご自分で。

この内股気味の正座に、右手を挟んだポージングがたまらないですよね。女の子らしいフェミニンさが満載というか。

足の裏がしっかり拝めるフィギュアというのも珍しいかも。

水着なのでそこまで布面積は少なく無いです。ただ逆にそれがそそるというかね。。。逆にね。

何と言ってもお尻と水着のお肉の段差!がたまりませんねぇ。フェチいですねぇ〜

段差とは、いわゆるこういう部分ですね。ちょっと食い込んでいる部分というか。ちょっと無理をして着ているサイズ感というか。

台座は半透明のハート形。ダボはなく置くだけの仕様です。
こう見ると、水着サンタという触れ込みですがやっぱり冬っぽいですね。笑

意外と見ないポイントですが、両膝の造形が結構フェチいんですよ。
膝のお皿がしっかり造形されており、骨格を想像できるのが良いですねぇ。

足の爪もちゃんと塗られていますよ。



ここいらで字開脚。これぞフィギュア所持者だけが行える、背徳的な遊び。。。悪魔的景観。。。!!

どうぞお楽しみください。



バックもありますよ(やめい

さしずめW字開脚といったところでしょうか。。。

ちなみに、こういう座りフィギュアは台座との接地面が平坦になるのが普通ですが(もしくは、台座側が凹んでいる)、このそに子は上手く凹凸を利用して平面にならないような工夫がされています。素晴らしい!

真ん中部分に通る、一本の筋道。それはシルクロード、エクスカリバー。

これでちゃんと見えますでしょうか。ムフフですねこれは。

頭部交換中。。。

ポンチョ無し頭部に交換。頭部造形はそのままで、ポンチョを無くしてヘッドホンのコード部分を取り付けた感じですね。

ボリュームは少なくなりますが、シンプルな分素材の良さが活きますね。シンプルイズベスト!

うーむ、可愛い。困り眉の女子はなぜこんなに可愛いのか。
あまり見えなかった髪の毛も、グラデがかっているのが分かります。頭頂部に向けて白くなっています。

ヘッドホン造形もシンプルながら抜かり無し。



ポンチョで隠れていた背中部分も、しっかり見る事が出来るようになりました。

背骨のラインと、お腹の真ん中部分に出来た横のラインがいいですねぇ。。。ちょっと腰をひねったポージングなんですよね地味に。左にひねっているので、左の脇腹部分の方にラインができています。

あとは肩の部分や、横乳が見えるのも特徴。

存分にそに子バストを堪能あれ!

下乳部分を見るのを忘れていました。失敬!w
ジングルベルの存在がありつつも、それに負けないくらいの下乳、素晴らしいですぞ〜





グラビア風。ヤングジャンプの表紙。











大きさ比較。

水着サンタという衣装のせいで色物・季節限定感がありますが、それを除けばそに子フィギュアの決定版だと思います!

正統派に可愛いお顔や、丁寧な塗装、全体の雰囲気など全てがハイレベル。そしてお値段もリーズナブルなのも素晴らしい。特にですが初期そに子の絵柄が好きな方はマストバイですね。

なんとアマゾンで普通に買う事が出来ます。これは是非オススメです!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram