一番くじプレミアム コードギアス反逆のルルーシュR2~Romantic Variation~ A賞 拘束衣ver. C.C. プレミアムフィギュア

一番くじより「一番くじプレミアム コードギアス反逆のルルーシュR2~ROMANTIC VARIATION~ A賞 拘束衣VER. C.C. プレミアムフィギュア」のレビュー。

発売日:2010年4月
価格:1回800円
スケール:NONスケール(約23cm)
原型製作:アップラーク

「もっとも彼女の馴染み深い拘束衣姿をオープニングのシーンから立体化。髪や衣装の流れが、非常に美しい。サイズ以上に大きく感じる仕上がりです。胸元や下半身のフィット感を演出する、衣装の細かなシワや浮き出たディテールと塗装表現に注目!」

公式サイトより引用。確かに馴染みのある服装。。。ですが名義がR2なので複雑なキモチ。笑
そうですR2ではこの拘束衣装は全く出てこないのです。黒の騎士団衣装ですからね基本。
















お顔。初期のc.c.っぽい、儚げな表情や下がり眉などが表現されています。似ているかと言われると微妙ですが。。。どこだろ、目が似ていないのかな?

髪の毛が全体的に浮いた様な表現になっているので、ヅラみたいに見えますねw
もみあげ部分も全く下地がないので、見え方によっては変かもしれません。鼻も割と低いです。

こちらの角度から見た方が似ているかな。前髪のボリューム具合がいい感じ。
アイプリントの精度や、肌の艶消しなど、綺麗な部分は多いですね。

見えにくいですが、額にはギアスマークが浮かび上がっています。

綺麗な緑色ですね。前髪の細かさもこれくらいがいい感じかと!

OPのイメージなので、後ろ髪は大きく広がっています。この辺は以前にレビューした組み立て式フィギュアに似ている様な。。。



拘束衣装といえば、何と言ってもこのピッタリ感ですな!
どことは言いませんが、膨らみ部分や張り付いた表現などが素晴らしいですね〜(どことは言いませんが)

ふむふむ。。。

右側の部分だけ浮いているのは何故なのでしょうか。不思議です。

ポージングのせいもあって、突き出た様な胸部分が何とも素敵。
拘束衣装はうっすらグレーのグラデーションが全体的に入っています。

所々にかかっているベルトやが衣装の特徴。
グレーのラインの塗装が少し禿げていて質が悪い。笑

伸ばした左腕部分は、裾部分が大きく開いています。
特にこの部分はベルトがかっちり締まっているんですね。

素肌部分はほとんど露出がありませんが、腕の部分は裾広がりなので割と見えますね。

よくよく見ると、ベルトの金具部分が型抜きされていませんね。ここはコスト上仕方ない部分だったのかなぁ。

爪の塗装はありませんが、造形はあり。

このクビレも堪りませんなぁ〜
というかウエスト細すぎる!これがあのピザばっかり食べる魔女とは恐れ入った。。。

おへその部分もしっかり浮き出ています。着衣だからこそのフェロモン、あると思います。

下半身まで一体化の拘束衣。どうやってトイレするんだろう?というかトイレするんだろうかC.C.って。不老不死でも。。。



毎度言っている気もしますが、C.C.といえばケツなんですよ。そしてこのC.C.は主張こそしていないものの、浮き出た2つの桃が素晴らしい主張じゃあないですか。拘束衣だからこそできたこのピッタリ感。

さりげないシワの入り方とかがいいですよね。

足長〜い。。。
太ももが細いから余計にそう見えるだけかもしれませんが。笑

みなさん気になる股間部分。。。
直接的な造形やシワはもちろんありませんが、影の落とし込みが素晴らしく、まさしく「ある」みたいに見えてしまいますね!
というか、少し窪んでいるのがまたエロい。。。



拘束衣は裾に行くにつれて、広がっています。スリットが入っているのでそこはまぁいいとして、本来はスネの部分にもベルトがあったのでしょうか?

素肌はこの辺りは全く見えません。ツルツルのロングブーツがちらり。

台座はコードギアスのタイトルロゴ入り。プラ製なのが結構わかるので安っぽい感じになっちゃっていますね。。。周りにモールドがあるのはいいんですけれど。













大きさ比較。

一番くじの中では、なかなかの完成度のC.C.ではないでしょうか?
1回800円というのはかなり割高なのですが、出来自体はそんなに躍起になってやる必要はなかった様に思います。笑

この他にもウェディング姿のC.Cやカレンがラインナップされていましたが、主な狙いは皆さんあっちだったんですかね。私はこの拘束衣が一番欲しかったので、当てた時は嬉しかったですよ!笑

ユニクリより同じ拘束衣のC.C.が出ましたが、あちらの評判はいいみたいです。ただもう品薄らしいので、こちらも手に入れやすくオススメですよ〜

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram