GSC ブラック★ロックシューター

グッドスマイルカンパニーより「ブラック★ロックシューター」のレビュー。

発売日:2009年12月
価格:10,080円(税込)
スケール:1/8(約29cm)
原型師:緋路

イラストレーター、huke氏のオリジナルキャラクター「ブラック★ロックシューター」が立体化。恐らくスケールで一番最初に立体化されたものではないでしょうか?

その一発目が天下のGSC、しかもサンプルの時点でその出来は凄まじいモノになると予想されていましたが、実物の出来はいかにーーー?











前髪は2種類あり、目から炎が燃え上がっているver.と通常のものが付属。今回は炎ver.を基本に撮影しています。

髪の毛はデコマスとは違い、青成分が多めに入っています。デコマスでは、まぁ写真の撮り方にもよると思うのですが、もっとシックな黒で差し色程度に青が入っていたのですが。6:4くらいで青が入っているのでそこまでブラックではないという。笑

瞳は綺麗なブルーで、アイプリントの精度も良し。
そこまで目立つ部分ではありませんが、まつ毛が結構しっかりプリントされているのがいいですね。目力が強く見えて、女の子らしくもあり!

炎はクリアパーツで表現。まぁ気合が入った時に出る炎というか、なんていうかこのキャラクターのアイコンみたいなものですね、これは!

ちなみに前髪に直接接着されている為、取り外しは不可。顔部分には触れていない為、ちゃんと下に目がプリントされていますよ〜

炎は完全なクリアパーツではなく、気泡がちょっと入っている仕様。先っぽに行くにつれて青が薄くなっていき、先端はほぼクリアーになっています。

仕方ないですが、交換部分の分割線が少し目立ちますね。

バストアップ。見事な貧乳!!w
この平らな感じがいいのです。これがもしも巨乳とかで変にセクシー要素が入っていたら、それはそれでキャラとしてもう無いですよと。。

肌の色もめちゃくちゃ白いですね。不健康な感じがよく表れていて良い。笑

パーカーにはモチーフの★マークが。

スレンダー体型なので、存分に骨格の造形を楽しむ事ができます。

特にポージングのおかげで、あばら部分と腹筋のラインがうっすら浮き出ていて、なんともフェチいです。最高です。

苦手な方には苦手だと思うのですが、傷跡の縫合の造形がリアル。特に左胸の下の部分は、周りの浮き上がった皮の部分など、非常にそれっぽく仕上がっていて良い感じです(ゲス顔)。

腰のあたりの縫合とか絶対痛いよね。。。こんだけ骨と皮しかない状態だし。

そしてこのホットパンツですよ。動きやすさを考慮した結果だと思いますが、これがもしスカートだったらと思うとホットパンツでよかった!ってなりますね。キャラクター的にも。

足はめちゃくちゃ細い為、太ももの間もしっかり隙間ができています。
パーカーはエナメル素材のロング仕様。

分かりにくいですがシワの造形や、クシャッとした表現は流石の一言。





ツインテールの髪型も、恐ろしくシャープな造形です。触ると折れてしまいそうで怖いですw





パーカーの背中部分にも、大きい★のマーキングが。

メイン武器、ロックカノン。見た目の重厚さに反して、めちゃくちゃ軽いです。笑

これ凄いですよね。塗装の感じとか質感だとめっちゃ重そうに見えるのに、実物はそんな事ないって。塗装と造形のマジック炸裂していますよ!

なお、チェーンは本物です。フリーハンドで巻きつけている為、デコマスとは多少違うと思いますが、その辺りはご了承いただくと言う事で。。。笑



ロックカノンは、所々に錆びや禿げた表現が施されており、非常にリアル。

もちろん造形も一級品。バラせればより最高だったんですが、流石にそれは出来ませんでした。笑



砲身は台座に立てるようになっており、台座側に小さな窪みがあります。そこにすっきり収まるので、安定感もグンバツですよ〜



中はしっかり空洞になっています。

スラッとしたおみ足部分。ホットパンツのハミ尻表現もなかなか。。。

太もものスベスベ感ももちろん最高なのですが、人形みたいな膝小僧の造形も憎いですね!笑

あまりにも細い為、膝小僧がぽっこり浮き出た造形というのがフェチポイント最前線ですね。

ロングブーツはパーカーと同じくエナメル仕様。こちらもすらっとした出で立ち。

片方が爪先立ちなので安定感に欠ける感じがしますが、本体自体がかなり軽いために心配はなさそうですね。



台座は建物内?のタイルが結構バキバキに壊れています。雰囲気出ていて良いですね。

ロックカノンの固定部の部分がちゃんと凹んでいるのがポイントです。笑



下の土台の部分となる造形も素晴らしい。というか厚みがすごいです。重さもなかなか。。。







パーカーやホットパンツのエナメル部分は、傷が目立つ、埃が付着しやすいので注意です。個体差だと思いますが、右腕の部分に小傷がありました。

かなり昔にDVDを観たきりなのでストーリーをほとんど覚えていないのですが、とりあえずよく動くアニメーションって感じでした。そして当時はどのアニメ雑誌、ホビー雑誌でもこのDVDを付録にしていた気が。。。何枚か持っていますよ今でもw



ハイコンで撮ると目のクリアパーツが雰囲気が出ていい感じに。















身体フェチの方に。

このおへそにかけてのラインと縫合のバランス、さらにローライズのホットパンツから出る股間のアンダーラインの組み合わせが最高にCOOLだぜ。。。!

チェーンをちょっと遊ばせて見ました。







貧乳×鎖×モノクロ。雰囲気◎。

炎に引っ掛けてみたり。。。笑

「私、鎖まみれ。。。?」

炎がないver.の前髪を装着するとこんな感じに。何か一気に幼く見えてしまうのは何故なのでしょうか・・・?笑

大きさ比較。縦には大きいですが、ポージングのおかげで横にはコンパクトに収まっています。

約10年前にフィギュアですが、今でも十分に通用するハイクオリティなブラック★ロックシューターでした。コンテンツがコンテンツなので「今更。。。」感はどうしてもありますが、これに限らずBRSのフィギュアはハイクオリティなものばかりなので、単純にフィギュア好き、造形物好きな方にも激しくオススメです。

ただ、どれも大きいスケール物が多いので飾る際には注意が必要ですw

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram