モエコレPlus 久寿川ささら パラディンver.

ボークスより「モエコレPLUS 久寿川ささら パラディンVER.」のレビュー。

発売日:2011年10月
価格:8,500円(税抜)
スケール:NONスケール(約22cm)
原型師:みさきせりか(a-studio)


かつてボークスが展開していた、スケールPVCフィギュアシリーズのモエコレPlus。そのシリーズの中で屈指の出来を誇るのがこのパラディンささらです。当時はホビージャパンとボークスオフィシャルショップで販売され、その出来の良さから完売、現在でもプレミアが付いています。























肌の色が全体的に少し赤いのが気になりますが、許容範囲です。
アイプリントやアイラインはしっかり引かれていて、綺麗な顔立ちです。頬の線が可愛らしい。
口の墨入れがほぼないので、表情が少しぼやけますね。。。


頭にはリボンと、垂れたウサ耳が。


バストは鎧に守られつつも、上部分はしっかり開いており、セクシーな部分が露わになっています。鎧のゴールドのラインもはみ出しなく、綺麗に塗られています。


なかなかにバインバインですね〜
胸の中心の逆三角形のアクセサリーが、絶妙にダサい。笑


おへそは見えませんが、服の網目の合間から覗く素肌がフェチいです。


全体的に、鎧と衣服の質感の差別化が素晴らしいですね〜
インナー部分の塗装や、所々の金属部分、皮部分の塗装など、それぞれのパーツが際立ちます。


さりげなく手甲の部分のみ、墨入れされています。細かい・・・
この手首のひねり具合が女性っぽいですね。


剣は長めで、薄いタイプです。ライトブルーの、いかにもファンタジー系の武器ですね。笑


盾。どちらの装備も軽いので、割と負荷なく持たせる事が可能です。





腰元のベルトの質感もいい感じ。そしてその後ろから覗く紐パン・・・





髪の毛はかなり量多めで、ブワッと外に広がった様子がよく表現されています。グラデあり。


毛先はそこまで細くありません。猫っ毛っぽい感じですね。


実はサイドの部分も、結構ガードが弱かったりするのです・・・
いやはや見事な横乳ですね。





下半身もかなりガードは緩め!
前垂れのヒラついた表現や、その中からチラリズム溢れる精神など、購買層のツボがわかっていらっしゃる笑





鞘は腰元のベルトに繋がっています。取り外すことはできません。


台座はダンジョンの一角をモチーフにした感じ。
ロゴはゲーム内のものになっています。


盾の持ち手は、手首部分が外れるようになっており、一度手首を取り外してから盾を通します。


お尻。


膝裏とかしっかり造りこまれているフィギュアって、いいよね・・・


髪の毛に隠れてかなり見辛いですが、後ろ部分も手抜きなし。
背中部分には又してもベルトが。一方後ろ垂れの中身はかなりのハイレグでした。


ボークスは主にガレージキットのイメージが強く、PVCスケールのフィギュアに関しては二番手というイメージでしたが、このささらは一流のメーカーのレベルでも通用するくらい、レベルが高いと感じました。やはり原型師の力はすごい・・・


ダンジョントラベラーズは残念ながらプレイした事はありません。
しかし本家のToHeart2はPS3にてプレイしました。なかなかぶっ飛んだストーリーで良かったですね、ささらルートは笑


この隙間もフェチい。








大きさ比較。

その出来の良さから、多くの偽物が出回っているので、もし購入される際は注意が必要です。台座が違う、肌の色が変、アイプリントが雑など、見分けるポイントは多数あるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram