君が呼ぶ、メギドの丘で バディ

アルターより「君が呼ぶ、メギドの丘で バディ」のレビュー。

発売日:2010年11月
価格:8,424円(税込)
スケール:1/8(約20cm)
原型師:乙山法純


原作はエロゲー。笑
しかし評価はあまり高くなく、未プレイです。ナヨナヨ系主人公だそうで、好みが分かれそうですね・・・


肌の色がかなり黄色味を帯びていますが、実物は全くそんな事はなく、むしろ色白さんです。


このキャラの事はよくわかりませんが、このキャラクターをデザインした絵師の方のファンなので、買いました。

















お顔。アルターの品質の素晴らしさ。顔もすごくよく似ています。
カワタヒサシ感がめっちゃ出ていて、最高です。

2010年のフィギュアですが、個人的には今までの完成品フィギュアの中でトップクラスに好きです。


目の感じとか、いいですね。クールなジト目気味で、めっちゃ好みです。アイプリントもこの時代にしてはかなり解析度が高いです。



髪の毛は綺麗なピンク色。少し白みがかった感じで、非常に上品です。


後ろ髪には、大きめのリボンが。可愛い。


体周り。意外と露出度が高そうで高くない上半身。
衣装の所々に十字の模様が入っています。なんという厨二感!




アームカバーの上にも十字マークが。


大鎌の根元部分。マテリア装着か?笑


胸回りはそこまでありません。しかし、ボディラインに張り付いた衣装はいつ見てもいいものです。


細かいですが、ベージュのマニキュアが塗られています。


左手は添えるだけ・・・
武器はプラ製で軽いので、持ち換えるのも楽々です。


大鎌。大きさもさることながら、本物の斧のような塗装が素晴らしいです。


下半身の衣装は、大事なところを隠す気がゼロですね。笑
実際こんな痴女がいればすごく大胆というか・・・





もちろんスカートのみ外す事は不可能なのでご注意が必要。


髪に毛の両サイドは、くるくるパーマ見たく目立ちますね。


なんという下半身・・・


台座はクリアーレッドで、歯車のデザインが入っています。


ブーツ。


衣装の先っぽにはクリアパーツが。


ざっくり開いた背中がセクシーです。


スカートの後ろ部分。こちらも隠す気が布団どないというか。笑
末広がりになっていて、お尻周りがハッキリ見えるようになっています。


鎌のディティールと色味が本当いい。シンプルイズベスト。




先っぽが地味に引っかかる感じで、これは痛そうだー!


下着の部分。もともと丸見えでしたが、改めてみると痴女全開ですね!笑


ニーハイソックスも独特すぎるデザインです。


前からはそんなにですが、この下着からはみ出したお尻の肉が、最大限にフェチくていいですね。






ギュって寄せられた下着のシワの造形も、めっちゃフェチいです。


適当に何枚か。


カワタ氏の画集は一冊しか発売されておらず、現在でも高値で取引されています。私は当然所持!











ちょっとシグナムに見えなくもない・・・笑


ジト目最高です。


大きさ比較

原作がマイナーなせいで、イマイチ知名度に欠けますが、製品は流石のアルター。出来は抜群、現在でも十分に通用するフィギュアでした。特にカラーバランスや全体のまとまりが素晴らしかったです。


amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram