フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

重巧超大 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ラーの翼神竜

コトブキヤより「重巧超大 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ ラーの翼神竜」のレビュー。

発売日:2022年5月
価格:23,980円(税込)
スケール:NON(約50cm)
原型製作:RESTORE


外箱。同シリーズのオシリスの天空竜と同じタイプですね。つまり半端なくデカい!
こちらのラーも延期していましたが、無事に発売されました。これで残りはオベリスクだけですね。


カードゲームアニメの金字塔『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』より、バトルシティ編にて、宿敵マリクの超強力な切り札として主人公遊戯たちの前に立ちはだかる神のカードの1体、
三幻神「ラーの翼神竜」が、これまで数多くの同シリーズキャラクターを多数立体化してきたコトブキヤの新ブランド「重巧超大」シリーズとして登場!
劇中最上級モンスターとして君臨するその存在感を、40cmを超える圧倒的スケール、陰影の際立つ重厚かつ繊細な塗装表現で完全表現!
太陽のごとく光り輝く黄金の体躯、不死鳥を連想させる鳥のようにシャープなシルエット、鋭い眼光を放つ頭部、神々しさを際立たせ全身を包み込むほどの巨大な翼、鋭く研ぎ澄まされた牙や爪、背びれなど、各種部位を細部までこだわりの造形で徹底再現!
同時予約受付開始となる「オシリスの天空竜」「オベリスクの巨神兵」と合わせて今も色褪せない劇中のあの感動が蘇る、ファン必見の一品となっております!(公式より引用)



こちらのデザインは共通ですが、今回はラーの部分が光っています。


神々しい・・・
闇マリクが使用しているイメージが強いですが、意外と最終的には遊戯の手に渡っているんですよね。
そもそもこの三幻神のカードを作ったのはペガサスなので、結構色々なデュエリストが持っていた事になります。

カードの絵柄と比べると幾分スマートな印象ですね。カードのイラストはゴジラみたいにドッシリした体型でしたから・・・

今回もしっかりした説明書が付属。


コトブキヤオンラインで購入すると、オシリスと同じく特製台座が手に入ります。
値引きがないのが公式オンラインストアの辛い所ですが、こういった得点がつくのが嬉しいですよね。値引きないけど!(大事な事なので2回言いました)


特製台座のカラーリングはイエロー。オシリスの時はレッドでした。
四隅がヒエログラフ(古代エジプト文字)で囲まれ、雰囲気バッチリですね。


ネームプレートは日本語と英語の2種類が付属。
プレートが少しくすんで見えますが、保護シートを剥がしていないだけですのでご安心ください。

ネームプレートを取り付けるとこんな感じ。いいねぇ〜雰囲気出てる!
正方形でスペースは半端なく取りますが、それ以上に本体のスペースクラッシャー具合がえげつないので問題ないでしょう。笑


支柱をセットするとこんな感じ。オシリスと違うのは、ラーはダボがなく乗せるだけという事。
後述しますが、今回のラーの翼神竜はオシリスと違って自立が出来ます(なんと!)。

こいつが本体だァーッ!デケェ!重テェ!どうなってんでェ!!

こちらの本体に頭、翼、尻尾を取り付けていきます。まだ何も付いていないのに、この時点ですごいボリューム・・・
同期ちゃんも困惑しています。



諸々パーツを取り付けて、完成!!ド☆ン

翼がデカすぎて当たり前の如く撮影ブースギリギリになってしまいました。
先述したように台座の支柱には乗せてあるだけですが、溝に上手く嵌っており意外と安定感があるのが特徴です。























お顔。正面からだとほぼ見えません。額にある球部分はクリアパーツ。
このフィギュアで唯一クリアパーツが使用されている箇所です。


横顔カッコ良すぎる・・・これが「神」の力か!
凶暴なペリカン・・・というわけではありません。間違いなくラーのフィギュアの中では決定版でしょう。


全身が金色に塗装されていますが、目元は特に濃い目の塗装になっています。
元ネタと言えばグリフォンに近いですが、機械的な見た目をしているのが大きな特徴。

牙がいっぱいある・・・
舌の色が良いですよね。フィギュアを見ていてなかなか舌の色を褒める事がないですが、今回は素直に「良い色ダァ」と思っちゃいました。

口は開閉できず、この角度で固定です。オシリスもそうでしたが、ちょっと残念に思ったり。
まぁ余分なギミックと言えばそうなんですけどね。

横顔。首はボールジョイントになっており、ある程度回転させる事が出来ます。





背中に輪っか。


肩にはデカいアーマーが付いています。戦士だね。
面が大きいと、ゴールドの発色がよく目立ちますね!

ガリガリガリクソンな腕周り。各関節部分は可動するギミックがあり、伸ばしたり縮ませたり生物的な動きを再現可能。


尻尾を軸に地面に設置すれば、台座がなくてもある程度自立が出来ます。
ラーが劇中で陸に着くことはありませんが、RPGのドラゴンって割と地上戦を繰り広げているイメージなので嬉しいですね〜


お顔のサイド部アクセサリーが非対称なので、シンメトリーではありません。


ボディ部分はシンプルなデザインですね。これが重いのなんのって・・・
普通に持っただけでも軽く1キロはあります。その昔じゃな、イクイップ&プロップ 真滅ガロという製品があってじゃな・・・
あれと同じイメージをしてもらえると良いかと思います。


ちょっとこの辺はエヴァンゲリオンっぽい。


背中。





尻尾。ヒジョーに長い。


先っぽ部分まで手抜きなし。


貧弱貧弱ゥ!な足回り。こちらも可動ギミックがあり、各関節が動きます。
腕周りと比べるとかなりギチギチなので、動かす際は注意が必要。



腕も足も爪先がめっちゃ尖っているので、本体の重さも相まって怪我をしない様に注意が必要ですね。




翼。こいつがまためっちゃデカいんだ!これを外せばスペースは大分狭くなりますが、それじゃあラーじゃあないしね。
大きさの割に、プラ素材っぽい作りなのでかなり軽いです。

しかし全身が金色とは、良いですなぁ。部位によって濃淡が微妙に違っていたりして、芸が細かい。
ただし今回の不満として、接着剤が白化した箇所が見受けられました。写真では目立ちにくいですが、各関節の根本が良い例です。
武器屋さん、ここはしっかり検品して欲しいな〜


更にバランスを取ってあげると、あんとガウォーク状態(マクロスネタ)にする事も可能です。
つまり尻尾も地面に着いておらず、完全に足だけで自立しています。コイツァすげーや!


ちなみに少しでも動かせば倒れてしまう繊細バランスなので。
あと本体の重さに対切れなく未来しか見えないので、とっとと台座に飾ってあげるのが良いでしょう。











ブーン。












神の圧倒的な力の前に平伏すが良い!!!







「ゴッド・ブレイズ・キャノン!!」


「ゴッド・フェニックス!!!」


「うわああああああああああ(断末魔)!!」

LP8000→0
役目は終わった。わしゃ帰る。




大きさ比較。言うまでも無くデカい。これを飾れるお家は豪邸ダァ・・・

オシリスに続いてラーもリリースされましたが、思った通りの出来、そしてボリュームに大満足です。
支柱もしっかりしたタイプで、長年飾っておいても大丈夫そうな気を感じました!

何より遊戯王のフィギュアが出る事はなかなか珍しいので、紙が欲しい方は確実に手に入れるのがオススメ。
不満点は白化部分が至る部分にあったことですかね〜金なので余計目立つ・・・

先述しましたが残りはオベリスクだけとなりました。この調子だったら大きな劣化もなく届きそうですね。
置き場所は相変わらずクラッシャー過ぎますが、格好良さはグンバツなので今回のレビューでお気に召した方はぜひ揃えてみてくださいね。



Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram