フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ゼーガペイン カミナギ・リョーコ -Resurrection-

アルターより「ゼーガペイン カミナギ・リョーコ -Resurrection-」のレビュー。

発売日:2012年1月
価格:6,380円(税込)
スケール:1/8(約19cm)
原型師:稲垣洋


緻密なSF設定とシビアなストーリー展開、そして瑞々しく描かれたキャラクターで、今もなお根強い人気を誇るTVアニメ『ゼーガペイン』より、“カミナギ・リョーコ”が完全新規造型で再び登場!
しなやかなシルエットと柔らかな面で構成された表情豊かな造型が見所です。
片手に持ったビデオカメラも精密に再現され、劇中のイメージを演出します(公式より引用)。

アルターからカミナギは2体リリースされており。こちらは2体目の方です。恐らくカミナギの立体化って、このアルター2体とROBOT魂ゼーガペイン・アルティールに付属していたミニフィギュアくらいだったと思います。ROBOT魂のはともかく、アルターの2体の出来はどちらも高評価なので、楽しみですね!

ちなみにRESURRECTIONは「復活」という意味があり、これがフィギュアとしての「復活(2体目)」と言う意味なのか、幻体から「復活」したカミナギという意味なのかは気になるところ。























お顔。今ではすっかりメイン声優となった花澤香菜さんの初主演ヒロインという事で、なんとなくお顔も似ている様な気がしませんか?笑

初代(1体目の)カミナギと比べると、年数が経っているのもありますが非常にイキイキとした表情で可愛らしい。初代は初代で素朴な雰囲気が良く甲乙つけ難いところではありますが、、、


思わず「キョウちゃん、こっちこっち!」というセリフが聞こえてきそうですね。


仕上げは流石のアルタークオリティー。アイプリントの精度も高く、大きな粗も見受けられません。
低めの鼻がカミナギらしく、美少女とは言い難いのがこれがまた良い!


上の歯だけ造形されているシステム。笑顔の造形って難しい表現だと思いますが、このカミナギは非常にリアリティーのある仕上がりになっており、それがより自然に感じますね。


髪の毛は暗めの茶髪でショートボブ。活発なカミナギの性格によく似合っています。
毛先も程よくシャープ。


この辺りの毛先の乱れが、風が吹いている表現に一役買っているなぁと。
重めの耳周りがボブっぽさをより強調しています。


後頭部。


舞浜高校のエンブレムが輝く、シンプルな夏の制服。いいっすね〜
胸元のリボンがとってもキュートで、シンプルな造形ながらもとにかく爽やかさを感じます。


歳相応なお胸周り。まぁ高校生ですしおすし。。。
薄手のニットベストはシワの造形がものすごく良い!ベネですよこれは。大味ながらもリアルなシワ。


華奢な腕から繰り出される、力のこもったピースサイン。ビシッと決まっていますなぁ。
色白ながらも肘内側の窪みはちゃんと造形されています。


煽りで見たら結構胸がある様に見え・・・る?

それはそうと、シャツの袖口から見える二の腕に非常にフェチズムを感じるのは私だけでしょうか。


こちらも。


ちなみに肌はスムーススキンばりにサラサラしています。サイズは大きくありませんが。


ぶいっ。


特筆すべきはこのビデオカメラの出来。プロもびっくり仕様ですが、これを片手で支えるカミナギの筋力って一体。。。


大型のバッテリーを装備。パーツ数も多く、しっかり色分けされているのがGOOD。


指の造形がこれまたいいんですよね。中指と薬指が寄っていたり、ちゃんとビデオを支える形になっていたり。
爪の造形あり。


かなり細かい部分まで造形されているのが分かります。見た目に反してすごく軽いので、飾る分には全く問題ないです。


一応画面部分には映像っぽいものが貼り付けられていますが、特にギミックらしいものはありません。


レンズの部分もしっかり。。。


ベストの造形はもちろんですが、この絶妙な「色味」もいいですねぇ。


短めのスケートから覗く、スラっとしたおみ足。カミナギ自体そこまで身長は高くないのですが、非常にスタイル良く仕上がっています。


見えそうで見えない角度。笑
フワッと浮いた様な造形が見事です。


膝裏の造形にフェチポイントを見出しました。
黒のハイソックスにローファー、女子高生の定番装備ですね。


あっ、白。。。


これ以上ない位にシンプルな形のローファー。発色は控えめです。


台座はシンプルながらもかなり好きなタイプ。ちゃんとゼーガっぽい配色(緑と銀色)で構成されており、物語の雰囲気を表す量子(データ)っぽさがあります。

片足だけ台座と接続されており若干強度に不安が残りますが、鉄芯が入っている辺りや本体の重さがない分安定感があります。


小ぶりなお尻とひだ少な目のスカート。青のグラデーションが綺麗ですね。


カミナギのクセにこのお尻のボリュームッ・・・出来るっ!
カラーリングはシンプルな白。


この角度からだと、しっかりしたお尻の盛り上がりを感じられると思います。ゼーガの世界観にこういうお色気的なのは似合いませんが、これはあくまでフィギュアなので。。。シズノ先輩も出してください。


何か、シワの入り方に気合がこもっている気が・・・


適当に何枚かー。


スカートが意外と短いので、ちょっと煽りで撮るとすぐ見えちゃう。笑





ゼーガペインは昔に観たきりなのですが、すごい好きな作品です。SF的要素がありつつも、それ以外に様々な要素が入り混じっている作品なのが特徴。前半は結構暇な展開というか起伏が少ないストーリーなのですが、中盤以降は驚愕の事実から一転、切ないストーリー展開が非常に素晴らしかった思い出。


続編も様々な形で映像化されている程の人気作ですので、まだの方はぜひ視聴してみて下さいね!スピンオフや新解釈のもありますが、個人的には綺麗に終わったテレビシリーズがオススメです。


やっぱりゼーガと言えば海でしょ。本当はプールが良かったけどね・・・


最終回に出てきた女性は色々な説がありますが、私はあくまでキョウちゃんとカミナギは実体として生きていて、あの2人の・・・だと思ってしまいますね。





「あの夏で・・・待ってる」

切ねぇーーーー!!!(アニメ思い出し号泣)


大きさ比較。標準的な1/8サイズ。

以上でしたー。これ以上なく爽やかなフィギュアでしたね。オタクらしさが全くなく、お部屋のインテリアにも最適です。笑
カミナギのフィギュアが出ただけでもあっぱれですが、個人的にはワンコイングランデとかで展開されていれば。。。と思わずにはいられません。ルーシェンやシマ、僧とか欲しかった。。。あ、キョウちゃんも。

フィギュアの出来自体は非常に安定感があり、造形が好きであればオススメです。もちろん作品のファンの方にも。。。
この夏カミナギのフィギュアを手に入れて、みんなでエンタングルしよう!(違う)

Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram