フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ラブライブ! PM プレミアムフィギュア”HANAYO-それは僕たちの奇跡” 小泉 花陽

セガより「ラブライブ! PM プレミアムフィギュア”HANAYO-それは僕たちの奇跡” 小泉 花陽」のレビュー。

発売日:2015年5月
価格:プライズ
スケール:NON(約18cm)


かよちん!

名前の読み方は「はなよ」ですが、あくまで呼び方はかよちんです。μ’sの楽曲「それは僕たちの奇跡」の衣装で立体化。結構正統派なアイドルの衣装で気に入っています。
まぁ15歳とは思えないスタイルが素敵なかよちん。白米天使と言われようが、いくら食べても太らないので問題ないのだ。

















お顔。ひっじょーに可愛らしく仕上がっており、特徴的なハの字眉毛(困り眉)や、とても柔らかそうなほっぺたも絶妙な膨らみで再現されています。

なんと言っても表情が素晴らしい。困りつつも優しい微笑みでこちらを見つめてくれるかよちん。。。天使すぎない?


どの角度から見ても弱点なしです。アイプリントの精度も上々。
セガはプライズ界隈の中でもアイプリントが特段丁寧なイメージがありますね。


目線は正面ですが、ハイライトが左上なので不思議と右目線にも見える罠。
生え際の部分に僅かにパーツの隙間があるのはちょっと残念ですね。


髪の毛の造形はダルめです。元々のデザインがあまり細かくないので目立ちにくいですが。


花の髪飾り。


若干平面顔な気もしますが、許容範囲です。
くぅ、この柔らかそうな輪郭にほっぺた。。。突っつきたいZE!


単なるショートボブではなく、段差がしっかり付いている立体的な髪型に仕上がっています。


制服の塗装はまぁギリギリ許容範囲といったところでしょうか。ハゲやはみ出しは結構あるので、そこはプライズといった感じです。


かよちゃんと言えば豊満すぎるボディーが特徴ですが、この衣装はジャケットに押さえられているからか、あまり目立ちません。ちょっと残念な気もしますが、まぁかよちんは胸に頼らなくても可愛すぎるので問題ないですね。





下乳!下乳!


衣装の色使いや模様からして、ちょっとキュー○ーマヨネーズっぽい。笑


爪の造形はありません。肌のテカリは押さえられていて上々。


至る所にリボンが。やっぱりこの辺がアイドルらしいっていうか、「分かってるなぁ」と言う風に感じますね。アイドルはこうでなくっちゃね。


そして下半身へ。。。短すぎない?いや何がとは言いませんがね、いいぞもっとやれ。


スカートは何重にもなっていて、単純な構造でないのが嬉しいですね。しかしどれも短く、全然隠す機能として役割を果たしていないのが悲しいところ。

あ、さりげなく見えている。。。

この角度から撮影しているのに、お尻のお肉が見えているのが素晴らしすぎやしませんか。むっちり感然り、スカートの短さ然り。。。計算されているとしか思えない長さ!


若干前屈みな体勢であるからか、後ろから見た時のワカメちゃん感が異常です。うーむなんて危険な短さなんだ・・・地味に右に向かって風が吹いているのか、スカートが浮き上がっているのがポイント。


普段な弱気なかよちんらしい、激しく内股な足回り。
太ももとニーハイソックスの段差も「分かっているねぇ〜」とボルサリーノばりの意見を述べてしまいそうな程です。


太ももが極端に太すぎるッピ!な訳ではありませんが、膝から下がかなり細いので相対的に太く見えますね。でも最近は足が太いライザとかも人気だから。。。


アミアミの黒いハイブーツ。


このフィギュアで一番ダメなところ、それはこの台座です。配色もあいまってダサすぎる!!

まだクリアベースで無地の方がマシなレベルで酷いです。ちょっと懐かしさを感じる位の古いデザイン。。。台座自作した方が良いかもしれません。これだけ可愛らしいかよちんに、こんな台座は似合わない。。。


くるぶし部分のブーツのシワが結構なフェチポイント。


前からはほとんど見えませんが、覗き込むとかろうじて見えるレベル。何がとは言いませんが。ええ決して言いませんがね。


うーむ、眼福。。。
やはりこのお尻から太ももにかけてのむっちり感はたまりませんね。あの色は落ち着いた白です。


あの部分の造形は普通ですが、まぁ15歳なんだから当然だよね。むしろこの形状によって尻タブの素晴らしさに気づかせてくれて感謝しかないですね。モールドが結構ガッツリ入っているのも個人的にポイント高し。





盗撮風味。























大きさ比較。標準的なプライズのサイズですね。

以上、可愛すぎるかよちんでした。ラブライブのフィギュアは安定して出来が良いのが多いですが、これも当たりの部類のかよちんと言えるでしょう。

欠点はもう台座が酷すぎる事位で、塗装が少し雑な部分もありますが基本的にはマストバイなフィギュアですね。今は第三世代なラブライブですが初代のメンバーもまだまだ素晴らしいですぜ。お安くなっている今に購入してみてはいかがでしょうか?

Amazonで購入する


0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram