フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

一番くじプレミアム マクロスF B賞 シェリル・ノーム

バンプレストより「一番くじプレミアム マクロスF B賞 シェリル・ノーム」のレビュー。

発売日:2009年3月
価格:1回800円
スケール:NONスケール(約22cm)
原型師:戸部仁人(ヘビーゲイジ)



かなり古いフィギュアですが、評価が良かったので手に入れてみたシリーズ。
マクロスのくじってこれが最初だったのかな?もはや古すぎて一番くじ公式にもページが残っていませんw

この後に出たカラバリ(アンコールくじ)のページは残っているんですけどね。。。思えばこの頃の一番くじはまだ500円が普通で、このマクロスくじは800円なので「プレミアム」と付いていますね。今は1,000円は当たり前、フィギュアだけに絞った5,000円くじや10,000円くじもありますからね。。。すごい時代になったものです。


















お顔。アニメ基準ですが、非常にバランスの取れた良いお顔かと思います。
毎度言っているような気もしますが、シェリルの顔って安定しないというか、作画もバラバラだし個々の持つイメージってバラバラなんですよね。

そんな中でもこのシェリルのお顔は、アニメに基づいてちゃんとケバく、そして美しく自信溢れる素晴らしい表情。この原型師の方は後にもシェリルのフィギュアを造形されていますが、このシェリルの造形が一番似ている気がします。


正面以外から見ると、口の開き具合からして違和感がありますね。正面限定で飾ってあげるのが良いかもしれません。

アイプリントの精度はそこそこ。この頃の一番くじはまだそこまでクオリティーがよろしくないので、仕方ないといえば仕方ない。
ただアップで寄らなければ気にならない粗さだと思います。下まつ毛のバシバシ感は非常によろしおす!


鼻筋もめっちゃ通っていて美人さん。口紅がちょっとはみ出し気味でケバさがより際立っている気もしますが、何よりも削れているのはちょっと残念ですね。


髪の毛はシェリルといえばのピンクゴールド。前髪の造形は若干モッサリ気味ですが、残たいの毛量のバランスは非常に良いかと。


フワッと広がった後ろ髪の造形が見事ですね。エアリーな雰囲気で全然重そうに見えません。
フィギュア全体はつや消しになっており、プライズ感はありませんね。


別角度から。


真後から見るとこんな感じ。一種の彫刻品のような、面が広いウェーブがかった髪の毛の造形が○。


ちょっと俯瞰気味で見てあげるのも良いかもしれませんね。ちなみに耳の造形は髪の毛に隠れている為に無し。なのでイヤリングなどの造形もありませんでした。


太めの眉毛はすっごいピンク。これもシェリルの作画が安定しない原因の一つで、基本的なカラーリングだけで細部の調整は決まっていないんですよね〜ま、このシェリルに至っては似合っているカラーリングなので問題ないですけど、まさかこんなにピンクな眉毛だとは思わなんだ。笑


ゴリゴリに引き締められた上半身。それに伴い、お胸もめっちゃ押しつぶされています。笑
シェリルのボリュームのあるお胸は、真ん中にぎゅーっと寄っていてなかなかセクシー!谷間は勿論、今にもはみ出しそうなボリューム感が良いですねぇ。


横から見ると、その胸のボリューム感がよくわかるかと思います。
そしてそれ以外のボディーの細さも。。。ちょっと身体のラインがクッキリし過ぎな感もありますけどね。


この脇、なかなかにフェチいですな。。。!
まぁぶっちゃけシェリルって肌色味の多いイメージなので、そんなに「おっ」という驚きはありません。めっちゃ露出しているイメージだし。笑


ステージ衣装の塗装は結構面倒な感じに仕上がっていますが、はみ出しも少なくかなり頑張っているかと思います。赤と青のストライプカラーがド派手ですね。


マイクはラメ入りで結構ゴージャスな仕様。しかも金色だし。
経年劣化でべたつきと塗装剥がれがありますね。剥がれというかビニールにうつった感じですけど。。。


しっかりと小指が立っています。笑


左腕はピンと伸ばした、よくある歌手のポージング。ちょっとパーティングラインが目立ちますが、腕の絶妙な角度が再現されています。


そしてこの背中のさりげないセクシーさ。。。!髪の毛に隠れて見えにくい箇所ですが、肩甲骨のさりげない出っ張り具合が今回のフェチポイント。


手袋のクシャッとした造形が良いですね。


今回衣装はかなりテカテカな仕様になっており、全体的に経年劣化によるベタつきが心配されます。これは仕方のないことですが、出来るだけ夏場に出さず、暗所にて保管しようかと思います。今回は未開封品を手に入れましたが、開封済みや保管状態によってはもっと酷くなっていたかも。。。


背中もうワンショット。


少し引きで見ると上半身はこんな感じ。中心のレースアップ部分や、下に伸びたベルトなどデザイン性の高い衣装ですね。まさにトップアイドルって感じ!


下半身のスカート及びビッグサイズのリボンは、ショッキングピンクのラメ入りとこちらも非常に派手ですね。こちらも経年劣化なのか?触っているとちょっとラメが取れやすかったですね。あとベタつきと。


どでかいリボンはボリューム満点。取り外しはできませんが、ボディバランス及び重心はあまり悪くないかと。


写真で少しでもラメの綺麗さが伝われば。。。ちなみに現物のカラーはこんな感じで、かなりショッキングなピンクです。笑


こちらもテカリ気味。


スカートはハッキリしたヒダはありませんが、全方向にクシャッと広がっています。ちなみに長さはかなーり短いので、ちょっと角度を変えたら中が見えちゃうセクシー仕様。笑


すらりと伸びたおみ足は、適度にボリューム感があって肉質的なイメージ。
あんまり細すぎたら魅力もなくなりますしね、これくらいの肉付きが最&高ですよ。

角度がついた右足は、ソックスが下にクシャッとなっているので生足成分が多めです。ありがたや、ありがたや。。。シェリルは胸もすごいですが、足も良いんですよね〜コードギアスでいうカレンみたいな。


膝の造形は控えめ。しかし今回はふくらはぎが良き造形をしています。
足フェチの人の気持ちがさ。。。ちょっとわかる気がするよ。。。


ベルトに絞められたソックスのダブつき感が素晴らしい。足のサイズは結構小さいのか、ハイヒールの高さも合間って台座は必須な位自立しません。


一方で左足は右足よりもスマートなソックス状態。


台座はオズマのスカル小隊のエンブレム。そういえばマクロスFの初期はこのロゴを使用した台座が多かったですね。スペースも取らないし、いいデザインだと思います。


そして中身は、、、上品なパールブルー!面積は広めですが、その分シワが良いですね、シワが。


特にお尻部分に集中した造形と、太ももと尻タブの境界線がしっかりできた造形に好感が持てますね。



ちなみにスカートは着脱可能。まさしくサービス状態・・・


実はサイドは紐パン並みに細いです。




どんな下着?!とツッコミたくなるような、機能性皆無な見た目全振りデザイン。おへその造形はありませんでした。


お尻部分に濃いめのグラデが入っています。





























やっぱりシェリルといえばこの背景ですよね。








大きさ比較。1/7スケール位でしょうか?リボンのボリュームがありますが、全体的にスマートに収まっており好印象。

以上、10年以上前のシェリルのフィギュアでした。ここから怒涛のシェリルのフィギュアラッシュが始まるのですが、このシェリルはかなり良い出来なのかと思いました。初めの頃に出たシェリルですが、初めにして至高、そういう方もいるのも納得かと。

最近のシェリルにはあまり見られない、正統派アイドルな衣装や、ケバ目のメイク、さらにトータルの原型と塗装の質はかなりレベル高いです!シェリルのフィギュアはとりあえずこれを持っておけば間違いはないかと。オススメなのですが、如何せん古いフィギュアなので経年劣化には十分のご注意を。。。

Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram