フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

Dream Tech すーぱーそに子 ビキニstyle

WAVEより「Dream Tech すーぱーそに子 ビキニstyle」のレビュー。

発売日:2020年11月
価格:13,600円(税抜)
スケール:1/7(約22cm)
原型師:カーブモデルズ
彩色:あきもとはじめ(はじめの)


WAVEのフィギュアを買うのって、かなーり久しぶりな気がしますね。確か前に買ったのはビーチクイーンズのセイバーオルタだったような。。。(何年前だったか)

そもそもWAVEってプラモデルが主力のイメージでしたが、近年は大きめのスケールフィギュアもリリースしていますよね。そしてすーぱーそに子のスケールがWAVEから出るという事で、若干未知数ながらも予約するに至った訳ですよ!

そに子は一時期と比べるとリリースペースは落ちましたが、1企業のキャラクターがここまで大きなコンテンツになるのもすごいですよね。もちろんミク程ではないのですが、長年愛されているキャラという点、さらに性的に振り切ったデザイン(笑)など、大人のお友達には好かれる要素満載です。

さて、肝心のフィギュアですが構成は本体と台座のみのシンプルなもの。
片足立ちに近い姿勢ですが、足はおそらくABSで鉄芯が埋め込まれているタイプでしょう。なので傾きの心配はありませんが、行く時はボキッと根本から行くでしょうね。笑























フェイスアップ。そに子のデザインって初期と比べると随分と変わりましたが、今風の絵柄で非常に可愛らしく仕上がっています。

初期のシンプルな雰囲気も好きですが、透明感がプラスされたこのそに子の表情も好きですね!なかなかフィギュアに落とし込むのが難しい塗り方かと思われますが、完全再現とまでは言わないまでもバランスよく落とし込んだなーと。


アイプリントは非常に綺麗で、光沢があり反射します。なかなかこの光沢具合はないのでは。。。?透明感をプラスする為の表現ですかね。

特に上瞼の表現が独特というか、かなり凝った感じになっているかと。
アイラインが太めで、若干端部分が荒々しい感じで毛のケバケバ感を演出、そしてその上からピンクのアイラインが引かれていると言う懲りよう。


目線は左向きですが、どこの角度から見ても破綻のない仕上がり。
ほっぺた部分のハイライトも似合っていますね。うっすらチークが入っていて、火照ったような表現になっています。

表情からして、恥ずかしながらもポージングを決めているそに子。。。そんな雰囲気でしょうかね〜


そに子といえばピンクカラーのロングヘアー。今回も例に漏れず!
面積広めですが塗りムラなく、ダマもない丁寧な仕上がり。

毛先は若干丸まっている部分もありますが、兼ね良好かと。
毛先に行くにつれて、グラデーションが濃くなっていく逆仕様。


平面状態になりやすいお顔も、鼻がきちんと立っており軽減されています。
口元は若干の開き具合で、上の歯のみ造形されていますね。不自然な感じはしないので、好みの問題かな?


あ、ちょっとこの角度から見ると幼く見えるかもしれませんね。
ほっぺたの膨らみ具合とかがそう見えるのかな?肌の色は色白で、より淡い彩色が際立つ様になっています。


下まつ毛に当たる部分が、目のサイド部分にきているのが面白いですね!
しかも違和感の出ないような絶妙な長さ、これがまた女性らしさをプラスしていて良い。

正直、この目の造形と言うかプリントだけでもだいぶレベルが高いと感じましたね〜


ヘッドホンはいつもの。この部分は何年経っても変わりませんね。笑


ただ今回のヘッドホンは、頭に直接当たっている黒の皮部分の質感がいいですね!


後ろに大きく流れる髪の毛。結構重量感を感じますが、これくらいの質量がないとそに子っぽくないですからね。

そして今回のそに子の特別な部分、毛先の塗装がね。。。青くなっているんですよね!


こんな感じ。光に当てると非常に綺麗な発色を見せてくれます。
特に髪の毛がクリア素材な訳ではないのですが、塗装でこの表現はなかなか凝っていてGOODですよ〜


首にはギターのネックレスが。ゴールドでちょっとゴージャスな感じ。
あとギターのエメラルドグリーンの発色が綺麗ですね。


そしてこのぶら下がる2つの禁断の果実。。。
屈んだポージングからのこのリアルな垂れ具合、素晴らしくないですかい?

いやね、これが球体でバイーンと付いていたら話は別ですよ。「なんで屈んでいるのに胸は重力に反してんだよ!」と言いたくなりますが、しっかりとね、垂れているんですよ。いや垂れていると言う表現は失礼ですね、「重力に引っ張られて」いるんですよ。このリアルさ、素晴らしいとしか言いようがないですね。


「布面積?そんなの必要ねぇんだよ!」と言うくらいに攻めたビキニ。
もう隠しているの乳首だけじゃね?笑

そしてこのマイクロビキニもサイズが合っていないのか、胸をむにゅっと押し付けたような紐の食い込みが流石ですねぇ。


うっすら中央部の尖りを感じられる造形、いいですねぇ。ビキニの紐部分に分割線がないのもGOODですよ。


このそに子のすごい所は、「二の腕の謎の腕輪がない」事なんですよね!
一体何の事?と思った貴方はまだまだ水着フィギュア初心者。

一般的な服を着たフィギュアと違い、水着、つまり布面積が多いフィギュアには大抵分割が腕部分に入っています。普通に服を着ているフィギュアであれば、服の縫い目に合わせて肩の部分で分割して目立ちにくく出来るのですが、水着のフィギュアの場合はそれができません。

しかしどこかで分割をしなければ、量産品としてフィギュアの型抜きは出来ません。一体どうしたら。。。そこで登場したのが「謎腕輪」です。フィギュアのどちらかの二の腕部分に分割を入れて、それを腕輪で隠す方法。それが水着フィギュアの宿命でした。

例え元イラストが腕輪をしていなくても、どうしても入れないといけないのです。それはもう何年も覆されない常識だと思っていましたが、このそに子にはその腕輪がない!やっぱり嬉しいものですね、元イラストの通りに立体化されると。


この谷間のYの字部分にヘッドダイビングしたいぜぃ。。。
ここまでストロークが長い胸の造形も珍しいですよね。それだけ柔らかくて質量を感じさせる造形って事なんですけどね!


二の腕の細さに対して、胸が3倍くらいの厚みがありますよ。どういう事ですか?
ボディラインも変にまっすぐな部分もなく、人体の丸みと角ばった部分が絶妙に表現されていて、他の部分も抜かりなし。


そしてまだあるこのそに子の素晴らしポイント、それは「水着の紐がちゃんと隙間がある」です。

結構ここはこだわりであり、フェチポイントになるのですが、非常に大事な部分でもあります。
鎖骨から胸にかけてのラインが、ちゃんと巨乳に引っ張られているんですよね!それにより、マイクロビキニの肩紐部分が浮いていて、肌との隙間がある。。。なんと素晴らしい。

これを表現するために、別パーツになり、トータルのバランスも考えないといけないという、なかなか量産品では難しい表現になっているんですね。ただこの部分が肌と一体化していると一気に萎えるんですよねぇ。


横から見るとこんな感じ。ちゃんと隙間がありますね。


腕は片膝に乗せてあります。爪には透明なマニキュアが。
絶妙にぷにっとしていて、柔らかそうな指ですね〜


水着の紐部分に乗った腰のお肉がたまりません。
というかビキニが食い込んでいるのか、お肉が乗っているのか、一体どっちなんですか。


屈んだポージングなのでお腹部分は通常見えない角度になっています。
しかし覗き込むとちゃんとおへそも作り込まれており、見えないのがちょっと勿体無く感じてしまうのもまた人の性というもの。。。


あと水着の下部分の前貼り部分も見えにくいですが、ちゃんと造形してありますよ。


前に屈む事によって、お尻は後ろに突き出た状態になります。はい、これ人体の自然なギミックね?テストに出るので要注意。

ここのポイントは、太ももと股間部分の境界にラインが入っている事です。特に不自然さもなく、自然に屈んだ事によりついたシワが、また肉質的な表現に一味買っています。


上半身に比べると、太ももからつま先にかけては割とスマートかと思います。ちゃんと太ももの隙間もありますし。

しかしよく見ると足長いなそに子。。。ぽちゃ子はそう長く感じなかったのに。笑


またしてもフェチポイント。膝の陰影部分。うっすら表現されたこの部分も見逃せないポイントです。


こうして見ると、令和のボンキュッボンですねまさに。
ウエストの細さが尋常じゃないです。そして胸とお尻のボリュームも尋常じゃないです。

尋常じゃない×尋常じゃない=無限大、これテストに出ます(2回目)


もうね、この生足のラインだけでご飯3杯はいけちゃうね。
あ、言い忘れていましたがお肌はもちろんスムーススキンでスベスベです。スが多すぎて何を言っているかわかりませんがスベスベのスベです。


台座はピンクのパール縁に、毛羽だった台座となっています。これは、、、いやらしいお店の想像しか出来ませんねぇ。

水着なのでビーチ風の台座かと思いましたが、まさかの室内撮影だったようです。笑


そしてこのお尻ぃぃぃぃぃ!ヒップ&ヒップ!H・I・P!H・I・P!


流れるような背中からお尻にかけてのライン、影が入ることにより一層際立った造形をしています。何より、ビキニに食い込んだ腰とお尻のお肉が。。。たまりませんな!


お尻の上にある2つの窪みがリアル!
そしてうっすらお尻の割れ目が隠しきれずに出てきちゃっていますね。。。悪い子ですね。。。


別角度から。


さらに別角度。いくらでも堪能してください、この素晴らしい曲線美を。。。


ギュッと寄せられたビキニのシワもいい感じに入っています。


ああーダメですねこのショット、強烈すぎてNGです。
もうね、圧がすごいんですよ圧が。こんなの見せられたらね、日頃の疲れも吹っ飛ぶどころかチャージ満タンになりますよ。何のチャージかって?それは言えませんな!


お尻と太ももの境界線もしっかりあるのがいいっすね!
そして隠しきれていないはみ出た真ん中のパーツ、自粛しなさい。


別角度から。


またまた別角度から。


ちょっと引きで。膝裏の造形もちゃんとあります。
今更ですが、肌色面積多いフィギュアって、控えめに言って「神」ですよね・・・







ちょっと落ち着いて、台座について。
台座と本体の接続は片足のみなので、ちょっと本体の重さも考慮して心配な部分はありますね。何しろ片足立ちで爪先立ちですから。笑

あと、ケバケバはちょっと毛先が長いので見栄えはあまり良くないかも。
まぁ些細な問題なのでこれはいいのですが、本体の経年劣化が無いことを願うのみですね!






































背景を変えて。




















大きさ比較。屈んだポージングですが、本体は(色んな意味で)ボリュームがあって迫力があります。

と言う訳で、久しぶりのそに子レビューでした。あまり水着のフィギュアって買わないんですけど、このそに子は買って大正解でしたね。WAVEさん流石です。

良い部分は何と言っても身体のボリューム。性的な魅力に全振りかと思いきや、随所にフェチズム溢れる造形と塗装が盛り込まれており、それでいて丁寧。人体のバランスって特に誤魔化しが利かない部分なのに、ここまで艶めかしい造形は素晴らしい。

さらに全体的に透明感があり、塗装も雑な部分を感じなかったのもポイント。個人的には水着そに子の決定版で良いんじゃないかって位の勢いです。今までそに子の水着は沢山リリースされていますが、ここまで肌色面積多めのものは少ないですから。

残念な点は無いに等しいですが、経年劣化による傾きが心配ですね。しかし!気になる方は買った方がいいですよ!ちょっと品薄になっていますが、まだ買えるところもある!はず!

水着フィギュア好き、そに子好きには文句無しにオススメです。と言うか全フィギュア好きにオススメ。買うのです!そしてこの艶かしいフィギュアを全角度から眺めるのです。フヒヒ・・・

Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram