G.E.M.シリーズ コードギアス 復活のルルーシュ ゼロ

メガハウスより「G.E.M.シリーズ コードギアス 復活のルルーシュ ゼロ」のレビュー。

発売日:2019年7月
価格:16,740円(税込)
スケール:1/7(約25cm)

「2019年、ついに発売10周年を迎えたG.E.M.シリーズ。その記念すべき第1弾は2009年に発売した「コードギアス 反逆のルルーシュR2 ゼロ」でした。今回は2019年2月9日(土)より上映される劇場版『コードギアス 復活のルルーシュ』に登場する姿を、原型:今井優(新居興業)&彩色:TCによって立体化。(公式HP内商品ページより引用)

という訳で、前回にのレビューに引き続きゼロ(ルルーシュ)です。GEMシリーズ10周年を記念して作られた今作ですが、スケールは同じながら金額はほぼ倍になっていたり、時代の変化を感じますねぇ〜







今回、マントがデカすぎて入りきりませんでした。笑









お顔。初弾のルルーシュもそこそこ似ていると思っていたのですが、それが霞むくらいの出来。。。ルルのフィギュアの決定版かと思います。それくらい顔の特徴を捉えており、さすが監修を受けているだけあるな!と。

後に新旧比較レビューをしますが、大きく変わったのは瞳の造形ですね。旧版は目が若干大きく幼い印象を受けましたが、こちらは色々と過酷な運命を受け入れてきたからこその、全てを見据えた自信に満ちた表情をしています。

あひる口なのも地味のポイントw
肌の色は旧版よりか健康的な色になり、血色が変わりましたね。

髪型も、ルルーシュ特有の角ばった髪型が再現できており、前回のマルッとした頭部と比べるとその差は一目瞭然です。

後は旧版が髪の毛の色が真っ黒だったのに対し、こちらは暗めの茶髪になっています。この辺りは少し好みが分かれるかもしれません。

旧版はマントと肩の形の合いが悪く、少し浮いたような感じになっていたのですが、今回はバッチリマントの内側は両肩に嵌っています。

ゼロの仮面は別パーツとして付属。掌に置いてあるだけで、ちょっと安定性は悪いかも。。。

マントはブワッと後ろに広がっている様な造形で、躍動感があります。
これは旧版と比べると大きく進化したポイントですね!ただし、めっちゃ後ろにスペースを取ります。笑

相変わらずデカイ襟元w
細かいところにも金の模様が入っており、細かい部分にも力が入っていますね。

本体は全体的に艶消し塗装なのですが(触ってもサラサラしている)、仮面はツヤツヤテカテカです。質感の違いも見ていて楽しいです。

マントの下の部分。首元はスカーフできっちり縛られており、高貴な雰囲気が漂っています。笑



袖の模様も厨二臭さ溢れますね〜w
手袋はツヤツヤでマジシャンがつけている様なアレです。

背中側。



袖口の中の部分までしっかり作り込まれています。

相変わらず長い足だな〜。。。
身長の半分以上が足になってるじゃねーか!何頭身だよ!って位に長いですよこれは。

台座は綺麗めなデザインで、ギアスのロゴとタイトル入り。
台座は旧版の方がスタイリッシュなデザインで好きだったな〜ぶっちゃけ。本体は今回の方がもちろん良い出来なんですけどね。

今回のサービスショット。笑
もちろん過度な期待はNGです。

右足は踏み込んだ感jぢえ、つま先部分にシワが。

マントを外した状態でも、もちろんディスプレイ可能です。旧版はこの状態だと若干肩周りに違和感がありましたが、今回はかなり自然な感じの肩周りになっていて良いですね!

横から見ると、何かを追っかけている様なポーズに見えますねw

ギアス発動顔に変更。これがメインな感じありますね!ポージング的にも表情とベストマッチング。

通常顔は自信みなぎる様な表情でしたが、こちらは一転、ギアス発動のセリフが聞こえてきそうな表情。
ただ、旧版と違うのは何か優しさを感じる様な?目元がヤササイクなったからでしょうかね〜

ギアスマークもぼやける事なく綺麗に印刷されています。
こうやって見ると毛先が少し丸いかな?

両目がギアス発動状態の末期ver.も再現可能。
こちらは最早最強の形態ですな。

「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!」

昔は目が赤いって恐怖の象徴みたいなイメージだったけど、こうして見ると中二病の側面も併せ持つんですね〜



抱えていたゼロの仮面は、頭部に装着することもできます。
こちらは首のジョイントが別パーツになっており、違和感がない様に仕上がっています。ただ少し首が長いかな〜って印象です。

左腕は仮面の持ち手から、通常の握り手に交換してあります。ちなみに今回は右腕の交換パーツは付属しません。

復活の仮面は模様のせいか、怪しさがめっちゃ増していますね。笑
しかしギアス発動顔も、このゼロ仮面ver.もどちらも映えますね〜

今回付属の頭部3種類。
左からギアス両目発動、通常顔、ギアス発動顔となっています。

髪の毛のパーツは全て共通の様ですね。髪色は茶色ですが、襟足に向けて黒色になっています。

旧版(R2版)のルルーシュの頭部の比較。こうして見ると、復活版は悪い顔しているわ〜笑
旧版の何ともピュアな表情!本当に少しの差ですが、輪郭が変わるだけで顔の印象も随分変わりますね。

髪色は全く違いますね。旧版は真っ黒ですが、復活版はほとんど茶髪です。
後髪の毛の全体的なまとまりも、復活版の方が綺麗です。笑

10年の軌跡がここに。。。

ゼロ仮面の比較。左が復活版(指紋付いています)、右がR2版です。
復活版と比べると、旧版は2段階構造になっているんですね。デザインは復活の方が細かいですが、ディティールの細かさは同じくらいでしょうか?



では、新旧対決〜!

スケールはどちらも同じはずなんですが、復活版の方が若干大きいのはこれいかに。。。

R2版も、出た当時はその出来の良さに感動したけどね〜!
10周年ということで、流石に全体的なスタイルや造形はブラッシュアップされている感はあります。総評してどちらも素晴らしい出来!





c.c.と並べてみました。くう、やはり復活版のc.c.が欲しくなってくるぜぃ。。。


並べると、ますます意味不明なc.c.のポージング笑
今でも十分通用する出来ですな。





スタスタスタ。。。

むんず

「?!」

「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!今起こっている光景の一部始終を忘れろ!!」

c.c.には何をしても無駄無駄ァ!な寸劇でした。

この状態が一番好きですね。ポージングと全体的なバランスも良い。

大きさ比較。

改めて、GEMシリーズ10周年おめでとうございます。これからも魅力的なフィギュアを作り続けてください!

第一弾のルルーシュ(ゼロ)と比較してきましたが、もちろん今回の方が良くなっている部分もありました。しかし旧版も当時の中でもかなりハイクオリティだったので、結論「どっちも買おう?」に落ち着きました。衣装も違うしね(ちなみに復活版はメガホビ限定商品です)。

という訳で両方オススメですよー!笑

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram