銀魂 DXフィギュア Vol.1 坂田銀時

バンプレストより「銀魂 DXフィギュア Vol.1 坂田銀時」のレビュー。

発売日:2012年2月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約20cm)

意外と持っていなかった銀魂のフィギュア。立体化は決行されているけれど、銀魂好きはフィギュアを買うのだろうか。。。笑

銀魂はギャグ回は好きなんですけど、長編がどうも苦手でコミックスは途中で売ってしまいました。ただ、銀さんのキャラは好きだし何よりアニメのおかげで大成した部分もあると思うので、今回のレビューで杉田ボイスを感じていただければ嬉しいです。















鼻の周りが汚れていて、そばかすみたいになっているー!笑
あんまり似ていないと思います。。。雰囲気で楽しむ様なフィギュアって感じですね。

眠そうな目の表現は出来ているんですけど、如何せん目つきがイケメンすぎるというか。。。銀さんはもっと死んだ魚の目をしているので、それを再現できていれば高得点でしたね。

反対側から見ると、すごく幼く見えます。夏休み明けで髪の毛を染めてきた高校生みたいですw

髪の毛の造形・塗装は素晴らしいですね。雰囲気が出ているというか、和の感じが少ししますね。彫刻みたいな。

天然パーマながらも、束感がゴツゴツあるので。男らしい髪質って感じがします。

襟足にかけても同様で、墨入れがされていて見栄えが良いです。

肌は全体的につや消しが施されていて、安っぽさは感じません。首筋がグラデが効いていていい感じに。

指の造形も細かく、爪もしっかり造られています。
バリが残っているのが勿体無いな〜と。。。

腕に力が入っていて、筋肉の筋が入っているのが特徴です。
細かい部分ですがいいですね〜これ!しかもマッチョすぎずに一般人並の腕の太さというのも良い笑

右腕も同じく。それだけにバリが惜しい。。。

腰帯とベルトって併用する意味ある?笑

この銀さん、全体的にですが腕以外のラインがほっそい。。。!
糖分ばっかり取っているからかげっそり状態です。もう少し胸板とかあっても良かったかなあぁ。

シワの造形がある事は好きなんですけど、ちょっとシワの流れが雑ですかね。

溶け出した絵の具かってくらいダラダラの羽織。笑
模様はいい感じにプリントされているんですけどね〜



昭和のお菓子の箱みたいなカラーリング。

こちらも同じく。

先述した通り、足もかなり細いです。ポージングはぐっと地面に力を入れている様な感じだけにもう少し太めにして欲しかった。。。

エンジニアブーツ。これがまたカッコいい。若干のツヤありです。

台座はシンプルに黒一色にロゴ入り。四角の台座って意外と珍しいです。

今回一番ガッカリポイントは、こちらの木刀。本体は割と力が入っているだけに、この造形はなさすぎる。。。

洞爺湖の文字もないし、ツルツルの木刀やん!

ポーズがバッチリ決まっているだけに、もったいない。。。

まぁ、サンプルとは腕の角度も違うのでちょっとポージングが微妙に見えちゃうんですけどね笑

右手は添えるだけ。。。









大きさ比較。

あまり似ていない顔にサンプルと角度が変わってしまったポーズなど微妙な所もありますが、こだわりの部分や造形の癖がいい感じに作用した銀さんでした。かなり昔に出たものですが、今でも十分通用する出来だと思います。オススメ!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram