〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

一番くじプレミアム 劇場版マクロスF サヨナラノツバサ A賞 オルレアンver. シェリル・ノーム プレミアムフィギュア

バンプレストの一番くじより「一番くじプレミアム 劇場版マクロスF サヨナラノツバサ A賞 オルレアンver. シェリル・ノーム プレミアムフィギュア」のレビュー。

発売日:2012年1月
価格:1回800円
スケール:NONスケール(約22cm)
原型師:戸部仁人(ヘビーゲイジ)

まず始めに、背景紙の都合で全体の色味がおかしくなってしまっていますが、実物は赤みがかっていないのでご容赦ください。

未だにリリースされ続け、今年で10周年を迎えた「マクロスF」より、銀河の歌姫シェリル・ノームが立体化。こちらは一番くじプレミアムのA賞という事もあり、通常の一番くじに比べると値段がアップしている分、スケールもかなり大きめです。

その為、撮影ブースがギリギリすぎて時々はみ出しているのですが、その辺もご了承ください。。。











ちなみに旗を支える金属製の棒は2本付属しており、今回は短い方のもののみ使用して撮影しています。

シェリルの顔って、同じ顔がないんじゃないかって位作画が安定しないので、フィギュアも毎回顔のイメージが変わるんですけど笑、このシェリルはちゃんと「らしさ」があっていいと思います!

主に目の部分が重要だと思うのですが、確かにシェリルの目は難しい。。。線も多いし瞳の大きさも安定しないし。ただこのシェリルに関しては色っぽさよりも凛々しさ重視なので、その辺りも考慮して上手くバランスが取れているのではないかと思います。

髪の毛の造形頑張っていますね!バリは少し残っていますが、グラデーションで上手くカバーされています。

物語でも大事な役割のピアス。そう、全ての物語はこのピアスから始まった・・・って言ったら大げさですか。笑

マイク。近未来のマイクはオシャレな形状をしているんですね〜
経年劣化により、ゴールドの塗装がベタついていて触っていたら指に色移りして大変でしたw

長髪は後ろで纏めており、非常にすっきりとした印象。

帽子は髪の毛の形に合わせてくぼみがあり、乗せているだけです。

大人の雰囲気を醸し出しつつ、迫力ある表情で歌い上げるポージングとなっています。これは凛々しい。

帽子は落ちやすいので飾る際には両面テープなどで固定してあげたほうがいいかもしれませんね。

軍服は、主にパールホワイトで綺麗な仕上がり。色違いでブラックパールで後々発売されましたが、個人的には軍服といえばこっちのカラーロングのイメージです。

首元のバッジやボタンの金の塗装が細やかです。

シェリルといえば、抜群的なグラマラスボディですが今回は控えめです。そもそもいつも露出が多すぎるんだ。。。笑

しかしそこはシェリル、隠しきれない巨乳具合は軍服でも健在ですね。胸についたバッジがワンポイントになっていて綺麗。

右肩にかけて通っているロープは、メタリックレッドで塗装。ちゃんと肩口の通し部分から通っていて芸が細かい。

右手先は旗を支える為、細やかな指の角度が付いています。何気にすごい部分。そして手袋にもちゃんとボタンと穴があり、普通に感動しました。笑

旗の支柱と本体は、本物の紐で接続します。まさしく現実と同じですね!
しかしこれがなかなか難しく、重い旗を結ぶには根気が必要でした。。。何度失敗したことか笑

左は本物の紐、右は造形物としての紐・・・どちらも味があっていいですな。

袖口の造形や墨入れも細かいところまで行き届いており、完成度が高いです。

別角度から。パールホワイト×ゴールドっていう配色は高級感が出ていいですね〜

旗。プラ製ですが大きいためにかなり重い!

マーキングも綺麗に塗装で再現。たなびき方やフィギュアの雰囲気に合った造形で迫力があります。

軍服の下は紫のインナーがチラリと。

そしてその下の土手部分・・・なんとも言えないフェチズムを感じますねえ。
ラインが非常に女性らしく、この腰の曲がり具合もたまりません。

少し離れてみると、その素晴らしさが伝わるでしょうか。。。
太ももも過度に太すぎず細すぎず、まさに健康体そのものの太さで余は大変満足です。

ブーツの造形も凝っており、履き口のシワの造形なども見どころの1つです。

細かいゴールドの塗装が嬉しい。あと墨入れ。

なんと細くて長い脚なんだ〜

つま先はハイヒールなので、かなり浮いた表現になっていますが地面にはちゃんと着いています。

旗用の金属製の支柱が2本、あとは本体を支えるようのダボが両足分あります。

台座は大きさはそこそこ(というか旗のほうがでかくて場所とります)で、黒地に白のマークが入っています。

旗で見えない背中部分も。お尻の部分にリボンが付いていたんですね。

そしてこのツーケー・・・

肉質的でありながらも鍛え上げられたそのツーケー・・・

ピチピチのパンツっていうのがまた最高ですね。どの角度から見ても素晴らしいです。

今回のシェリルは、何と言ってもポージングですね。絶妙なボディラインとそのダイナミックなポージングが、このフィギュアの大きな価値だと思います!

旗を持っていないとこんな感じ。

こうやって見ると、すごいボーイッシュなキャラなのかな?と思ってしまう。笑 まあ男勝りな性格なのは否定しませんが。笑













大きさ比較。縦もさることながら、旗の大きさの分がスペースをとります。。。笑

凛々しくも女性らしいポージング・ボディラインが特徴の素晴らしいシェリルでした。シェリルのフィギュアは沢山リリースされていますが、それぞれコンセプトや顔の造形が異なるので、ぜひお好きなシェリルを皆さん手に入れてくださいね!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram