春日野穹 チャイナドレスVer.

アルターより「春日野穹 チャイナドレスVer.」のレビュー。

発売日:2014年11月
価格:14,904円(税込)
スケール:1/7
原型師:橋本涼


PCゲーム「ヨスガノソラ」より、主人公の妹の穹がチャイナドレスで立体化。元絵は橋本タカシ氏の書き下ろしイラストで、外箱の側面にプリントされています。

このチャイナ穹は、同じアルターよりリリースされた「セイバーオルタ 水着ver.」と同じ原型師の方が製作されています。























セイバーオルタの時もそうでしたが、こういう色白系で白髪のキャラクターが好きだなあ・・・と感じた私なのであった。


アイプリントの精度は非常に高いです。元絵と比べると、頰の赤らみが少ない分、ちょっとぼんやりした表情に見えちゃいますね。


ハイライトが丸ではなく、ひし形という珍しい形になっているのがポイントです。


鼻はそこまで高くなく、横から見たときに若干平面顔に見えます。

口はほんの少し開いていて、ここは元絵通りかな。


今回の穹は髪の毛の造形が非常に細かいです。

特に毛先は軟質パーツですが、ポキッといきそうで怖い・・・取扱には注意が必要ですね。


何気にアホ毛があるキャラも好きかもしれない・・・w





リボンはチャイナっぽいデザイン。





飴細工を思い出すほどの細かさ・・・抜きの作業がいかに大変だったか分かりますね。


チャイナドレスは全体的にパール塗装が施されています。

さらにその上から、タンポ印刷で所々に模様が入っていて非常に豪華。限定版で、黒チャイナドレスver.も販売されました。


胸元は小さく開いており、若干セクシー笑
そして胸の形がしっかりわかるほどにシワがクッキリと・・・


膨らみは少ないですが、それが穹の良いところである。

心なしか印刷のドラゴンも嬉しそうな表情をしている・・・


二の腕がすっごいプニプニしてそうでフェチいです。





この辺のプニプニ感もたまらんですね〜








指先はチャイナドレスを捲し上げるポージング。

一本一本細かい動きがついていてとてもリアル。








座っている状態では、あまり肉質的な部分を覗くことはできません。





ボディラインがくっきりわかるほどの張り付きようなのですが、なぜかおへその造形がオミットされています。ここはあった欲しかった・・・完璧に近い造形でしたが、ここは残念!


眩しい太もも部分。


白のニーハイソックスって、なんて素晴らしんだろうか。

ニーハイの締め付けられている段差の部分とか、造形チェックの時は必ず見ますね。それくらい大事なポイントです。


膝小さい・・・
ちなみに肌はスムーススキンなので、触り心地が非常に滑らかで気持ちいです。いや、決してエロい意味ではなく・・・


足元は黒のパンプス。艶ありでテカテカです。


ヒールは低めで、足にも優しい靴仕様。笑


台座は中華屋の椅子みたいな感じのもの。笑

素材がモロにプラスティッキーなので、安っぽく見えるかも・・・椅子部分ももう少しふかふか感が欲しかったですね。


お尻の部分が凹んでおり、穹自体は凹んでいないのが嬉しいところ。

安っぽい喫茶店のソファーとかって、なかなか座面が戻らなくてこういう感じになったりしますよねw


椅子に隠れて見えなかった後ろ部分。


背筋ピーンですね。


チラチラ見えていましたが、黒です。

そもそもポージング自体が、チャイナドレスをたくし上げてパンツを見せているような感じですからね。。。結構全開で見えていますよ今回は!!


黒リボン。





シワの気合の入り方が尋常じゃない・・・








ご馳走様でした。

















こういう表情を見ていると、元がエロゲーだったことを思い出しますね。。。


コントラスト強め。


大きさ比較。縦にはあまり大きく感じませんが、髪の毛の広がり分ボリューム感がありますね。

個人的には穹の制服姿に拘りはないので笑、このチャイナドレスが持っている穹の中で私のNo.1です。それくらい繊細で、素晴らしい出来でした。

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram