〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近

オランジュ・ルージュより「刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近」のレビュー。

発売日:2016年10月
価格:16,800円(税込)
スケール:1/8(約22cm)
原型師:ゆま(スワンボートのスーザ)


これが発表された当時、「すげえ」ってリアルに感じたのを覚えています。それ位、造形の再現度が凄かったんです。実際、1/8スケールにしてはかなり強気なお値段です。しかしそれに見合う出来だと思っています。























元絵に比べると、幾分爬虫類っぽさが増したように感じますが、兼ね許容範囲のお顔。
再現はかなり大変だったと思いますが、鶴丸のような違和感もなく、美麗で中性的な容姿に仕上がっています。


正面から見ると、顎がなさすぎて違和感があります。この辺りは削りすぎというか、女性の骨格に近づけすぎですかね・・・


髪の毛は束感が太めです。カラーリングは毛先にいくにつれて紫がかった黒髪。若干もっさりに感じるかも。


髪飾りの金の部分など、全体的な造形のレベルはかなり細かく高いです。金色もふんだんに使用されています。


後頭部は、ちょっとボサボサ気味。三日月らしいといえばらしいんですけどね。笑


上半身部分
前垂れの細かさが素晴らしいですね。一つ一つが立体的な模様になっており、紐の流れも自然です。
着物の模様も箔押しでしっかり再現。


若干アップで。


後ろ垂れの部分も手抜きなし。
赤の結び紐は若干チープっぽさを感じるかも。


着物の肩口など、立体感が再現されています。


腰部分。
帯のタンポ印刷や紐の結び目など、情報量が沢山です。和装って大変なんだなあ・・・
左腰部分に刀を装備。


手甲部分もしっかり作り込まれています。指が長いのはお約束。


金色の豪華な太刀です。


鞘には三日月の模様が入っています。細かい!



右手。


腰帯の後ろ部分。


袖部分に三日月マーク入り。


模様が細かく、着物の雰囲気が出ていて素晴らしいです。


袴。白ではなく、薄いグレーみたいな色になっています。1ひだ1ひだに金色の模様入り。


台座は鶴丸と同様に、シンプルなタイプです。


この辺りの造形美がいいですね・・・
顔以外はほぼ完璧なフィギュアで間違いないかと。


袴の裏側です。


この辺の、服と服の隙間みたいなものが、このフィギュアでは再現されています。


左手にはめられている手甲も、実は見えづらいですが中までちゃんと作っているのだよ・・・








袴の中身は造形されていますが、ネジなどを外す必要があるので、取り外しは難しいかと。


大きさ比較
1/7くらいあってもおかしくないくらい・・・真剣必殺版も作られるほどなので、さすがは主役人気というところでしょうか。

amazonで購入する


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram