アルター セイバーオルタ 水着Ver.

アルターより「セイバーオルタ 水着Ver.」のレビュー。

発売日:2014年1月
価格:7,800円(税抜)
原型師:橋本 涼
スケール:1/6(約14cm)

取扱説明書が封入。「口元に向けるといいでしょう」って。笑


フィギュア界随一の出来を誇るフィギュアを多数製作しているアルターより、セイバーオルタが水着になりました。結論から言うと、非常に「フェチい」フィギュアだと思います。直球的でないセクシーさを写真から感じて貰えると嬉しいです。


























台座は、半透明のスモークブラックで、ダボ穴のないシンプルなものになっています。タイトルと名前入り。


アイスをしっかりと指の間に挟んで撮影。いやー、遠目でもわかる出来の良さ。笑
アイスは口元に向けるものの、口に引っ付けないくらいの位置に調整するのがポイントです。


アイプリントも荒くなく綺麗です。髪の毛のエッジも細かい。
口元は小さく開けていて、ちょっとおとぼけ顔なのも可愛い。


基本は目線に合わせるのが一番いい角度かと思います。


アイスを外して。なんだか卑猥な物を持たせたくなる気持ちにならなくもない・・・


分割線ががっつり入っていますが、色が色なのであまり目立ちません。


髪の毛を束ねている大きな黒いリボン。オルタの唯一少女らしい部分ですね。


束ねた髪の毛(通称ポンデリング)は焼く前の生地の色みたいです。笑
周りの編み込みなどかなり細かく線入れされています。


別角度から。


少しF値を下げて。うなじの部分が地味にフェチポイントなので注目して見て欲しいです。笑


アイス持ち手の指の開き具合が細かいですね〜
爪にはピンクのマニキュアが。


アイスキャンデー。「キャンディー」じゃなくて「キャンデー」!笑
半透明のブルーで、以前にレビューしたWAVEのセイバーオルタは角ばったアイスでしたが、こちらは細長いタイプのアイスになっています。


首元のフリル。

全体的にかなり色白さんです。実物はもう少し肌色分が強いんですが、これくらいの血色の方がオルタらしいかな?太さは意外と標準的な腕。


今回の最大のフェチポイント、お腹周りです。このぴっちりと張り付いたような水着の表現、なんとも素晴らしいですねー!!
特におへそ周りとか胸周りとか・・・


セイバーにしてはかなり大きめの胸なんですが、こんだけ張り付いてたらめっちゃ強調されていて目につきますね!なんともけしからん。


横乳最高です。


左に腕輪がはまっています。ここで型を抜いているのかな?一体成型のフィギュアはかなり少なく、肌色成分が多いフィギュアは大体こう言う「腕輪システム」が作動します。笑


アイスを外して。どこがとは言いません、言いませんが形がわかりすぎて何とも・・・最高じゃないか


大きく開いた背中部分。肩甲骨や背骨の部分がキチンと浮き出ていて、こちらもフェチポイント高し。


この辺りの


シワの造形にこだわりが感じられます。


体を支えている左腕の指も微妙に浮いていて芸が細かい。


水着の下半分はスカートになっていて、直接的に下半身は見えません。この辺りのフリフリした水着のデザインも、地味にゴシック要素を取り入れたような雰囲気になっていますね。


水着は全体的にオールブラックなんですが、若干パールがかった色味になっていて、非常に綺麗です。
そして、腰の部分にもしっかりリボンが付いています。


足の爪にもピンクのマニキュア。


こちらにも。


スカートの中身は、まさに桃源郷でした。笑
台座に安定して座らせる為に、お尻の部分は凹んでいます。台座を凹ます事は出来ないので、ここは致し方ない。


Tバックでもないのに何故こんなにエロいのか・・・


全体的に食い込みがものすごいです。色々はみ出ちゃう・・・水着のサイズが合っていないのでは?笑


駄目押しにもう1枚。


お好みで、画像を加工して貴方のお好きなものを持たせてお楽しみください(ニッコリ)。



WAVEのセイバーオルタと。おそらく同じデザインの水着で造られたフィギュアですが、スケール、色味、ポージングなど様々な部分で異なります。


背中の部分の水着のデザインも地味に違うのかな。髪の毛の色が特に全然違いますね〜個人的にはアルターの色が正解で、WAVEのは通常セイバーの髪色に近いですね。


2人のオルタ。どちらもフェチい素晴らしいフィギュアですヨ。

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram