コトブキヤ ARTFX J 幽☆遊☆白書 飛影

コトブキヤより、「ARTFX J 幽☆遊☆白書 飛影」のレビュー。

発売日:2012年7月
価格:5800円(税抜)
スケール:1/8(約20cm)
原型師:清原秀昌

取扱説明書が封入。

そのまま出した状態で。飛影は幽遊白書でぶっちぎり人気のキャラクター。つり目はこの頃から人気だったんですね〜声優効果もあると思いますが。

衣装は暗黒武術会の時の衣装で、蔵馬と合わせてますね。個人的には、初期の黒マントと白マフラーの組み合わせが好きです。

衣服は黒一色に白少しなのでとても塗りやすい。ただ黒の中にもグラデがかかっていて、安っぽさはありません。











顔はかなりアニメっぽいというか、幼いです。原作絵よりも目がキラキラしています。笑

髪の毛の先は青のグラデがかかっています。
ツンツンしていてなかなか刺さると痛いです。

右腕は交換可能なので、分割線が少し目立ちます。
右腕は黒龍が住み着いています。上半身は、コルセット?みたいなものにキュッと縛られています。

黒龍のマーキングは腕の甲の部分まであります。タンポ印刷で綺麗です。

左手には右腕に巻いていた包帯が。ちょっと綺麗すぎてかんぴょうに見えなくもない。笑

台座は蔵馬の時と違い、クリアブルーの禍々しい感じのオーラのイメージ。大きさや台座のテイストは同じです。

黒龍を出した時の右腕と交換。
腕の模様として入っていた黒龍が出てきました。

黒龍はクリアパーツで再現。暗めの紫です。ちょっと細いかな?迫力に少し欠けます・・・

顔の造形はかなりいい感じなんですけどね。





邪眼を発動させた頭部に交換。邪眼の設定は生きていましたが、変身設定は初期だけでしたね・・・

前髪に隠れてわかりづらいですが、ちゃんと目があります。

ちなみに交換する時に前髪を外すのですが、固すぎて全然取れなかったです。しかも刺さって痛い痛い笑

こちらは勝利を確信したかのようなニヤリ顔。

地味にベルトの出来が良い。

ちなみに前髪を外すとこんな感じ。逆に前髪スッキリしていいじゃない!

蔵馬と並べて。初期の魔界アイテム探しコンビ。あれ、もう一人いたような・・・

原型師が違うので、キャラクターの造形もかなり異なりますね。雰囲気が全然違うというか。

シリーズ中では最小。幽遊白書はOPもEDも名曲揃いで好きです。
こ〜ろ〜が〜るゆ〜め〜なんだよお〜


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram