コトブキヤ ARTFX J 東京喰種トーキョーグール 金木 研 AWAKENED リペイント ver.

コトブキヤより、「ARTFX J 東京喰種トーキョーグール 金木 研 AWAKENED リペイント ver. 」のレビュー。

発売日:2018年8月
価格:11000円(税抜)
スケール:1/8(約23cm)

初版からの変更点は、赫子と呼ばれる背中の触手のリペイント。
初版は持っていませんが、写真で見比べるとこちらの方がクリアの上から塗装されていて、見栄えが良くなっています。















ヤモリに拷問され、完全にメラニン色素が抜けた髪。
ウタに作ってもらったマスクを装着し、完全に半喰種として覚醒した姿で立体化されています。マスクの歯の部分も綺麗に塗装されており、大きな粗は見受けられません。

初版の時はコトブキヤショップ限定で、マスク無しver.の頭部が付属していました。今回は特に付属品なし。

服は拷問されている時のもので、かなりボロボロです。しかし血の付着はないので、物足りないといえば物足りないかも。
髪の毛のエッジは及第点。

腕には壊れた手錠が。

腹ちら部分からは、うっすら腹筋の造形が。かなり細身ですね。
肌も色白です。

爪は剥がされまくって真っ黒です。

赫子は4本で、金木の周りを保護する様に背中から生えています。

足場はボロボロになったアジト内?
コンクリートの表現がいい感じです。本体との取り外しは不可。
足細いですね〜

両足共に台座にしっかり着地しているので、安定感はかなりありますね。赫子もボリュームがあり、かなり重いです。

赫子は背中の下側から一斉に生えており、取り外すことができます。先に行くほどクリア感が強くなっており、根元は濃い色になっています。

赫子を外した状態も再現可能。右手はヤモリの癖の、指を一本ずつパキパキ鳴らす動作になっています。

赫子がなくなると、スッキリした印象に。赫子で見えなかった本体の部分もバッチリ。

赫子の生え際はこんな感じに。造形自体はそこまでですが、色は赤黒く、かなりグロいです笑

主人公の武器が、剣とか槍じゃなく、ムカデの触手っていうのが新鮮でした。re:は立ち読みですが・・・最後はハッピーエンド的な終わり方だったらしいですね。


1/8スケールくらいが、撮っていて一番楽しいです。それ以上だと大きくて撮りづらいし、小さいとピントが合わない。笑

ハイライトをいじって暗闇っぽく。

サンプルからの大きな劣化も無く、素晴らしいフィギュアでした。コトブキヤのこのArtfx Jシリーズは、個人的に応援しているシリーズですので、この調子でカッコいいキャラをどんどん立体化して欲しいですね!

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram