HG ドラゴンボール超01

BANDAIのガシャポン「HGシリーズ」から、HG ドラゴンボール超01のレビュー。

発売日:2018年12月

価格:300円


SSGSS孫悟空
今までのHGシリーズに比べると、造形師の癖がなくなってスッキリした印象。個人的にMr.ガシャポンの癖のある造形が好きだったんだけどな・・・

頭の造形が小さくなった分、大きさも小さく感じますが、実際並べてみるとそうでもなかったり。

HGシリーズは学生時代に狂ったように集めていました。今でもショーケースの中に飾るほど好きなので、この復活は素直に嬉しかったです。

SSGベジータ
ピンボケすみません・・・SSGの特徴は細マッチョ。2000年代の鳥山キャラはほぼそんな感じですね。

赤の透明度低めの発色がいい感じ。ただベジータ自体が身長低めなのでボリューム感はありません。

プレミアムバンダイのHGってなんであんなに高いのか。1体約1200円って頭おかしい・・・

キーボジュアルっぽく。ベジータって腕組みのフィギュアが多い気がする。

SSGSSゴジータ
映画の主役。悟空とベジータがフュージョンで合体した状態。
過去の映画のゴジータと比べると、首と腕の輪っかの色がオレンジから黄色に、腰帯と足首の帯の色が青から水色に変更。

ぶっちゃけ何でカラーが変更になったのか謎。

そしてこいつだけやたら小さいです。大きさ統一して欲しい・・・

ゴールデンフリーザ
前回の映画「復活のF」の主役。昔は絶対的な悪だったのに、今は敵になったり味方になったり忙しいキャラに。

ダントツで小さいですが出来はよろしいです。金の発色や造形も綺麗。

接写しても破綻なし。ポージングもフリーザらしい。

SSブロリー
最新映画「DB超 ブロリー」の主役。みんな大好きブロリー。
しかし人気に反してレアアソート。こいつのためにガシャを鬼回しする猛者が現れ、HG難民が続出した。

他のキャラに比べてボリューミー。
個人的にはもっと大きくしてもよかったと思うけど。やっぱ頭が小さいんだよな〜

ブロリーも昔は絶対的な悪のイメージだったのに、キャラデザ変わって設定もいいやつになりました。もう超武闘伝2の時の「カカロットォ・・・の時代は終わったのね。

ゴジータが小さい分、ブロリーがより大きく見えます。

全員集合
悟空がデカいのとゴジータが小さいのが今回の不満DEATH。
ただ、めっちゃくちゃ久しぶりのガシャポンHGシリーズなので、多めに見ましょう。復活に感謝。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram