フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

ウマ娘 プリティーダービー ツインターボ&イクノディクタス

バンプレストより「ウマ娘 プリティーダービー ツインターボ&イクノディクタス」のレビュー。

発売日:2023年3月
価格:プライズ
スケール:NON(約17cm)

まずはツインターボから。もちろんパッケージデザインはいつも通り!

長らく実装が待ち望まれていましたが、ついに出ましたね〜。
しかも☆1なので手に入れやすいのが嬉しい!何なら他の☆3ウマ娘を狙う為に、大量に排出される模様。。。
phat!から勝負服姿のフィギュアが予約開始されておりますな。勝負服はケミカルなデザインが目を惹きますね〜。

























お顔。個人的にイメージ通りの完璧なクオリティ!正直、先述したphat!のツインターボよりも似ている。笑







グルグル巻きの瞳もバッチリ再現。アイプリントの精度も良いですね〜!
若干の太眉(短め)や、ギザ歯などツインターボのアイコンもあり、どこから見てもツインターボです。

前髪の乱れた感じ。これこれ。
お耳はかなーり珍しい形ですね。髪の毛のブルーが成形色なので安っぽさを少し感じるかも?

別角度から。




ツインテールは先っぽにかけてグラデーションがかっており、綺麗な仕上がり。
別パーツなので、プライズ特有の歪みや曲がっていたり等の心配は無さそうです。

イナズマ模様!







いつものトレセン学園の夏服。
バストはもちろん控えめ・・・むしろツインターボにしてはある方じゃあない?笑
グッと突き出した腕がツインターボらしいポージング。

背中に引っ掻き傷みたいなのがあったのが、ちょっぴり残念。

かなーり内股なのが特徴です。
スレンダーなのは言うも難し。。。ちょっと台座との設置が悪いのは成形不良かな。

尻尾のグラデーションも綺麗ですね〜。
ウマ娘の尻尾は1人1人色も、形も、長さも違うのが面白いです。




安定のスパッツ。割と大きめに足を広げているので確認しやすい!笑
次はイクノディスタス〜。

個人的な感想で申し訳ないですが、おそらく最初で最後のリアルスケールのイクノディクタス。。。
いや、本当におそらくですよ、おそらく。

























お顔。このシリーズの中でもトップクラスに似ています。ファンの方は問答無用で手に入れるべき!!
クリアパーツにしたおかげで、メガネがあまり目立たないのも良いですね。

メガネパーツのクリア度も高いので、中のアイプリントもしっかり見えます。
メガネパーツはエッチングが太い感じですが、まぁプライズですし・・・自分で削っても良いのですが、取り外し出来ないのが辛いトコロ。

ウマ娘の鉄則である、人間で言うところの「耳」にあたる部分は絶対に見えません。
ここまでショートヘアーのイクノディスタスでも見えません。というか造形されていない・・・笑

前髪の模様や、耳飾りもバッチリ再現。
耳飾りは別パーツではなく、髪の毛と同じパーツです。

おかっぱの下からとんでもないサソリアームが・・・!
太さからしてなかなかのボリューム。これで相手をひと突き・・・毒入り危険!

おかっぱの内側はこんな感じ。本邦初公開的なやつ、ここテストに出るよ!
ツーブロックみたいに段差をつけているのは意外でした。解いた時の状態が気になる。







ツインターボよりはありますが、あくまでスレンダーな上半身。
データ理論系のキャラって、割とスレンダーなイメージあるなぁ。シュタゲの紅莉栖とか・・・あれは理論系のキャラじゃあないか。笑

う〜ん、完全にフォルムがスコーピオン!
もしくはねじりドーナツ。




多分、ウマ娘フィギュア史上一番女っ気がない立ち方。笑
棒立ち、そしてつま先が外向き・・・フツーに男みたい。

尻尾は太め&長め。




こちらもスパッツー。
一応毎回やりますけど、あまり変わり映えしないので載せてもコメントが・・・笑
















大きさ比較。
ツインターボの方が少し低めですね〜。

以上でした!
チームカノープスの2人が一気にフィギュアになって嬉しい限り。ツインターボはともかく、イクノディクタスに関しては立体化されたのが素直に嬉しかったですねぇ。もう出ないかと思ったので・・・笑
この調子で、この制服シリーズは全てのウマ娘の立体化まで完走して欲しいですね!

特に今回の2人はクオリティ高めで安定していた気がします。
このシリーズの良い所は、割と安定したクオリティのフィギュアを出し続け、かつまだまだ市販されていないウマ娘もフィギュア化してくれている所ですね。続けば続くほど有り難みが分かるシリーズです、ハイ。


Amazonで購入する

1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2024 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram