フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

アズールレーン ベルファスト 彩雲の薔薇Ver.

アルターより「アズールレーン ベルファスト 彩雲の薔薇Ver.」のレビュー。

発売日:2022年9月
価格:23,980円(税込)
スケール:1/7(約26cm)
原型:柳生敏之
彩色:星名詠美

外箱表。
中華ゲームアプリだからか、それとなく中国みを感じるデザイン。

『アズールレーン』より、王政国家ロイヤルに属し、ロイヤルメイド隊の長を務める“ベルファスト”が「彩雲の薔薇」の衣装で登場!
扇子を片手に上品な微笑みを浮かべた姿を立体化しました。
ボディにフィットした透け感のあるドレスがグラマラスな彼女のプロポーションを引き立て、艶やかなグラデーションが美しく、柔らかな印象を与えます。
パール塗装が施された水色のストールは、メリハリのある造形で全体のシルエットを華やかに演出。一緒にいるイノシシも愛らしい仕上がりとなっています。(公式より引用)


外箱裏。
結構ガッツリ中身の写真がプリントされている感じ、ちょっと古いデザインだなって思っちゃった!笑

実は私、アズールレーンはプレイした事が無いんですよね。艦これはあるのですが・・・
では何故このフィギュアを買ったのか?答えは至極当然、「ビビッと来た」から一択!

まぁいつもの衝動買いというヤツですな。フィギュアオタクの皆さんなら、わかってくれますよね?
そういう訳で初のアズレンフィギュアになるのですが、予備知識も何も無いので余り細かいネタなどはありませんので悪しからず・・・

箱中身。
本体、台座、交換用パーツ、イノシシ(で合ってる?)というシンプルな内容。

メーカーはアルター。このフィギュアの予約開始したのが確か2年前?位だった気がするのですが、今同じ内容でリリースするとなると3万は超えるのかなぁ・・・本当、最近の円安による物価高には泣かされます。アルターが高いと言われていた時代はどこへやら、今はコトブキヤもかなり値上げしています。

台座は大理石っぽいデザインで、そことなく高級感があってよろしい。柄はプリントで、触るとザラザラしています。
フィギュアのスケールに対しては若干の大きさを感じますが、イノシシも乗せるので許します。

本体とイノシシをセットして完成!
ベルファスト本体は鉄芯のダボ1本と、ストール下部の透明なダボで固定。
イノシシは特に固定用のダボはありませんので、サンプル写真を参考にベルファストの横に添えてあげます。

服装は結構複雑そうなベルファストですが、キャストオフ機能は無し。



















お顔。
ふつくしい・・・サンプル写真からの劣化もほとんど無いのでは無いでしょうか?印象そのまま、と言った感じで流石のアルタークオリティ。

このフィギュアの元になったイラストも見たのですが、マジでそのまま絵から飛び出してきたかの様なクオリティに驚きです。
マンセーするつもりはないですが、クオリティ打率はやはりアルターが数段上ですね。

アイプリントの精度も高くて良い感じ!瞳部分は自然な大きさなのも、中華キャラっぽさを感じます。
中国の二次元キャラって日本の萌えキャラと比べると、割と目が小さめに描かれている事が多くないですか?

このベルファスト、wiki調べですが戦うメイドさんらしいですよ。戦うメイドさんって響き、イイよね・・・
古くはブラックラグーンのロベルタ、それでも街は廻っているの歩鳥、仮面のメイドガイのコガラシ(違う?)など、少ないですが魅力的なキャラは多いイメージです。

右側から見ると前髪を下ろしている分、少し幼さが残ります。
この彩雲の薔薇Ver.のベルファストは、メイド服版と比べると幾分大人っぽさが強調されているので、少しだけイメージが違うと感じるかもしれませんね。

左側は編み込みと耳にかけている分、輪郭がハッキリと見えます。
髪の毛は薄くピンクがかったホワイトカラー。クリアパーツの上から塗装されており、透明感がありますね!

ピアスは上に小さく一つ、下に大きいリング状のものが一つ。
もみあげ部分から垂れている残り毛?が垂れているのがお茶目!

こちら側はそのまま前髪を下ろした状態。
束感は太めで、毛先の細かさはそこまでありません。

綺麗に結んでるなぁ・・・現実でもたまにこういう髪型の女性を見かけますが、一体どれだけ時間をかけているのか気になりますね・・・
後ろの髪はそのまま下に下りている訳ではなく、風が吹いているのか右手に流れるような造形になっています。

毛先部分は完全にクリアパーツになっており、見る角度によって印象が異なります。
実物を見るとかなり自然な造形なので、どこか力が抜けていてフワッとしている雰囲気なんですよね。それがまた良い。

首には鎖がついたチョーカー。
関係ないですが、チョーカーって現実ではM素質のある人が好んで身に着けるそうですよ。つまりベルファストもそういう・・・?

と思っていたのですが、普通に考えたら元ネタになった軽巡洋艦をイメージしたものでしょうね。笑

今回の服装はメイド服ではなく、チャイナ服をアレンジした様なデザイン。大事な部分は全く隠せてないけどな!
本来は服を留めるはずの紐部分も、この様にバッチリと上側で纏められています。
細かい部分ですが造形・塗装共に良好で密度高め。

反対側はシンプルにプリントが入っているのみ。
普通に紹介していますが、タンポ印刷も綺麗ですね。

そしてこれですよ皆さん。はちきれんばかりの・・・バスト!
これぞアズールレーン、というか私がアズレンに抱いているイメージって「巨乳キャラが多い艦これ」なんですよね。違っていたら申し訳ないですが・・・笑

そのイメージ通り、この大人気キャラであるベルファストも流石の大きさ。
ただアルターだからか中華だからか、そこまで露骨な造形になっていないのがポイントです。

シックなカラーのドレスの真ん中に垂れるのは何ですかね・・・帯?
谷間が見えねぇじゃあないかコンチクショウ!と言いたいところですが、それも露骨な表現を避けるため、なのかもしれませんね。残念ながら軟質パーツではないので、動かして谷間を拝むのは難しいです。

ドレスの柄はまさしく薔薇、しかも青い薔薇。
縁の丸っこいデザインは、柔らかく女性的なイメージを助長しますね。

しかしデカいな・・・
まぁ個人的には今回のベルファスト、結構な「ロケットおっぱい」なんですよね、形が。
だからなのか、そこまでエロさみたいなものは感じないんですよ。

これがもっとリアルに重力下気味な造形で、しかも丸っこい形をしていたらヤバかったですね。笑

色々な角度から。
ドレスの下にはアンダーウェア?の様な青い布がサイドに入っているのが特徴。もしかしたらドレスの下ではなく、単なるデザインかもしれませんが・・・

このサイド部分にデザインが入っているのも結構珍しいですよね〜
胸がすごいキャラクターなのに、運営が必死に法の網を掻い潜ろうとしている様な気がしてならない。笑

横から。
この角度から見ると、このフィギュアがどれだけロケットおっぱいなのかが分かるかと思います。
そしてサイドのデザインも・・・なるほど、ここで支えておかないとドレスがポロリしちゃうのか!笑

反対側から。

チャイナドレスの際どい部分!たまんないねぇ・・・
素晴らしくフェチいデザインなのですが、そこまでムッチリ感はありません。むしろスマート気味で美しさの方が勝っている位です。

バッテン部分で引っ張られているシワの表現や、ドレスのデザインなど見所が盛り沢山ですね。

お腹のサイド部分はドレスがなく、地味に露出が高い服装になっています。
今回のベルファストはキャストオフ出来る部分が一切ないのが辛い所・・・せめてストールが外せるだけでもかなり違ったのになぁ〜

そしてこのバックデザインですよ。なんですかこの背中はぁ!
もはや隠す様で隠していないじゃあないですか・・・いいぞもっとやれ

少し引きで見て。肌色率が地味に高い・・・だがそれが良い
そしてストールの発色具合が素晴らしく良いですね!こちらもクリアブルーの成型パーツの上から塗装されており、光の反射具合によって印象が変わります。

手首にはアクセサリーの他、小指部分に指輪が。手首のアクセサリーは別パーツになっています。

右腕部分は更にストールと中心部の帯でモッサリしていて、結構なボリューム感。
色移りは無いと思いますが、少し注意しておいた方が良いかもしれません。

綺麗なカラーリングの扇子。こちらは持ち手を交換している状態。
元々は扇子を持っていない手首が付属していますが、今回は常にこちらの扇子を持たせた状態のパーツで撮影しています。

扇子は閉じている状態なのでヒジョーにコンパクト。
元々手首に接着されているので、安定感があるのも良きですね。

小指だけちょっと立っているのは何故?笑
爪の造形はありますが、マニキュア等は特に塗られていません。

ストールが大きく垂れ下がっていますねー。
こちらは髪の毛と違い下に行くほどクリアになっておらず、全体的にパールがかったブルーカラーとなっています。

布の先っぽにはアクセサリーが付いています。細けぇー!
しかも輪っか部分はクリアパーツ。コスト掛かっていますよこれは・・・

こうして見ると手首がめっちゃ細いですね。笑
手首を交換する際は折らない様に気をつけないと・・・ダボは太めなので大丈夫かと思いますが。

このベルファストの大きな見所はまだあります。
それがこの「お腹に張り付いたチャイナドレス」ですッ!!

サンプル写真の時点でこのフェチい部分をアピールしてくるアルター、流石です。
そして実物を見て、そのインパクトに心を惹かれましたね・・・こんなお腹があってたまるか!
おへそから下腹にかけての滑らかなラインが、ドレス越しで堪能できます。

下半身も相当に露出度は高め。
足は閉じている状態なので、こちらも露骨に性的で無いのが唯一の救いでしょうか。

なんだこの股間はよぉ・・・素晴らしいじゃあねぇか。
スカートと言えば、風に吹かれる等して捲れ上がるのが正義とばかり考えていましたが、このドレスは逆に太ももに張り付かせるという発想。

頭をハンマーでガーンとやられた様な衝撃でしたね。まさかこれ程の逆算の美学があろうとは・・・
これが逆にドレス部分が捲れ上がっていたら、スルーしてしまっていたかもしれません。この張り付きがある事によって、よりこのフィギュアを際立たせているのが見て取れます。

股間のIMPACTが・・・
ここが夢にまで見た伝説のデルタ地帯ですか。

サイドから覗く太ももは良いですばい!
下着を結ぶサイドの青い紐、そこから下のむっちり太ももがまたそそられるんですよ。

右足側も。

ニーハイソックスの上部は、薄いですが模様入り。
こういう細かい部分にも気を配られており、見ていて飽きない仕様になっているのは嬉しいですね。

そしてお尻へと・・・
なんだこれ、やっべーな!(語彙力の喪失)

気付きませんでしたがこのドレス、クリア素材じゃあねぇか!分かりにくい箇所もありますが、太もも部分が透けています。
ただしお尻部分は透け感がかなり薄いので、下着はハッキリと見えません。残念!

しかし安心したまえ諸君。このお尻部分の上は背中。その背中はどうだったか?全開だったじゃあないか。

という事で、お尻上部はクッキリと肌が見える仕様に!こちらもデザイン性が高めで、絶対見るでしょ?というイラストレーターの狙いが透けて見える様ですぜ・・・透け透けドレスなだけにな!!

髪の毛やストールに阻まれて、なかなか全容がお見せできないのが残念ですが・・・私は頑張ったッ!
しっかり割れ目部分の造形あり、しかもシャドーで強調までされています。こいつめ・・・

もういっちょ。
この角度が一番見えやすいんですよね・・・ホントーに、見えにくて申し訳ない。笑

別角度からも撮影してみました。


少し引きで。ここだけ見たら完全に痴女ですねこれは・・・
辛うじて大事な部分だけ隠している、そういう気概を感じますよ私は。

ニーハイはつま先に行くにつれて青っぽくなっています。
そしてパンプスは意外にもゴシックなデザイン。靴だけ見たら全然違うキャラみたいですね〜

特にフェチい部分はありませんが、足首部分の骨がポコッと出ているのはなかなか渋い。

片足立ちなので若干安定性に不安を覚えますが、もう片方の足がそこまで上がっていないので重心は真ん中にありますね。
てかこの角度で見ると結構足首曲がっている気がするけど大丈夫か?笑


横から見ると結構高いヒールを履いているのね!
意外とこの辺りは女の子っぽいデザインなのもギャップ萌えというやつなのかしら。

ヒール部分、靴の裏側はブルーカラー。

見えない部分は多いですが、作り込まれているので見る側の気力と根性が試されますね・・・
隙間は多いので、そこを楽しむある意味芸術品の様な楽しみ方が良いのかもしれません。笑


上から見るとクールな印象のベルファストさんですが、下から覗くと優しい表情になるのでオススメです。ママァ・・・








(オマケの)イノシシ。
オマケにしてはやけに作り込まれている・・・そしてボリュームがなかなかに凄い。笑

砲台などは別パーツですが、取り外すことは出来ません。回転させることは可能。

お尻が可愛い。
ちょっと出た尻尾とかね。

あとこのイノシシ、よく見たらメイドのカチューシャしてるじゃあない!やだー!
どういう立場のイノシシなんですかコレ。ゲームをプレイしている方がいれば教えてください。笑

砲台部分はプラ製でめっちゃ軽いです。ただ塗装はしっかり、造形も良く見栄えがすごくよろしい。

目の部分の毛が凄い・・・
可愛らしい見た目をしていますが、パーツ一つ一つを見るとちゃんとイノシシだって事がわかりますね。

牙の部分はちゃんとスミ入れが施されていて、リアル寄りの見た目になっているのもポイント。


小さい両腕がピョコっと。
先述した様にダボらしきものはありませんので、極端な話他のフィギュアにも寄り添わせて飾れますよ!

そして皆さんお待ちかねの・・・
あのね、今回ワタクシすごーく頑張りました。だって普通にしていたら見えないんだもん。絶対に。まさか、こんなにガードが固いとは・・・


ただその努力もあって、前貼りか?と思わせる程のセクシーな下着をスクープしました!
これ間違いなくTバック・・・

綺麗な丸いお尻が見えますね〜ナイスショットです。
この景色が見られるのは、購入した人だけ!

かなり見えにくい写真なのが申し訳ないですが、これが私の技量の限界です・・・
ただその分、絶景は見られたんじゃあ無いでしょうかね?(チラッチラッ

それでは最後に適当にー。
何となくですが、高級感があるゴージャスな背景が良いと思ったので、このタイプにしてみました。

























大きさ比較。イノシシも含めると結構なボリューム感!

以上でした〜。初のアズレンフィギュアでしたが、コレは流行るのがわかるわ・・・
キャラデザインがまず可愛い、そして各社メーカーがこぞってリリースしたがる程の購買意欲をそそらせます。そりゃあ買わない人はいませんって。

ベルファストはまずメイド服でしょ!という方がいるのは重々承知ですが、ゲームを未プレイの私からすると、コレがベルファストの正装か?と思う程に似合っていました。そしてアルターの安定クオリティで本当に良かったなぁという印象。
単純にフィギュアとしての出来は素晴らしく、セクシーさもありつつ美しさを兼ね備えているフィギュアだと思います!
在庫は今は無いかもですが、購入できる機会があればぜひオススメの逸品です。



Amazonで購入する


1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram