フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

呪術廻戦 五条悟 フィギュア

タイトーより「呪術廻戦 五条悟 フィギュア」のレビュー。

発売日:2021年4月
価格:プライズ
スケール:NON(約20cm)


みんな大好き五条先生!呪術廻戦は何か一気にブームが去った気が・・・最近のコンテンツって消費が早すぎる気がしますね。
領域展開ならぬ商品展開もかなり充実してきた気がしますが、残念ながら投げ売り気味なのが現状で・・・悲しいですね。

そんな中今回ご紹介するのは、恐らくアニメ1期が始まってすぐ位にリリースされた五条先生のプライズフィギュアです!
まだスケールフィギュアも出てきていない中で、初めての五条先生のフィギュアだったと記憶しています。

当時は争奪戦というか、まだ選択肢がこれしかなかったので高騰していましたが、渋スクやコトブキヤなどのフィギュアメーカーから出揃った今となっては焼け野原・・・とても安価で購入する事が出来ました☆

















お顔。目の肥えた五条先生ファンには耐えられない出来らしいですが、そこまで思い入れがない私にとっては十分すぎる出来です。笑
普通にイケメンじゃあないですか?まぁアニメ寄りのお顔かなぁって感じますが・・・


アイプリントの精度はそこそこ。五条先生の目って再現するの難しそうですね・・・
白まつ毛のキャラってどうしても輪郭がボヤけるので、縁をラインで囲う→結果的に似ていなくなるというループになりがちです。
パッと思いついたのは刀剣乱舞の鶴丸国永ですかねぇ。

目の下のラインはギザギザしており、恐らくこちらも儚げな感じを出そうと頑張ったのではないかと思います。
そういう意味ではプライズですが表現は中々に頑張っていますね!
どこが、とは言えないのですが少し幼さが残る顔つきなのが駄目なのかな?

横から。ちょっと顔が長くない?笑
髪の毛も毛量が少し少ない気がしますね。長さ的にも散髪したて?

毛先や髪の束感の表現は結構良い感じかと思います。シラスが乗ってんじゃねーか!と言われたらそれまでですが。
髪の毛は塗装されています。

後頭部。


制服は流石の呪術高等学校、目立たない為に必死すぎるデザイン・・・笑
毎度毎度書いている気もしますが、立体化に向かないデザインですよね〜〜〜ひたすらに地味なんですもん!

でもま、その分造形するにはこれ以上ないシンプルなデザインとカラーですけどね。なんという作り手に配慮したデザイン!

左手は目隠しを引っ掛けています。肌の色味はちょっと色白。
顔が小さいのかてが大きいのか、ちょっとサイズ感が合っていない気がしますね。

右手。制服って結構厚手のデザインなんでしょうか?
シワの入り方が冬服のソレというか、かなりモコモコしているので。

右手は安定の領域展開の構え。これってキース・ヘリング的に問題ないのかなぁ・・・
五条先生が最強と言われる、有名なシーンですよね。

リリースされた時は「指の造形がモッサリし過ぎ!」とか「造形がダルい!」とか言われていましたが、そんなに悪くなくないですか?!
それとも個体差かな・・・うちの五条先生の指元は割としっかり造形されていましたね。自然な指の曲げ方も良いじゃあないですか。


背中。五条先生って191センチもあるんですよね・・・でけぇ〜〜
なので体格も結構ガッチリしているというか、美しいお顔に似合わない体型!

呪術廻戦のキャラってデカいキャラが多いですよね。
でもゴメンなさい、個人的に東堂のキャラは苦手・・・ノリがキツいっす〜

あし。制服のデザインのせいかあまり感じませんが、多分めっちゃ足長い!笑
リアルな体型っぽいですけど、膝から下はめっちゃ細くてモデルさんみたい。大体の五条先生ってこんな感じで片足フラッとしたポーズが多いですよね。

靴が実はサイドゴアだったのが驚き。普通に革靴かと思っていたわ。
ちょっとだけツヤあり。

台座とは右足の裏にダボがあるので、そちらで固定されています。
本体は割と軽いので安定していますが、若干重心がズレている感覚もあります。


後ろ。足だけ見たらルパンのキャラみたいなヒョロさ。笑


靴の裏までしっかり造形されています。これは良きです!
しかもちょっと珍しめのフォーマルなデザイン。

一応、一応・・・お求めの淑女の方もおられるかと思い。
特に何の変哲もない股間でしたw

台座は円径でちょっとデザインちっく。いかにも呪術廻戦って感じですね!

悪くはないのですが本体に対してかなりサイズがデカいのがマイナスかな〜
個人的には一番内側の黒い円径部分位のサイズが良かったです。ちょっと小さ過ぎ?笑

では適当に何枚か〜




















呪術のキャラはモノクロが似合う。








大きさ比較。1/9位かな?そんなに小さくないですが、五条先生がデカいので・・・

以上でした。初期の頃に出た五条先生のフィギュア、というのが大きなステータスではないでしょうか?
この後に様々な五条先生のフィギュアが出ていますが、もちろん出来が良いのもあれば悪いのもあります。そんな中で、割と安定している出来だった・・・気がします。もちろん市販のスケールフィギュアと比べると酷ですけど。

先述した出来の良い渋スクなどの五条先生がリリースされたおかげで、こちらはかなり安価になっているはず。
呪術廻戦にハマった方には入りやすいお値段のフィギュアではないでしょうか?




Amazonで購入する

1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram