フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

Gasha Portraits PREMIUM エヴァンゲリオン 綾波レイ

バンダイより「Gasha Portraits PREMIUM エヴァンゲリオン 綾波レイ」のレビュー。

発売日:2022年5月
価格:1回1,000円
スケール:NON(約12cm)

GashaPortraitsエヴァンゲリオンがプレミアムバージョンになって登場!豪華彩色&ジオラマ台座でボリューム感満載でお届けします。(公式より引用)

この状態の綾波は、まだあまり立体化されていないので貴重です。確か一番くじに出ただけだったような・・・?
同時発売で、鈴原サクラが出ましたが、あちらと比べるとダントツで人気ですね。何年経ってもレイ人気は衰えず!

ちなみにカプセルを開けると、バラバラ殺人事件並みに分解されて入っています。かつてのエヴァポートレーツを彷彿とさせますね。
お値段は随分高くなりましたが・・・

今回は2種類あるラインナップのうち、綾波レイA(髪の毛ソリッド)をレビューします。












お顔。普通に可愛らしく出来ています。
劇中と比べると目が大きくて、幼さと可愛らしさが強調されています。可愛い。

髪の毛ソリッド版と髪の毛クリア版では、髪の処理が異なる他、表情、ポージングも微妙に異なります。
こちらは若干口が開いており、何か話しかけている最中の模様。
インターフェースもちゃんと造形・塗装されています。
髪の毛は基本的に成形色(後部にシャドーあり)なので、安っぽいと言えば安っぽいかも・・・まぁ、ガチャなので多少はね?

パーツ自体の歪みは少なく、カプセルに入っているとは思えないほど精密です。流石プレミアム。

正面の視線ですが、どの角度から見ても問題ないかと。
髪の毛が変わるだけで、こんなに印象も変わるとは・・・

ちなみに何故レイの髪の毛がこんなになっているのか、理由を知りたい方は「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を観よう!
(大した理由はないけどネ)

伸びに伸びた後ろ髪。うねった造形が綺麗ですね。
先述した通り、シャドーが入っており成形色でありつつも見栄えします。この辺が旧・エヴァポートレーツとの違いですかね。


プラグスーツはお馴染みのデザイン。親の顔よりも見た衣装!
塗装具合はそこそこといった所。


髪の毛に隠れてはいますが、やはりボディラインが強く出るのはエロいですな。
ちなみにテカリは一切なく、マットな仕上げになっています。


足長いっスねぇ〜
結構軟質パーツなので、毎度のごとくポートレーツみたく夏場に傾いて来ないかちと心配・・・








頭部を取り外すと、髪の毛で見えなかった部分を見ることができます。
ちゃんと作り込まれており、この辺も伊達に1,000円するだけありますね!

あと、大事なのはお尻。レイと言えばケツなのだよ!!
小ぶりでありながらも、良い形のお尻です。お尻マイスター(自称)の私が言うのだから間違いないっ。




















大きさ比較。
ポートレーツと大体同じかな?台座がシンプルなシーン切り抜きになりました。

初めは「ポートレーツに1,000円は高いなぁ」と思っていましたが、実物を見てみるとアラ不思議。意外と悪くないじゃん・・・と思ってしまいました。ただしこれ以上値上げはしないでね!

出来としてはかなり良いと思いますよ。しっかりレイしていますし、ちょっと可愛らしすぎる気もしますがまぁ許容範囲かな?
デスクの横などにちょこんと置いておくのに最適なサイズかと。

髪の毛ソリッド版は塗装でしたが、髪の毛クリア版もほぼ同じなので満足度はどっちが当たっても同じ位かも。
何かアソートが偏っているとかどこかで見た様な気もするので、どちらか出たら良いんじゃあないかなぁ。




Amazonで購入する



0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram