フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

SNOW 若生桜花

コトブキヤより「SNOW 若生桜花」のレビュー。

発売日:2005年4月
価格:3,278円(税込)
スケール:1/8(約11cm)
原型師:爪塚裕之

外箱。懐かしのフィギュアを紹介しようのコ〜ナ〜!

SNOWは2003年にスタジオメビウスより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム(PC版)。後にDCとPS2に移植され、その際にPC版には無かった新ヒロイン、ボイスが追加された・・・らしい。
絵柄的にKey作品に似ているな〜と思っていたら、どうやら監修も受けていたそうです。

続編的位置付けとして、同社より「友達以上恋人未満。」というゲームも発売されました。こちらも18禁。
そのヒロインである「橘芽依子」もコトブキヤよりフィギュア化され、今回の桜花と同じく爪塚裕之氏が原型を担当しています。

特筆すべきは外箱の大きさ。スケールフィギュアの中でも屈指のコンパクトサイズでは?!
コレクターにとっても優しいサイズ感となっております。

台座と本体にダボは無く、乗せているだけになります。























お顔。15年以上前のフィギュアなので時代を感じるデザイン。しかし原型の良さもあって今見ても可愛く仕上がっています。

爪塚裕之氏と言えば、現在は爪塚ヒロユキに改名され活躍されています。最近ではアルターで鬼滅の刃のフィギュアを担当されていたりと、現在でも第一線で活躍されているトップ原型師ですね!

大きな瞳、垂れ目で白目部分がほとんなど無いのが2000年前後の萌えキャラ。今作品は純愛モノということもあり、どこか透明感を感じるデザインですね。アイプリントの精度も高くて良い感じです。


露出度が低いので大丈夫だと思いますが、このフィギュアって思いっきり「ロリ」ですよね・・・
捕まる!捕まる!

髪の毛の造形がとても細かくて素晴らしい。モールドが深めに掘られており、束感がかなり細かいのが特徴です。
少し濃いめのピンクの髪の毛は、ダマやハゲもなく綺麗な仕上がり。

2本のアホ毛も標準装備。軟質パーツなので折れる心配は無さそうです。

ツインテール万歳!ツインテール万歳!
ピンク髪のツインテールキャラって、確か前回ナリカをレビューしましたね。。。どんだけ好きなんだ私!

大き目のパーポーカラー(死語)のリボンで留められています。
少し髪の毛は短めで、毛先が箒みたいになってる。笑

ポーズは床に寝転んでいるような感じで、本体側が凹んでいます。思いの外自立出来たので、せっかくなので立たせてみました。
・・・うん、見事なまでにぺったんこ。仕方ないっちゃあ仕方ないですけどね〜
飾ると見えない部分の前面(セーターの絵柄)部分もちゃんと造形・塗装されているのはGood!

ラビット!!
オムライスを彷彿とさせる配色。

若干塗装ハゲがありますが、まぁこれ位なら気にならないレベルかな。
コトブキヤの品質だったらこんなもんだよねって思いました。笑

少し大き目のセーターから見える、中に着ている下着が・・・ロリロリだぁーーー!!
ちょっとパールがかったホワイトで綺麗。

このフリルが何ともロリっぽくて可愛らしいですね〜
ちゃんとフェチな部分を残して造形する、まさしくプロの仕事ですね!

猫のシャモン。ゴキゲンな表情ですなぁ。
ネコ好きーな方にとって、この造形はどうですか?原作でもこんな感じらしいので、その辺は許してください・・・ちなみに髭はピアノ線みたいな素材でピーンと張っています。

ちょっと汚れが目立つかな。

お尻とか。尻尾が長〜〜い。

ロリロリんあおみ足。ちょっと太めでプニプニしていそうなのが非常に生々しくて良き!
まだスムーススキンの技術は搭載されていない頃のフィギュアなので、触り心地は普通ですが、この造形だけでもお釣りが来るレベルですよ。

経年劣化でシミみたいなものが見受けられますが、お気になさらず。笑
セーターの下は・・・履いておられない?!

肌の色は少し濃いめ。爪の造形あり。


台座はシンプルな円径ベース。ちょっと大理石風なカラーリングになっています。

・・・「「白」」!!!




















以上でした〜

かなり古いフィギュアにも関わらず、現在でも十分通用するクオリティのフィギュアでした。やはり第一線で活躍されている原型師のフィギュアだなぁといった感じです。
コンパクトで飾りやすいサイズ感、しかしクオリティはしっかり保ったままフェチ部も盛り込んで来るという、ロリッ子好きには堪らないフィギュアに仕上がっておりました。

惜しむべき点は元が18禁ゲームなので、知名度がそんなに無かった事ですかね(売れたけど)。隠れた名作フィギュア、という位置付けになりますが見かけた際には是非GETされるのをオススメしますよ〜。



Amazonで購入する
1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram