フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

一番くじ カッコウの許嫁 #天使と悪魔が大交錯!ラストワン賞 ラストワンver.天野エリカ フィギュア

バンプレストより「一番くじ カッコウの許嫁 #天使と悪魔が大交錯!ラストワン賞 ラストワンver.天野エリカ フィギュア」のレビュー。

発売日:2021年12月
価格:1回750円(税込)
スケール:NON(約18cm)

外箱。ラストワン賞のレビューって初めての様な・・・?

お馴染み、原作全く知らないシリーズです。笑
作者の方は「ヤンキー君とメガネちゃん」と同じ方だそうですね。そちらはドラマにもなりましたし、結構知名度があったと思います。
ま、私はどちらもよく知らないんですけどね・・・合掌(ファンの方すみません)。

箱裏。これと言って特筆すべき点はないデザイン。

ちょっと調べていると、ヒロインが全部で3人いるんですかね?個人的に、紫のショートカットの子が好きです!(見た目的に)
ただこのメインヒロイン以外はまだフィギュア化されていないっぽいので、とりあえずメインヒロインのこの子は押さえておかねば!と言うことで手に入れました。笑


本体と台座、付属品のマグカップのシンプルな構成。本体を台座に嵌める際、結構キツくてギチギチ言ってて怖かったですw

A賞との違いは顔パーツのみで、A賞はウィンク無しの笑顔、口に食パンを咥えています。
こちらラストワン賞と比べてあまり差分はないので、このレビューが気に入った方は是非お好きな方を手に入れてみて下さいね!



















お顔。原作の絵柄もそうですが、目が特徴的ですね。こちらはどちらかと言えばアニメ寄りですが。
ラストワン賞にしては特別感が薄めですが、造形は可愛く纏まっていると思います!

アイプリントの精度はまぁまぁ。完成品だったら化けそう。。。アニプレ辺りが立体化しないかなぁ。

最近、渋スクがフィギュア新勢力として力をつけてきていますが、ちょっとあそこは高過ぎますね・・・その分クオリティーも凄いのが多いですが。ただ私的にはちょっと手が出ない価格帯です。今の所メインなのがリゼロやこのすばなど、個人的に即購入レベルまでいかない作品なのが救い。ただ作品によってはかなり迷っちゃうかもなぁ〜

フィギュアとなると、途端に変になってしまうウィンク顔。きっと三次元に落とし込む際に違和感が出てきてしまうのでしょうね。

このフィギュアに関しては、かなり上手にパーツが纏まっているので違和感全くナッシングです。素晴らしい!ちゃんとまつ毛もありますし、頬のチークラインとハイライトも良い感じですね。


元気一杯の笑顔ですね。ちょっと強気な感じも見て取れますが、そんなキャラなんでしょうか?
下の歯は無く、上の歯が小さく見えています。唇のラインはもう少し細くても良かったかな〜
このフィギュアの残念点、それは仕上げです。仕上げというか、抜き?の工程が雑なのか何なのかって事ですが・・・

とりあえず前髪の処理がねー、ダメですね。せっかく細かい束感が出ているのに、バリが残っていてガタガタしているのは勿体無い・・・
後述しますが、この前髪部分以外にも仕上げが雑な箇所が多く見受けられます。


髪の毛は最近プライズ界で流行りのクリアベースに塗装する手法が取られています。あまりコストがかからないのかな?
見栄えが良いので個人的には大賛成です。ただ触った感じはあまり良くなく、ざらついてしまうのがこの手法の残念なトコロ。

ツインテールですが、耳周りの「どの部分の髪の毛を後ろに持ってくるか」と言うのが細かく見えるのが良きです。
耳の造形は必要最低限といった感じ。

綺麗に分けられたツインテール。ピンクの髪色でツインテール・・・めっちゃ二次元キャラですな!だがそれが良い!
背中に背負ったリュックに被さらない様、ポージング含め上手く髪の毛が避けられています。

根本は塗装ガッツリ、真ん中から先っぽにかけてグラデがかかっていき、毛先は完全にクリアーです。
毛束がなかなか細かくてよろしい。最近のフィギュアは髪の毛に命を宿らせてあるというか、とにかく他のパーツに比べ髪の毛の造形に力を入れているイメージです。


躍動感ありますね。

制服のデザインはまぁ普通ですね。第一ボタンのみ外れています。
リボンのタイって良いよね・・・何か今っぽいし、スタイリッシュに見えます。露出は少なめです。

誇張が凄すぎるお胸まわり。デッカぁい!
二次元特有のやり過ぎオッパイじゃあなく、割とリアル感のある膨らみなのが良い・・・こんなに前に突き出ているのもポージングのせいだと言い聞かせレバ・・・無理?

制服のシワが・・・張った部分(胸)に向かって一直線なのが素晴らしい。みんな素直なんだねぇ。
下着が透けて見えているなどもありません。というかこれって少年誌に連載されている漫画?だったらそこまで誇張した表現は難しいと思うので合点がいきます。

E印のマグカップ。こんなデザインのマグカップ使えない・・・
EはもちろんエリカのE。別パーツになっているので、無理やり指の間に嵌め込みます。こちらも結構固かったので、破損させない様に注意が必要です。

中身は・・・コーヒー?躍動感に溢れています。ブラックか・・・?
半クリアパーツで見た目良きです。

結構マグカップデカいですね・・・こんなにコーヒー飲むのか・・・
二の腕部分にシャドーが入っているのですが、ちょっと爛れたみたいになっていて痛々しく見えるのが残念ですね。

何気に好きなのが、この制服の袖部分。隙間がある造形って好きなんですよねぇ。
この緩くダボっとした感じがたまりませんね!

手首結構ひん曲がっていますが大丈夫でしょうか?笑
爪先にはピンクのマニキュアが塗られています。このサイズにしてはちゃんとしている。


リュック。最近流行り?の小さいサイズのやつですね。ブランドものだったら危ないギャルだったぜ・・・(グッ○とかシャネ○とか)
でもこういう見た目のリュックを背負っている女子高生、結構いますよね。ちなみにマイケル・コー○の場合は地雷確定です。笑
マンハッタ○とかベン・デイ○ィスとかスラッ○ャーとかで良いのに!

フォルムやシワの入り方など、素材感が伝わってくるデザインですね。下手したら本体よりもクオリティ高いかもしれない・・・!
サイドにスタッズが付いてはいるものの、割とシンプルなデザインなのとショッキングじゃなく落ち着いたピンクカラーなのは良いですね。

ブワッと舞い上がったスカート。しかし残念・・・見えませんッ・・・!
こんなに短いのにね。意外とスカート短くても下着って見えないもんですよね〜

ちょっと前傾姿勢なので、お尻をクッと後ろに突き出しています。お胸はゴイスーでしたが、下半身はそこまで突飛した部分は無い様子。
スカートの質感が結構好きです。良い感じにグラデが入っていたりして。

太過ぎず細過ぎずなおみ足。しかしJKの生足は眩しいぜ!
太ももの付け根の部分がちょっと細くて、そこから太くなるのが良いですよね。マニアック過ぎますか、そうですか・・・

こちらも残念ポイントなのですが、またしても仕上げが雑な部分があります。写真では分かりにくいですが、太ももの真ん中あたりにパーティングラインのバリがガッツリ残っているんです。削れば問題ないでしょうけど・・・この仕上がりはねぇ〜残念ですね〜

後ろから、ベーシックな形、長さの白ソックスが眩しい!
膝裏にちゃんとシャドーが入っています。なかなかスタンダードなJKのおみ足をじっくり見る事なんてないですからね。

確か今はまたルーズソックスが流行っているんでしたっけ?時代は回るんですね・・・
私が学生の頃は、ルーズソックス全盛期を少し過ぎた辺りでした。少し上の世代のイメージですね。ソックスタッチとかあまり粘着力がなかったので、普通にスティックのりで留めていた気がするw

ローファーの塗装は悪くないのですが、造形にちょっと難あり。主にソール部分・・・ちょっと出っ張りすぎですね。
こちらは台座に斜め固定するイメージです。

特にこちらのソールが酷いですね・・・スリッパみたいになっとる!
ベースは良いのですが、仕上げやこう言う細かい部分の造形にちょっと不満があるのが残念ですねぇ。最近は一番くじのレベルもどんどん上がってきているので、完成品に負けないように頑張って欲しいものです。

台座には桜っぽい柄と、キャラクターの名前が刻印されています。

では皆さんお待ちかねの・・・白!

影のせいで薄いピンクっぽく見えますが、白です。こちらもバリがちょっと残っていたりして、少し残念な感じに・・・
ま、JKに白という鉄の掟を守ってくれたのには感謝ですな。

後ろから。かなりの小尻であるのが分かるかと思います。
だって太ももより小さいんだぜ?普通はお尻の方が圧倒的に大きいはずなのに・・・ただ、尻タブはちゃんとあるので安心してくださいね。








登校中のイメージ。この写真を撮影している時は思いませんでしたが、ちょっとセリアの背景に頼り過ぎですね・・・反省。
次のレビューからはもう少しバランスを考えたいと思います。





























大きさ比較、標準的な1/8サイズ程の大きさです。

以上でした〜
ファンの方的にはどうなんでしょうね?原作絵のフィギュアは中々絵柄的に難しいでしょうから、このアニメ寄りのフィギュアは結構良いんじゃあないかと思います、実際普通に可愛かったですし。

問題というか、残念だったのは仕上げと細かい部分の造形が雑だった事ですかね・・・特にバリ問題は自分で削れば良いとは言え、品質管理的な面で言えばあまり良くなかったと思います。それを気にしなければよく出来たフィギュアですよ。

先述しましたがヒロインはこの子だけではないので、このまま作品人気が続いて残り2人も立体化されると良いなぁ。
ファンの方には十分オススメで着るフィギュアだと思います!ラストワン賞は少し高いので、ほぼ変わらないA賞で十分かと。


Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram