フィギュアレン

好きなものを、好きなだけ。なフィギュアレビューサイト

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ プラフタ

アルターより「ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ プラフタ」のレビュー。


発売日:2022年1月
価格:19,580円(税込)
スケール:1/7(約13cm)
原型師:槙尾宗利
彩色:鉄森七方

箱表。アルターお得意のクリアーBOX仕様ですね。見た目的には申し訳ないですが、強度は高くない上に傷つきやすいので注意が必要です。

『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』より、錬金術の知識に長けた“プラフタ”を本を手に振り向くポーズで立体化。
特徴的な瞳は深みのある塗装で、語りかけるように小さく開いた口元が可愛らしい仕上がり。レオタード風のコスチュームは、柔らかそうな肌とのコントラストが眩しく、白を基調にしながらも青や紫の淡いシャドウ表現で透き通るような彩色が見所です。フリルや革ベルト、装飾品など複雑なパーツもしっかり再現され、クリアパーツを使用した艶のある髪や尻尾の先端のゼンマイキーが幻想的な雰囲気。
右手に持った古い本は、初めてソフィーと出会った時のプラフタの姿となっており、ゲームの世界観を演出します。(公式より引用)

箱裏。ちなみにこちらは再販品となります。

初版は2018年7月に発売され、約3年半の歳月をかけて再販されました。初版の出来はそれはそれは凄まじく、繊細な造形と塗装が反響を呼びましたね。長らくプレミア価格となっていましたが、再販を望む声が多かったのかこの度めでたくリリースされましたね!
かくいう私も、評判を聞いて欲しくなっていたので、これは嬉しい再販でした。

初版のレビューをされているサイトを何箇所か巡回しましたが、初版との大きな違いはなさそうですね〜。
直接見た感じだと、前髪がサンプルよりも短くなったかな〜恐らく個体差?金型の都合上、ちょっと形が変わったとか?

そこいらが気になる方は気になるかもしれないです。では、レッツレビュー!















こちらは両手パーツを交換した状態です。ちなみに交換する前の両手パーツは↓

こんな風になっており、この状態でブリスターに入っています。
差分は本を持っているか持っていないかの違いなので、ちょっと変なポーズに・・・WHY?的な。笑

なので、基本は本を持った状態でレビューしたいと思います!
説明書が付属。付属の本は手に接着されているのですが、強い力で持つと剥がれてしまう恐れがあります。
それを阻止する為に、接続の際は「手部分を持って」交換してくださいとの記載が。

お顔。これはふつくしい。。。プレ値がつくのも納得の出来ですな。
二次元キャラにありがちな「目が大きくて可愛さを強調した作り」じゃあ無いのが良いですよね。ゲームをプレイした事が無いのでキャラの事はよく分かりませんが、クール系?を思わせる表情ですね。

眠たそうな思い瞼からは想像もつかないくらい、キラッキラな瞳をしています。笑
アイプリントの精度もアルターらしく、とても高いっすな!

初版だと前髪が上瞼までかかっていたような気がしますが、再販分だとギリギリかからない程度になっています。
好みが分かれる部分ですが、幼さがUPするので私は許容範囲ですね。

目線は右なので、基本的に合わせて飾ってあげるのが吉。ポージングもそんな感じですし。
目の下にハイライト、うっすらチークが入っています。写真では鼻が目立たないので間伸びした表情に見えますが、実物はちゃんと立体的に見えるのでご安心を。

このフィギュアの見所その1、髪の毛の塗装!
全体的に塗装は良き配色ですが、特にこの髪の毛の発色が素晴らしい。見る角度によって微妙に変わったり、ベースは紫ですが白髪に見える箇所もあったりと、マジョーラを彷彿とさせるカラーリングですね。

頭頂部は寒色系ですが、前髪や後ろ髪など、下に降っていくにつれて暖色系も含まれていきます。
これってどうやって塗装しているんだろ・・・不思議でしゃーない。天晴れアルター。

シャギーの量やシャープな毛先の造形も言うこと無し。お顔とかよりもこの髪の毛の塗装に一番惚れ惚れしているかもしれない。。。笑

装飾品系は重厚感のあるゴールドで塗装されています。錆び?を思わせる表現は独特ですね。
中心から広がる緑の配色が少し浮いている気もしなくも無いですが、まぁこんなものかな?
両耳に取り付けられており、取り外しは不可。
こちらもシャープな造形で見応えあり。
後ろ髪部分はボブカット+段差ありの長髪となっており、二次元特有の髪型だなぁ〜といった感じ。コスプレしている人によく見かけますね、こういうウィッグ!

後ろで結われている部分は特に紐などなく、髪の毛だけです。この写真だけでも、光の当たり具合で髪の毛の発色が違うのが分かりますね。

うなじ大事!うなじ大事!

ショートカットにうなじは付き物。更に後ろ髪が結われているとなれば、これは覗くしかありませんね。
まぁこのプラフタは特にフェチポイントではありませんでしたが、ちゃんと確認しておかねば。

個人的に髪の毛の好きな部分は、このザンバラカットになっている後ろ髪部分ですね。毛先がバラバラにも関わらず、ちゃんと角度が付いていてサイドに行くほど長めになっていくのが最&高ですね〜(かなりフェチズム)。


つむじ。


眉毛は細ーいですが一応ありますね。瞼上のラインの表現が独特というか、ここはちょっと安っぽいかな〜(2本の線)と。
量産品なのであまり力を入れられない部分なのは分かるのですが、他の箇所が素晴らしいだけに変に浮いちゃっているというか・・・
あ、おちょぼ口かわゆいです。

とかく!手放しで褒めたい所だけど全面的にという訳じゃないよ!と言いたいのです。笑

レオタード風の衣装という事ですが、何ですかこれセクシーすぎませんか?
装飾品が至る所に散りばめられていますが、変に邪魔する事なく雰囲気の中にしっかり溶け込んでいるのが良いですよね。

細かい部分の塗装箇所も多いですが、はみ出しが無いのは流石です。アルターの技術を見せつけるかの様な緻密さですな!

緑の装飾品も普通の緑塗装ではなく、細かい黒の粒子?みたいなものが含まれていて重厚感があります。
細かい部分ですけど、質にこだわっているのが分かる部分ですね。

レース部分は基本的にクリアパーツで成型されています。その上から塗装されており、造形もしっかり楽しむ事ができます。


おっぱい!おっぱい!(封印された古の掛け声)

巨乳、という訳ではありませんが十分にボリュームがあります。というか巨乳か。とにかくカタチが良いですね。見事なお椀型。
そして先端がちゃんと尖っているのもポイント高いですね。写真では分かりにくいですが、先端部分はうっすらシャドーが入っておりイヤらしくならない程度に立体感が強調されています。

横乳!横乳!

このレオタードのデザインを考えた人、あなたは天才か。。。横乳とワキを同時に見せつけるこのデザイン、グッドデザイン賞を差し上げたい。。。

ちょっと引き締めた左腕部分も、横乳とワキはちゃんと見えますよ!
何ですかね、こんなにセクシーな衣装なのに何故か上品に見えるのは・・・カラーリングのおかげかな。

ヒジョーに見えづらくて申し訳ないですが、緑の装飾品の内側部分もちゃんと造形されています。

首元にはメガ粒子砲を発射出来そうな豪華な装飾品が。こちらもゲームをしていないので分かりかねますが、何かのコネクト部分だったりするのかね。
立体的な造形と緻密な塗装、ここだけ見てもフィギュア全体のクオリティが高いのが分かりますね。

アップで。ちょっと中心がズレてしまっているのが残念ですが、まぁ量産品なので致し方なし。

フリフリですね。小さい肩口が可愛らしい〜


この支え方でこの量の本を支えるのは無理があるのでは・・・?錬金術の力で支えているん?
実際にやろうとしたら、腕がプルプルして筋肉が浮かび上がっていそう。。。笑

爪には薄めのピンクカラーのマニキュアが。
こんなに大量の本を指先だけで支えてやがる・・・ッ!

二の腕のプニプニ感も見逃せないポイント。

小物類の造形・塗装も抜かり無し。
積み上げられた本は軽く、ヘタる心配は無さそうですね。

これは一体何て書いてあるのか。。。タンポ印刷で本の表紙もしっかり再現。

右手に持っている本は特に印刷が美しいですね。細かい部分まで模様が入っており、緑と金の組み合わせが上品〜!

本には付箋がびっちりと。。。間のページが少し開いているのも芸コマ(芸が細かい)ですな。

何と上部分にも付箋。横に付けられた付箋と使い分けられているのか・・・?

「教科書にマーカー引きまくり」「ノートをやたら綺麗にとる」「付箋がみっちり」この辺は実は勉強が出来ない、なーんてジンクスもありましたよね。笑

背表紙部分。

後ろ髪は右腕を伝って下に。。。表現力が高いですねぇ。
経年劣化でベタつくか少し心配ですが、まぁアルターなので心配ないかな?
こんな風に、台座までガッツリ伸びています。透明感のある塗装がふつくしい。。。
先端は巻き髪なのか、クルクルしています。

おへそ部分がうっすら透けて見えるのがセクスィー。。。こういう半透け表現、大好物でございます。
後ほど全体像で見ていきますが、右後ろに捻りが加えられたポージングになっています。公式ではレオタード以外にベストの記載がありますが、はてベストは一体どこへ・・・?

どうやって着たのか分からないくらい複雑なんですけど。笑
しかしベルトだったりフリルだったり、忙しい衣装ですな〜これは!

尻尾の先端はゼンマイキー?と言うらしいです。クリアパーツを使用しており、幻想的な雰囲気。
造形も非常にシャープネスで見栄え良し。

太ももが眩しいですな・・・お肌部分があまり見えませんが、それはまた後程。
装飾品がゴチャゴチャしていますが、それぞれ素材感が違っていて飽きさせません。

ニーハイもパール塗装になっており、高級感があります。洗濯するのが大変そうなデザインですけどね・・・笑
細かく入った金のライン塗装や、うっすら入った幾何学模様が絶妙なアクセントになっています。


背中部分にも前側と同じ緑の装飾品が繋がれており、こちらもクリアパーツが使用されています。
今更ですが、細かいパーツがヒジョーに多いので取り扱いには注意が必要かと。私は動かす際には頭を持ってやっていました。笑

ここからスーパーお背中タイム!
こんなに背中がガラ空きな衣装があっただろうか。。。うっすらシャドーが入っていたり、真ん中にラインがある辺り作り込まれている事が分かります。

先述した通り捻られているので、それに伴って背骨もグイッと左にねじれています。
こう言う身体の不思議を見られるのも、素肌ならではですね。

それにしてもこの細さ。。。体脂肪率凄そう。
レオタード衣装がぴっちり張り付いているのもフェチ度高めで良きですな。

と言うかほぼ前貼りみたいな感じで、ほとんど背中からお尻までノーガードなのが。。。
ありがとうございますありがとうございます!パールカラーのレオタードに負けない位、お美しい身体ですや。

トゥーシューズ(バレリーナが履く靴)みたいな形状ですね。裏側にはこれまた猫の肉球みたいな革張り。。。
細かい部分ですけどちゃんとペタンコ座りでガタついていないのもポイント高いです。

お尻お尻お尻ー!!
この食い込み、反則すぎやしませんか。この景色、桃源郷ですかい?隠す気がさらさら無いとしか思えませんねぇ!

尾てい骨部分の作り込みも完璧。ちょっと窪んだ部分の造形がそそりますねぇ(何を)。
尻尾の装飾は首の装飾品と同じく、金色で機械チックな仕上がり。

根本が細いので破損には注意ですね。尻尾は軟質パーツでは無いので、自由に動かせたりなどは出来ません。
本当、細かいパーツだらけで世話を焼かせてくれるぜぃ・・・

何かこう、覗き見しているみたいな罪悪感が・・・
お肌部分はもちろんスムーススキンです。

台座はクリアーブルーベースの周りに模様が配置されている仕様。支柱などは一切なく、プラフタ本体は台座に乗せるだけです。
この手のタイプは安定性に優れているのが特徴(大体お座りポーズなので、高さがなく安定している)。ただし足の角度などにバラつきがある場合はバランスが途端に悪くなってしまいます。

このプラフタに関しては、主に両膝が台座と設置します。
あまり動かしすぎると台座との摩擦が発生して汚れる可能性があるので、注意して飾る様にしましょう。

ニーソックス部分はベルトによって吊り上げられていて、芸コマですね。
バッテンで縫い合わせてあるのは、元々そういうデザインなのか、太ももが太くなって入りきらなくなり縫い合わせたのか。。。後者だとしたらより興奮しますねぇ。間から見えるお肌、昔だとここは塗装で表現されていましたね。

左足も同じく。

台座のプリントは青一色ではなく、何色か使用されているのが良いですね。ちょっとザラついた質感も雰囲気◉。

最後はスーパー股間タイム!こちらも細かい塗装や造形が目を見張りますが、何よりもデルタゾーンの破壊力が・・・

これはレオタードなんだこれはレオタードなんだこれはレオタードなんだ

決して下着じゃあないのにこの破壊力・・・素晴らしい以外に言う事無しですね。

更に背徳感を味わえる角度をご用意しました。もう見えちゃってるじゃん・・・
お尻と太ももの境目部分にうっすら段差があるのが、もう、分かってるぅ!このこのぉ!

憎いね・・・この角度

レオタードが意外に厚みあるんだなぁ〜とか思った今日この頃です。周りがゴールドのラインで覆われているのが唯一の救い(?)。
てか、このプラフタと同時に発売されたソフィーも揃えた人ってどれ位いるんだろう。
あちらもかなり良いデキだった覚えがありますが、2体で4万円ですからね。私は感覚がイカれているので普通だと思いますが、普段フィギュアを買わない方からしたら、高っか!!てなりますよ。笑

お尻とベルトの隙間がたまりませんねぇ〜〜〜
ここが四次元トンネルですか?

ちょっと無理をさせて背徳的なポージングに出来ます。
あぁ〜いかんいかん、こんな破廉恥なポージングは!当サイトは健全仕方がないのでこんな写真を載せてはいけないのですよ(?)

こんな箇所でもベルトの造形・塗装に抜かりはありません。
細すぎず太すぎず、絶妙な太さのお尻周りをしっかりガード・・・出来ていねぇ!

では残り適当に何枚か〜














今回初めて使用したこちらの背景紙、なんとセリアで購入したものになります。つまりは110円!やっすい!

実物は流石にちゃちいですが、こうして写真でフィルターをかけると全然そんな風に見えないのがゴイスー。プラふたのゴージャスな雰囲気にもピッタリだし、これからも他のフィギュアに使用していこうと思います。お気に入り!

















こちらもセリアで購入した背景紙。プラフタのカラーリングや雰囲気的にこちらの方が合っているかな?
流石セリア、俺たちオタクの欲する物をすぐに用意してくれる、そこにシビれる、憧れるぅ!





アクロバット錬金術。良い眺めじゃ・・・














大きさ比較。スケールは1/7ですが、お座りポージングなのでかなりコンパクトに纏まっています。


初版の時から評価は素晴らしかったですが、こうして手に取ってみると納得の出来でしたね。
繊細な造形はもちろん、特に素晴らしいと思ったのは塗装。クリアパーツにはクリアパーツの、装飾部には装飾部に合った塗装方法が使用されており、造形物として単純にレベルが高いと感じました。

単純に見えつつも腰を捻ったポージングに身体の美しさを感じ、所持している喜びを与えてくれます。
難点は、繊細すぎるゆえ取り扱いに注意しないといけない点くらいですかね。作品が人を選ぶゲームなのでキャラクターの知名度は低いですが、アルターの造形と塗装版すが遺憾無く発揮されているアイテムかと。

フィギュア好きとしては是非押さえておきたいアイテムですね。オススメです!



Amazonで購入する

0

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram