フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース Grandista-DIO-

バンプレストより「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース Grandista-DIO-」のレビュー。

発売日:2020年12月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約27cm)


何とDIO様がgrandistaに降臨ッ!!
いいじゃあないか・・・ディ・モールト・ベネ。

という事で、このサイズでDIO様が立体化されるのはRAH以来じゃないでしょうか?
ジョジョのgrandistaシリーズは結構出ていますが、どれもなかなかしっくり来ないんですよね、、、原因は明らかで、荒木センセの絵柄が時代と共に変わりすぎなんですよね。笑

人間賛歌をテーマにしているジョジョは、時代とともにデザインも移り変わっていきます。最近のジョジョのキャラは全員細くてキラキラしています。grandistaもちょっとそういう傾向があるんですよね〜

しかしそんな中でもこのDIO様は、かなり原作に寄せてきた造形でテラカッコヨス・・・だったので今回入手してみました。























狂気に満ちた表情ながらも、カリスマ性を感じさせる自信満々の表情がベネですね!これは完全に人間を辞めている顔ですわ。

どことなく顔のパーツが整いすぎていてイケメンすぎるのがたまにキズですが、基本的にはしっかりとDIO様していると思います。


アイプリントは流石にプライズの限界ですかね。ちょっと簡素的ですが十分雰囲気は出ているかと。塗装のはみ出しもありませんし。

眉毛と眉間の造形が非常に特徴的で、かつてここまで眉間に皺が寄っているフィギュアはあったでしょうか。掘りが深すぎる!笑


目線は正面なので、どの角度から見ても印象は似た感じです。
眉毛の先端がU字型になっているのがポイント。


鼻も半端なく高く、整形したの?ってくらい角張っています。笑
鼻の穴までバッチリ造形されていますが、この造形にしっかり溶け込んでいるのがすごいですね。

ジョジョにしては少し唇の厚みが足りない気もしますが、塗装がしっかり色分けされており好印象。歯はしっかり尖っており、吸血鬼である事をしっかりアピールしているのは素晴らしい造形。


耳には小さいですがピアスあり。もみあげ部分の造形も手抜きなし。


髪色はDIO様のイメージカラーであるイエローではなく、クリームがかった緑色をしています。若干黄色味が強めですが、どちらかと言えば緑ですね。

そもそもジョジョのキャラクターって荒木センセの気分でカラーリングが変わるから、、、正解みたいなものはないんですけどね、、、ただやっぱりDIO様といえば黄色味が強いイメージですねぇ。


ナンバリングが第3部なので、基本的に3部の衣装になっています。こんなマント着ていたかな、、、すみません記憶が曖昧で

腕組みのポージングは自然ですね。これだけムキムキなDIO様ですから、一般的な腕組みをしようとしても大胸筋のせいでしっかり腕組みできません。あと上に来る。


腕輪の部分にバリがちょっと目立ちますね。金色は発色が重めでいい感じ。
あとさりげなくですが、組んだ腕の握り拳の造形が良い!


マントの造形は良いですが、成形色なので安っぽさは拭えませんね。ちょっとグラデがあるだけで印象がガラって変わりそうなので、出来る人はチャレンジして見てもいいかもね!





そしてこの見事なお腹周りの筋肉、さすがDIO様、そこに痺れる、憧れるぅ!
黒のボディスーツがピッタリ肌に張り付いて、腹筋の形がモロに分かるくらいになっています。


腹直筋に造形も流石ですね。情報量がこれ以上多いとくどく感じますが、ギリギリのラインを攻めている感じがしますね。良いですよ〜この攻め具合。


ちなみにこのDIO様、手に入れた時は組み立て式で上半身よ下半身が分かれていました。
そして問題が発生!上半身と下半身がハマらない、、、

どう頑張っても途中から挿さっていかないんですよね。ドライヤーで温めても全く意味がなかったので、無理矢理ジョイント部分をカッターで削ってみました。かなり削った気もしますが、冬場な事を考えても全体ちゃんとハマっている人は少ないはず!笑


造形は非常にベネなのですが、バリが結構の残っていたり、前述の腰のハマりがよくなかったりと、何かと他の部分で残念な所が多いですね。。。基本は全て成形色ですし。

DIO様の衣装には、やたらハートがモチーフで入っているのも特徴の一つです。


ジョジョ立ちを再現した足の角度ッ!すなわち腰のうねりッ!!

太ももの絶妙な角度、そしてズボンのシワによる影の落とし方が素晴らしい。最低限のシワ数でしっかりと存在感を際立たせています。


筋肉質らしく引き締まった足回り。膝の部分にはまたしてもハートが。
お尻部分の膨らんだ造形が良いですねぇ。やっぱりジョジョはこういう不自然な膨らみがないと。笑


靴はゴージャスな金色です、塗りムラがありますがプライズなので致し方なし。
こういう先っぽの尖った細めの靴ってよくありますが、どういう素材でできているんでしょうね。まさか金属?履くのめっちゃ大変なんだろうな。。。


ちなみに黄色の補助台座が付属しています。今回は使わずに撮影しており、なくても自立は一応可能です。

しかし、かなり重量があるのと足の細さのせいで安定はしていないので飾る場合は補助台座が必須になってくるかと思われます。


内腿部分のシワがなかなか物凄い事に!
成形色なのが全体的に勿体無いですね。墨入れと言うか、もう少し重厚感のあるカラーリングだと完成品として全然売れるレベルではないでしょうか?


DIO様のお尻。。。ファンサービスです。
期待に反して、全くと言って良いほど強調されていないのが少し残念。笑


そして一応こちらも。。。
こちらも期待に反してあまりもっこりしていません。ベジータのタイツ並みにもっこりしていても良かったのに!


「貧弱!貧弱ゥ!!」


「WRYYYYYーーーッ」





下半身だけでもカリスマ性を感じる立ち方。





「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」

この名言は痺れましたね。後年まで残しておきたいDIO様のありがたき名言。








「歩道が空いているではないか 行け」

こちらもなかなかインパクトのあるセリフでしたね。笑


大きさ比較。さすがgrandistaシリーズ、かなりの大きさです。恐らくですが1/7スケールくらいはあるのでは?体勢もあるので1/6くらいかも・・・

と言う事で素晴らしきDIO様のフィギュアでした。プライズのDIO様の中では1番の出来でしょうね(過去に全塗装のDIO様が出ていましたが、あれはかなり塗装が残念でした)。

ボリューム・造形共に非常に満足できる出来。唯一残念なのは成形色が多く安っぽく見えがちな所ですかね。しかしそれ以上に満足感の方が大きいのでOKと言う事で。

ジョジョの絵柄は時代と共に移り変わるので、個々の中でそれぞれのDIO様像があるかと思いますが、これはアニメ基準の造形ですのでそちらが気にいる方には全力でオススメです。これにはヴァニラアイスもニッコリな出来。

Amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2021 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram