フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

ワンピース DXF THE GRANDLINE MEN ONE PIECE FILM GOLD vol.4 サンジ

バンプレストより「ワンピース DXF THE GRANDLINE MEN ONE PIECE FILM GOLD vol.4 サンジ」のレビュー。

発売日:2016年8月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約18cm)
原型師:山口範友樹


映画「ONE PIECE FILM GOLD」での衣装に身を包んだサンジです。
個人的にワンピースの中ではサンジが好きなキャラなのですが、どうも初期のサンジが好きでして。。。ヒゲのデザインとか、服装とか(青のシャツに黒スーツが良い)。

映画のワンピースキャラは、結構その時々で衣装が変わります。このGOLDでは全員が黒主体のシックな服装で格好良いんですよ!
原型師はワンピースのプライズでお馴染みの山口氏。

















渋い!渋すぎる表情のサンジ。。。!
結構原型師のクセが入っていると思うのですが、格好良い方にシフトしていて個人的に好きです。

正面を向いていないので、目線に合わせてあげるとシビれるくらいに格好良い。


この角度!たまらんぜぃ。特徴的な眉毛もしっかり再現。
垂れ目なところもサンジらしく、落ち着いた大人の雰囲気が漂っています。


髪の毛の造形が細かいですね。好みの造形!
山口の造形はヒロアカの時もそうでしたが、とにかくシックで細かい。それがワンピースのキャラだと絵柄的に厳しかったりするのですが、上手いこと融合している気がするんですよね。


ちなみに、隠れている右目の部分もしっかりとプリントされています。
髭プリント感は仕方ない部分かな。フィギュアだとどうしてもね。。。


胸元が大きく開いた皮のスーツ。胸板がしっかり分厚いのもセクシーポイント。
首筋のフェチ度もなかなかのもの!


左手に添えられたタバコ。結構長めで、取り外しは不可です。


この指の手つきというか、造形がすごく良い。。。
微妙な指の角度がセクシィー!


こスーツ、黒一色かと思いきや青みがかっているんですよね。
激シブです。プライズとは思えないほどのグラデーション具合。


全身がタイトな作りになっており、ボディラインがはっきりとわかりますね。
全身そうですが、服のシワにもこだわりが詰まっていて良いですね〜


背中。決して大きくはありませんが、漢の生き様を物語っているような気がします。


全身黒色ですが、こういう小物の青のカラーリングが際立っていて良いですよね。
ベルトの形はいかにもサンジっぽい、ちょっとごつ目の造形。


ちょっとシルバー部分の塗装が粗かったのが残念。ま、雰囲気雰囲気。。。


下半身はめちゃくちゃ細いです。膝当ての部分があるって結構珍しいですよね?
ズボンのシワにもこだわりが感じられ、光の当て方によって変化する青の発色がこれまた良いんですよ〜!


ブーツはテカテカ。台座はグラメン共通のシンプルな黒の円座。

















大きさ比較。一番残念なのは大きさ。1/10くらいの大きさなのでボリュームが。。。

この造形であれば、ぜひ1/8くらいのスケールで作ってもらいたかった。それくらい素晴らしい造形でした。もちろん通常衣装ではないのでちょっと特殊なのですが、それにしてもこのサンジは激シブなのでオススメです。

残念な部分は大きさくらいで、造形と塗装、全体の雰囲気はとてもオススメ。同シリーズの他キャラは持っていませんが、集めて飾るとより楽しいですよ〜

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram