フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

魔法少女アイ2 リン

株式会社a-brandより「魔法少女アイ2 リン」のレビュー。

発売日:2004年7月
価格:10,780円(税込)
スケール:1/8(約13cm)
原型師:ちょろすけ(a-brand)



基本的な情報は、前回レビューした「魔法少女アイ2 アイ」と同じです。メーカー、原型師も同じ。違うのはポージングの都合で大きさとスペースくらい?台座の仕様も同じ。

元絵は初回限定版の絵柄です。もともとアイとセットの絵の為、このリンを合わせる事で完成する作品という気がしますね。
























お顔。肌の色の悪さもアイと同じですねw
やたら黄色いです。リンは「アイ2」からの登場ですが、wikiによると最終的にものすごく悲惨なルートを歩むらしいですね。。。

元絵と比べると、イラストレーターの癖があまり出ておらず、アイと比べると原型師のアレンジが強めに出ていると思います。これはこれで可愛いけど、ファンからしたら物足りないかも?



目線は左斜め上。ポージングの都合上、あまり大体的にお顔は見えませんね。
鼻の下と口の間隔がちょっと狭いかな〜アイプリントはアイと比べるとかなり綺麗に収まりましたね!

アイの時の様に荒々しくオリジナリティを追求したアイプリントも良いけど、小綺麗にまとまったリンのアイプリントも好きです。というか筆塗りでここまで正確に塗装ができる技術が欲しい。。。



見る角度によっては顎が若干不自然に見えますね。現代人は顎が細いとよく言いますが、それがイケメンになるとは限らないのだよ!(嫉妬)



髪の毛はアイが割とショートヘアーだったのに対し、ロングヘアーになっています。
グラデはそこまで大きく入っていなく、根元が若干暗めなブラウンになっているくらいですかね〜


流石のコールドキャスト、髪の毛一つでもやたらとんがっています。


アイに次ぐ魔法少女、基本的な服装のデザインはアイと同じです。大きく違うのはカラーリング。アイのカラーベースが青だったのに対し、リンは赤となっています。

考えたらカラーリングの対比やキャラの見た目(何となくだけど)、性格などの違いが新世紀エヴァンゲリオンを彷彿とさせますね。そうです、まさしくレイとアスカですw



アイも貧乳の設定でしたが、リンはさらにその上をいく程の「貧」です。笑
ま、このフィギュアでは胴体バランスが非常にスレンダーな為、貧乳でもそこまで気にならないのが救いですなぁ。



アイと同じく、若干パールめいたカラーリングになっています。テッカテカです。
それに対してインナーの黒はマットになっており、質感の対比が面白い。


腕がめっちゃ長いな〜〜
こちらもアイと同じデザイン。爪の造形はありません。


アイと比べると、ワキの造形が若干弱い為フェチ度が低め。ただデザインは好きなので全然OK!

アイが割と派手な紫や金のカラーリングを取り入れていただけあり、こちらのリンはどこか地味に見えてしまいます。しかしこのカラーリング。。。ロックマンシリーズのゼロを思い出してしまったのは私だけでしょうかw



背中。


武器はアイが長尺ものだったのに対し、リンは短めの剣です。
デザイン的には双剣?を合わせた様な刃先。柄の部分はアイと同じで魔法少女らしいデザインとなっています。



表裏でデザインが微妙に違います。


リンのリボンも接着剤で固定するのですが、こちらはあまり上手くいかなかった。。。
具体的に言うと、接着力不足で固定が難しかったです。これは双剣の部分で何とか支えていますw


台座の仕様はアイと同じでクリアベース。このアクリル板のズシっとした重みがたまりませんなぁ。。。ポージングの大きさに合わせてあるのも省スペースでGOOD。



片足膝立ちのポージング。大きく強調はされていませんが、ニーソの膝のギュッと曲がった造形が良いですな!あと、黒は黒でも少しパールが買った黒なのも上品さが感じられます。


アイと同じく、下半身も非常にスレンダー。でもどことなくアイよりも太めかな?


下着はこんな感じ、、、ま、レオタードですな。そこまで「うおおっ!」と言う気持ちはありませんが、お尻と太ももの太ましさの違いが結構セクシーだったります。ムフフ。。。





















アイと並べてみました。うーん、良い!
それぞれでも華がありますが、2体揃えて飾る事で一気に見栄えが良くなりますね。








大きさもほとんど同じ。スケールが一緒なので当然ですが。このシリーズ、もう1人の魔法少女メグも立体化されているのですが、そちらは人気がないのか完成品としては出ていないんですよね〜ガレージキット版では出ているんですが。

まぁメグはパッケージにいなかったし一緒に並べるのは難しそうなので良いのですが、、、アイのフィギュアが立体化される事はもう無いんだろうなぁ。



大きさ比較。立ち膝姿で縦には小さいですが、横には割と大きいかも。

と言う訳で、魔法少女リンでした。これはぜひアイと一緒に飾って欲しいフィギュアですね。
珍しさもありますが、コールドキャストの完成品っていいですよね!何かやはり価格の事もありますが、持っている満足感が違います。割と絵柄に忠実なのも高ポイント。

難点は手に入れにくい事、原型師の顔のアレンジが好みが分かれる事、かなぁ。あとはコールドキャストなのでくれぐれも破損にはご注意をw

amazonで購入する(ゲーム)
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram