フィギュアレン

FF外から失礼するフィギュアレビューサイト

黒執事 Book of the Atlantic スペシャルフィギュア -セバスチャン・ミカエリス-

フリューより「黒執事 BOOK OF THE ATLANTIC スペシャルフィギュア -セバスチャン・ミカエリス-」のレビュー。

発売日:2019年10月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約22cm)


前回レビューしたシエルに引き続き、「悪魔で執事」のセバスチャンが登場。シエルは椅子に座った形で台座無しで飾る事ができましたが、セバスチャンは通常の台座が付属しています。

ちなみに市場価格ではセバスチャンよりもシエルの方が高値で取引されています。まぁシエルの方が豪華だしね。。。笑




















お顔。かなりアッサリした造形ですが、特徴は上手く捉えた造形ではないかと。そう考えるとプライズ向きな顔ですねw

肌の色が原作顔負けな程に白いです。生気を感じないレベルの白さ。


切れ長の流し目。これはイケメン。。。!
髪の毛の造形は若干ダル目ですが、遠目で見る分にはまだ問題ないかな。

基本の配色が黒と白が中心なので、どうしても安っぽく見えてしますのが残念な所。スケールフィギュアでも同じ事が言えるのですが。。。


目線のせいか、別角度で見ると若干違和感がありますね。笑
色白にオレンジの墨入れってスクエニ方式やないかい!


前髪の長さに対して、後ろは短めに。。。


執事らしく、綺麗に纏ったタキシードスーツ。
襟元ってこんな風になっていたんですね。もっと大きい襟がついていると思っていました。

ベストの色が黒ではなく濃紫なのがポイント。造形としてはわりと普通な部分。


ブローチの造形が若干ダル目かな〜


懐中時計と繋がっている?チェーンもしっかりあります。
よく見るとスーツにもモールドが入っているので間延びしない造形になっています。


ティーポットとカップ。カップには紅茶が注がれています。
これを乗せたお盆を片手で余裕で支えているのがすごいんですが。。。笑

ちなみにそれぞれは接着されており、取り外しは不可。そう言えば昔スクエニから黒執事のティーセットみたいなミニトレーディングフィギュアが出ていましたね。。。


しかも摩擦が少ない手袋で!私が持ったとしたら秒で滑らしてドンガラガッシャーンしてしまう自信がありますw


意外と腕周りはガッシリしているんですねぇ。





下半身もシックなスーツで決まっています。
ベルトの造形もあるとなお良かったかなぁ。


今回、一番気に入ったのは「靴の造形」です。
リアルな光沢と造形の渋さが光る名パーツだと思いますよこの部分は!
靴フェチではないですが、ちょっと興奮しましたね、ええ。


台座もシックに黒ベースに銀の縁取り、中心部にはセバスチャンの名前が入っています。

高さは少しありますが、これくらいの大きさだと飾るのに非常にコンパクトなのがGoodですよ〜


横からもう一枚。


セバスチャンはモノクロがよく似合うなぁ。











シエルの方に封入されている台座を使用すると、セバスチャンと一緒に飾る事ができます。これは嬉しいですねぇ。

若干台座は大きくなりスペースは取るのですが、2体揃えて飾る事が出来るので満足感がかなりありますよ!もちろん、どちらか1体でも普通に飾る事が出来ます。


シエルは台座に置いているだけ、セバスチャンにはダボがあるので、所定の位置でセットする様になっています。





主従関係ですが、そうとも言えないのが黒執事の魅力。。。漫画のペースはなかなか遅いですが、気長に完結まで楽しみにしていますよ〜!


大きさ比較。

セバスチャンの出来はスタンダードでしたが、このセバスチャン最大の特徴は「シエルと合わせて飾る事が出来る」事ですかね。

もちろんセバスだけでもいいのですが、ぜひシエルも揃えて同じ台座で飾って下さい。プライズながらも、スケールさながらの満足感を得る事が出来るはず。。。!

と言う訳で是非オススメです。出来れば続いてグレルや葬儀屋も出て欲しいですが。。。無理だろうなぁ。笑

amazonで購入する
0

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram