〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

FINAL FANTASY VII POTION WITH TRADING ARTS MINI 後編

スクウェア・エニックスより「FINAL FANTASY VII POTION with TRADING ARTS Mini」のレビュー。

発売日:2007年11月
価格:934円(税込)
スケール:NONスケール(約9cm)



ハイ、と言う訳で後編です。ポーション缶と前半フィギュア4種のレビューはこちらから→「FINAL FANTASY VII POTION WITH TRADING ARTS MINI 前編

まずはBC FF7よりレノ&ルード。
レノはプレイアーツで過去に発売されましたが、ルードの立体化は2020年現在もこれしかありません。何て人気がないんだ。。。しかもBC時代のだし!笑



他のフィギュアと比べると2体セットでお得感がありますね!
その分、台座はシンプルですね。





DC FF7よりヴィンセント・バレンタイン

ヴィンセントはナンバリングからほとんど見た目が変わりませんね。。。強いて言えばボロボロになって行くだけかも。笑

マントと台座も相まって中々のボリューム。やたら組み立てに時間がかかりましたね。。。


ちなみにDCのゲーム内容は、ガンアクション。普段RPGを得意とするスクエニ、まともなガンアクションゲームになるハズがなかった。。。w

動きにやたらクセがあり、私は中盤で挫折してしまいました。ステータス画面や画質はやたらスタイリッシュだったのは覚えています。笑





FF7 ACよりクラウド・ストライフ

真打AC版クラウド。これを目当てに購入する人も多かったのでは?
合体剣を全て装備しており、非常にゴージャス感溢れる仕上がりになっています。


そう言えばKHのチェスピースコレクションのクラウドも、いまだに高値で取引されていますよね。あれも他のチェスピースと比べると格段に高いので、やっぱりクラウド人気はすごいんだなぁと。


このゴテゴテ感。。。嫌いじゃないぜ!
ちなみにアソート率は一律だったと思うので、まぁ一発で引き当てた人もいたんじゃないですかね?


合体剣のパーツは、ホルダーにセットしてあり全部で1つのパーツになっています。


FF7 ACよりセフィロス

またまた真打登場。こちらもこちらで物凄いボリューム。。。縦に長かったり横に長かったり。

片足立ちでバランスが悪いと思いきや、右側の黒い羽と左側の正宗のおかげでやたらバランスが良い!w


ちなみに正宗はフニャフニャでした。お湯に戻すのも面倒だったのでそのままにしてあります。笑


セフィロスだけいっつも正宗が長いから画角に収めるのに苦労する。。。


見る角度によってはほとんど羽しか見えないところも。


細かく見ていきましょ〜

まずはレノ。クッソ生意気な表情がいいですね〜BC時代なのでナンバリング版よりより若いですね。
元々細目だからか?そこまでアイプリントも気にならないのがgood!


レノの目の下の赤のペイント?って一体何なんでしょうね。笑
歌舞伎で言う隈取りみたいなものかな?もしくはラグビーとかでよくやっている自分を鼓舞する為のやつ?

チョロっと舌を出した表情も実にレノ。


大きく開いた胸元と、着崩したスーツ。ここはリメイク版でも完全再現でしたね。笑


レノの武器、ロッド。しかし普通のロッドではなく、ここから魔法や雷が飛び出たりする。どう言う仕組みなんだ。。。

普通に考えてロッドって弱くね?と思いましたが、遠距離にも対応できるミラクル武器だったので実際戦った時に「オイ!」ってなったのを覚えていますw

見逃してやるぞ・・・っと


かなりギュイーンと背筋を逸らしたポージング。スリムですなぁ。


ルードはナンバリング版と比べると随分若いですね。ヒゲがないからでしょうか。

まぁサングラスがないと単なるハゲなので、何の特徴もなくなってしまうのが。。。あ、ピアスは開いてますけど。


BC版なのでナンバリング版と比べると、ピアスの数も少ないです。
レノと比べると、カッチリスーツを着こなしており、大人の雰囲気がまだ漂う雰囲気。


武器はなく、主に自身の体術を用いて戦う模様。いやー体術かー!って当時は思っていました。笑

しかし意外と回復魔法を使ったり、イリーナがいないところでティファが好みと言ったり、バーで飲んでいたり、その共通点がハゲだったり、なかなか憎めないキャラだったりします。


左がレノ、右がルード。レノの方が足がホッソリしていて、差別化されているのがいいですね!靴は2人とも非常にシンプル。


ビフォアクライシスのプレート入り。


ヴィンちゃんのお顔アップ。まぁまだマシかな。。。神羅屋敷で眠りすぎていたのか、半目で死にかけの目をしています。

ヴィンちゃんの場合、マントで顔の顎部分が隠れるのが救いです。後は長髪なのでその辺りも隠れる。バンダナも巻いていますし。


全体的にそうですが、スクエニのフィギュアの顔って元は悪くないんですよね。ただ塗装が悪いと言うか。。。プレイアーツ改とか見ていると本当にそんなパターンが多い。

リペイント職人とかめっちゃ憧れますね!一種の生業として稼いでいけるだろうなぁ、需要ありそうだし。


マント部分。シャドーが大きく入っており、造形・塗装共に気合が入っていますな。


マントの下は真っ黒のピッチリボディスーツ。ベルトがやたら多いのはカッコいいキャラのお約束!w


武器のケルベロス。チェーンが付いていないのはミス?造形が細かいだけに勿体ないですねぇ。
セフィロスの刀みたいにフニャっていないので、見栄えも良いです。





墨入れが細かい部分まで施されています。


この足の装甲部分、ここまでしっかり曲がるんだ。笑


台座のケルベロスもやたら気合の入った造形。汚し塗装もしっかりマッチしています。


右膝が地味に付いていない!w


ヴィンセントも今まで沢山立体化されてきましたが、タークス時代のものはトレアツ2のシークレットしかありません。ぜひあちらも地味ですがプレイアーツ化をして欲しいものです。



ボロボロマント。


ACクラウド君、こんなにツリ目だったっけ。。。?w
左右で目の角度が違うからか、ちょっと歪んで見えますね。残念ながら遠目で雰囲気を楽しみましょう。。。


左目の下に汚れが。泣きボクロみたいでちょっとセクシー。笑
髪の毛もちょっとダル目。。。まぁまだこのトレアツミニの中では頑張っている方かなぁ。


髪の毛に隠れていて、ピアスの造形はないっぽいですね。


後ろにかけてツンツンチョコボヘアー。
ナンバリング版はツルッツルでしたが、こちらはちゃんとトゲトゲしていてよろしい。


あ、この角度だと表情も結構いい感じかも。めっちゃ怒っているみたいだけど。笑

胴体がほど位のか、肩周りがゴツいのか、見事な逆三角形ボディ。ノースリーブニットがここまで似合うキャラクターも珍しい。。。


肩パッドのクラウディウルフが、ゾンビみたいな顔になっちゃっていますw


合体剣その1。まぁメイン武器ですね。
造形、塗装共にかなりハイレベルです。取り外しできないのが少し残念。


合体剣その2。こちらはかなり短め。後ろに同じ形のものがもう1本あります。


合体剣その他。なんかもうゴチャゴチャしすぎてもうね。。。笑
こんだけ背負ってたら速攻で腰痛になりそう。そしてこれを支えているホルダーの強度もどうなってんだって感じですね。


プレートにはアドベントチルドレンの文字が。


結構なキャラが台座との接続が固かったです。


台座のイメージは廃墟?メタリック塗装の瓦礫が転がっています。


英雄様フェイスアップ。相変わらず輪郭がよー分からん!w
顔はジェノバ・プロジェクトが進行しすぎたせいか、生気が全くないお顔になっています。


前髪の角ばり具合が足りないっ。。。!


ACクラウドもセフィロスも生気がなさすぎて、お互い「誰だこいつ・・・?」みたいな顔になっているのが面白いですね。笑


セフィロスのボディの造形が一番今回いいかもしれません。
ベルトの細かい塗装部分までしっかり色分けされています。後はコート部分のシワ造形は絶妙!


下半身にかけてのラインも素晴らしい。曲げた膝部分の絶妙な太さも。


正宗は当然別パーツなのですが、なんだこのカラーリングはぁぁ!?
こんなキッパリした青と金のカラーリングじゃなねぇだろおお!

この塗装のせいでやたら正宗だけ浮いて見えるのが残念です。ボディの完成度が素晴らしいだけに余計ね。。。


もはや恒例の本体より長い正宗。
前述した通りフニャフニャなので、お湯で戻してあげることをオススメします。


毎回トリートメント1本を使い切る、美しい長髪。うっすらパールがかっており、なかなか見所がある部分ですね〜


そして片翼の堕天使。この羽、かなり重めなのですが造形、塗装共にハイレベルなんですよねぇ。。。


先にかけて薄くなって行くのもかなりリアル。
ある意味ACクラウドよりも当たりの部類かもしれません。造形的に。





見事なフラミンゴ立ちです英雄様。


台座はACクラウドと共通な様です。


そろそろ違うポーズで立体化を。。。


ティファ、よく見たら足の色が変ですね。変色しやすいのかな〜


CCカップル。エアリスには悪いけど、ザックスって絶対女遊び激しすぎると思うんだよなぁ。気が強い2人だからこそ上手く行く未来が見えない。。。笑


ちょっとシックにモノクロ風。


リメイクでの活躍も期待してるぞ・・・っと。


ヴィンセント、狙撃の構え。


ケルベロスの上から見下ろす。


ババーーン

超巨大兵器 クラウド!


「思い出の中でじっとしていてくれ」


キービジュアル風に。


個人的に今回の当たりはセフィロスかなぁ。顔と正宗はあれですけど、トータルの造形美とボリュームのバランスが高レベル。











大きさ比較。

以上、前後編に分けましたがポーションとトレアツミニのレビューでした。
10年以上前のフィギュアですが、スクエニの中ではまだまとまった出来だったのかと思いました。まぁ販売形態が特殊だったのと、ポーションが付くとはいえ一つ900円超えと言うのは、現在のスクエニからしても通ずるものがありましたね。笑

スクエニのフィギュアは時間が経つとプレミア化する傾向があり、こちらもフルセットだとやたら高騰しています。オススメはセフィロスとACクラウドですが、好きなキャラだけをつまむのも全然アリだと思います!

またリメイクが出た時に同じ様に発売してくれないかなぁ。。(チラッチラッ

amazonで購入する
1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram