〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

SKYTREE in MIDGAR FINAL FANTASY VII REMAKE レポート

東京スカイツリーで2/6~4/22まで開催中の「SKYTREE in MIDGAR FINAL FANTASY VII REMAKE」に行ってきました。

主に建物内で展示されている、3月に発売の「FF7 リメイクくじ」の写真レポートになりますが、展示物についてはネタバレになりますので注意してください。



私が行った時はこの様に超がつくほどの曇天でしたw
おかげで日曜日にも関わらず滅茶苦茶空いていました。まぁ外の景色が今回のお目当てではなかったのでOK!

スカイツリーは展望部分が有料(4Fより上)ですが、周辺や3Fまでのショップでも十分に楽しめるのが良いですね。普通に買い物でも寄り道できるレベル。

ではここから下の写真は、有料スペースのもの(天望回廊、天望デッキ)になりますので、ネタバレしたくない方はブラウザバックでお戻りください〜











展望デッキから天望回廊へ向かうエレベーターは、コラボ仕様になっています。エレベーターの中はFF7の戦闘BGMが流れており、これだけでテンションが上がってしまいました!

スカイツリーの中のスタッフの方も、今日は日曜日だからか沢山いましたが暇そうにされてましたねw



天望回廊のフロアに到着すると、まず目に入ってくるのがコチラのフォトスポット。展望回廊自体はFF7リメイクコラボ一色という訳でもなく、常設の撮影スポットもありました。

別途有料のツーショット撮影はしませんでしたwバスターソードを持てるのは魅力的ですがちょっと高すぎ。。。



順路を進むと、FF7の今までのシリーズ作品を時系列順で遡れる展示が。

まずは物語の始まりのクライシスコア。天望回廊をぐるぐると歩いて行きます。


次にこちらもナンバリングが始まるまでの物語。

ビフォアクライシス。こちらは当時携帯アプリでのリリースだった為、なかなかプレイした事のある方は少なかったのでは?



この絵柄が地味に結構好きで。笑

タークスやメインメンバーの見た目はほとんど変わりませんが、ユフィだけがやけに幼い!

ちなみにビフォアクライシス、及びクライシスコアで私のお気に入りキャラはシスネです。ザックスファンクラブ第一号のシスネの本名は一体何だったのか。。。



そしてナンバリングへ。


その後は皆さんお馴染みのアドベントチルドレン。当時ゲームではなく映像作品というのが割と衝撃的で。この頃は携帯とコラボしたりとFFの様々は試みが行われていましたね。


で、その後の物語のダージュオブケルベロス。通称DC。
こちらは当時プレイしていましたが、操作がなかなか特殊で難しかった覚えがあります。

主人公がヴィンセントですが、ジャンプできずにロール動作ばかりしていたのを覚えていますw



そして今回のFF7リメイクへ。つくづく思いますが、FF8でもやってくれ。。。ないか。ナンバリングくらいしか展開していないもんなぁ。


時系列を見た後は、今回のリメイクのメインキャラクターが紹介されています。

まずは主人公のクラウド。下に消化器があるのがシュール。。。


次にエアリス。ここがティファじゃなくてエアリスというのが、どちらがメインヒロインかはっきりした様な。。。笑


次にバレット。バレットスリムになったなぁ。。。


ティファ。非常口ランプがピカピカ光る。
腹筋萌えですわこれは!ニーハイに賛否両論ですが、私は特に気にならないのでありだと思います〜


レッドXII。こんな犬がいたら怖すぎますね。笑


レッド13の後は、まさかのツォン!

なぜツォン。。。そこはルーファウスじゃないのか。ミッドガル脱出までだから、確か社長はまだ出てこないのかな?


レノ。改めて見るとすごい服装の崩し方だなぁ。


ルード。何気にティファに惚れている模様。笑


勿論最後はセフィロス。こんなセリフ言ってたっけ?
まぁまだ物語の初期段階なので、そこまで狂った英雄様は見られないと思いますがね。。



回廊を進むと、実物大のバスターソードが!これは良いですね〜

残念ながら持つことはできませんが、先ほどの撮影スポットではバスターソードを持って撮影する事が可能だそうで。



触る事もできないので、素材もわからん。。軽いのかな?

しかし近くで見ても、塗装の安っぽさなども感じませんでした。クオリティ高くて良いですねぇ。






下からブルーライトで照らされています。


後ろはこんな感じ。


コアラボイベントの初日に登場した、クラウド役の櫻井孝宏氏と、俳優の高杉真宙氏のサインがポスターに入っていました。

このポスター、結構格好良くて気に入ったので物販でまんまと買ってしまいましたよw構図が好きです。



こちらが個人的にお目当てだった、リメイクくじの展示コーナー。


くじには含まれていない、アナログレコードの展示もありました。


こちらがリメイク版。


こちらがナンバリング版。当時のこのキービジュアル画像でも十分綺麗でリアルですね。



そしてお目当ての上位賞フィギュアたち!


先行販売されているトレーディングアーツも展示されていました。


後ろのプレイアーツ改も何気に初展示。ハーディ・デイトナ以外は通常のクラウドが付属っぽいですね。。。

しかし発売が延期されたので、くじの方が先に出ますねこれ。


下位賞のモノたち。この中だと、ミニフィギュアがやっぱり木になるかなぁ。当時のポリゴン体系が再現されていて、やっていた世代の者としては非常にこれは欲しい!


前のグラスと比べてもらえるとわかりやすいのですが、思っていたよりも小さかったです。一般的な一番くじのきゅんキャラ位はあると思っていたけど、それの半分くらいのボリュームでした。笑



クラウド・ティファ・エアリス。肩から腕にかけてのデザインが秀逸ですね。


バレット・レノ・エアリス。
バレットの右手のガトリングは見事に四角いw
レノはタークスの中から大出世。代わりに入れるキャラはいなかったのか、、、このラインナップならルードも入れて欲しかった。


クラウド・ティファ・レッドXII・セフィロス。

セフィロスはジェノバ・コピーとして遺跡の中や神羅屋敷の中を飛び回っていた印象が強いですw
ナナキはお座りポーズが可愛らしい!



そして上位賞のクラウドフィギュア!
YouTubeでも動画が公開されていますが、そちらと比べると何ともお粗末な出来。。。塗りのベースから全然違うじゃないか!


動画ではもっと精巧な顔つきでしたが、こちらはキツネ目の整形に失敗した青年みたいに。。。肌の質感は同じですが。
現在、くじをロットで予約しているのですがこれは不安しかないですよ〜


お顔以外の部分は動画で見たよりも精巧に。何でだ!!
服の質感やベルトの光具合など、実際に見てみるとプレイアーツ改よりも上手く表現されている気がします。


ズボンのザラザラした様なマットな質感が良い感じ。


しかしこのお顔はいただけない。。。髪の毛は元々こんな感じでしたが、ちょっと色味が黄色いかなぁ。塗装が厚ぼったい為かダルく見えますね。


ニットや肩アーマーの再現度はいい感じなのに。。。まぁ今に始まった事ではないんですけどね、スクエニの顔意外がよく出来ているというのは。


次にラストワンのセフィロス。こちらもYouTubeと比べると中々の劣化具合。。。クラウドと比べると見える顔の面積が小さい分、まだマシに見えるのが救いかもw


セフィロスもクラウド同様、お顔以外の再現度は中々いい感じです。しかしクラウドと比べると黒と白のカラーリングの為、若干ベタ塗りなのが気になります。


セフィロスの衣装はリメイク前からほとんど変わっていないと思いきや、マントの細かいディティールや、腰元のアクセサリーなどが変わっていますね。


正宗も勿論装備。この正宗の持ち手の角度。。。ショーケースに飾らせる気がないですよね絶対。笑


セフィロスは出来というより、ラストワンの希少価値で値上がりしそうですね。


お次にエアリス。上位フィギュア3体の中では、エアリスが一番マシに見えますがいかがでしょうか?


黒目部分の緑の瞳がはみ出していますが、それは実製品で修正されると信じるとして。

プレイアーツのエアリスの出来がそんなに良くなかったからかな?相対的にハードルが低くなっているのかもしれませんw


赤とピンクという安っぽいカラーリング。。。。w
ピンクのワンピースには実は細かい模様が入っていたんですね。余計にカーテンの端切れみたいに見えてしまう〜


ロッドもちゃんと持っています。
ブーツの出来が何気にいい感じ。





エアリスの後ろには、モーグリのぬいぐるみが展示されていました。こちらもリメイクくじの景品です。

大きさ的にはフィギュアよりも大きく、中々のボリュームでした。しかしこのモーグリのデザインは、皆さんどうですか?私的には、リアル寄りになってあんまり可愛くない。。。笑



エアリスの後ろにあるというのはシュール。


塗りが厚ぼったいのが大きな原因だと思いますが。。。
プレイアーツ改は肌が成形色なのでそういう心配はなかったのですが、こちらは塗り肌というのが大きなハンデになっているなと。


上から見ると、両側の2体と比べ、髪の毛と正宗で圧倒的にスペースを取る英雄様w




















あ、触れていませんでしたがタオルの展示も後ろにありますね。こちらもシークレットがあります。


本当、顔以外のディティールはいい感じなのに。。。


エアリスに関しては、髪の毛のロール具合が良いですね!
シャープさは若干足りませんが、上手く表現出来ている様な気がします。


横から見ると、クラウドのバスターソードを担ぐ角度が、背中にフィットしていないのが特徴です。プレイアーツ改では背中に取り付け用のダボがありましたが、こちらは固定フィギュアなのでそういう点を気にせずディスプレイできます。


エアリスってティファと比べると貧相な体つきですよね。笑
スラムの花売りというステータスなのでそれで良いんですけど。


英雄様の髪の毛の流れはプレイアーツの方が綺麗かなぁ。AC版のセフィロスのプレイアーツ改はマジで良くできているのでオススメです。


大きさは隣のグラスが9cmくらいだったので、恐らく1/8スケールくらいでしょうか。プレイアーツよりも大きく、プレイアーツ改よりも小さいと言ったところでしょうか。


台座が全員同じというのもちょっと手抜き感が。。。
ヴィネット風に飾れる様な台座だとなお良かったですね。


くじの個数の内訳はまだわかりませんが、総数で77、1回770円と言うのは判明しています。セフィロスはラストワンなので1ロット1体、クラウドとエアリスは2体ずつくらい・・・?モーグリぬいぐるみは3つとか。


くじの展示の横には、設定画やゲームのシステムが展示されています。


コマンドバトルはアクション性が強い、ここ最近のFFのシステムですね。しかしクラシックモードという、昔のウェイト式を模した様なシステムも選択できるのが良いですね。


武器成長というのは、FF10のスフィア盤みたいな感じになるのかな?バスターソードの見た目はいいですが直ぐに持ち替えるのがアレだったので、今度はできるだけ長い間使いたいですね〜


初お披露目なのかわかりませんが、設定画が沢山。





ジェシーってこんなに可愛かったのか。笑


ウェッジ。


ビッグス。ジェシーは出ませんが、FF8にもビッグスとウェッジという美味しいキャラが登場します。そちらのイメージの方が強くて、、、笑


新羅軍に制圧された東京スカイツリーというコーナーもあります。真ん中のハンドルを回して、スカイツリーの中心部のマテリアの力を解放させると。。。


スカイツリーの色が青色に変わり、エアリスのテーマが流れます。ギミックは単純ですが、子供がやっても楽しめますね!


ナンバリング時代の、複製原画の展示コーナーもあります。既出のものですが、近くでジックリ見れて中々楽しい。


これまでに発売されたFF7のグッズ(主にフィギュア)も展示。


この神羅特製ポーション(画像の左の冊子の横のボトル)が、今でも結構高音で取引されていることにビックリ。


FF7のプレイアーツたち。


武器セット再販してくれないかなぁ。。。


340フロアには、コラボカフェもあります、ティファの働いているバー「セブンスヘブン」を再現した様子。しかし中は割と普通のカフェ。笑

これは通常のスカイツリーのカフェにコラボメニューが入っただけなので、しかたなかったりしますね。

という訳で、スカイツリーのFF7リメイクコラボの簡単なレポでした。
ちなみにプレミアムラウンドシアターという、ショートムービーも放映されているのですが、時間がなかった為に見れませんでした。。。Twitterで拝見しましたが、まぁ今までのシリーズの総まとめみたいなものでした。

基本はコラボイベントの入場料は無料なので、スカイツリーの観光がてらに行くのが吉かと。私の様にコラボだけを目当てに行くとちょっと損した気本になるかも。。。笑
なので晴れた日に行って、景色を堪能しながらコラボも楽しむのがオススメです。
1つ星 (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram