〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

ロボットアニメヒロインズDX ルナマリア・ホーク

メガハウスより「ロボットアニメヒロインズDX ルナマリア・ホーク」のレビュー。

発売日:2005年2月
価格:3,828円(税込)
スケール:1/8(約19cm)


ガンダムヒロインの立体化は、主にバンダイが数多く手掛けています。

その中でメガハウスは「RAH(ロボットアニメヒロインズ)」シリーズで数多くのロボアニメのヒロインを立体化しており、このルナマリアもそのうちの1体でございます。
























お顔。かなりいいのでは?!食玩のルナマリアしか見てこなかったのもありますが、数あるルナマリアの中でも上位に入る出来かと!

特に自信満々の表情はルナマリアの性格にピッタリで、ポージングも含めシチュエーションのチョイスが素晴らしい。


SEEDキャラのアイプリは、いわゆる「キラキラ系」に近い反射の多さ。少し配置を間違えると一気に変な目元になってしまうのが特徴です。

しかしこのルナマリアは、ズレもなく丁寧に造形されています!
フィギュアは顔が命。


ちょっと垂れ目なのも高評価。
笑顔というよりは、口角が上がり気味な表情、と言った方が正しいでしょうかw


強靭なアホ毛が生えています。髪の毛の流れに沿っていますので、そこまで目立ちはしませんが。


ワインレッドのショートヘアーがいい感じ。グラデはありませんが、流石は完成品と言ったところで、パーツの精度はいいですね。


何気に襟足部の髪の毛が二重構造になっているのがポイント。


ルナマリアって巨乳でしたっけ?笑
妹のメイリンと比べるとグラマラスだったのは覚えていますが、ザフトの軍服がピッチリしている分、自然と大きく見えますね。


流石に15年くらい前のフィギュアだけあって、ベタつきや白化が見受けられます。これは未開封だったのでまだマシですが、開封品だとしたらもっと酷かったのかも。。。


ザフトのマーク。


保護シートの跡がちょっと残っちゃっていますね。





爪の造形はありますが、ネイルの塗装はなし。


ウエストはほっそい!ちなみに分割はできませんでした。ガチャのフィギュア通りとはいかないものですねぇ〜



下半身は改造したスカートです。かなりミニ、というか今見たらこの制服のベルトで締めたギュウギュウ感がとんでもないな。。。ゴワゴワしないんだろうかw


しっかりピンクのスカートです。



ニーハイがちゃんと太ももに食い込んでいるのがいいですね!バンダイだとこうはならなかったでしょう。



ちょっとニーハイと肌の塗装部分が雑だったのは残念ですね。


絶対領域。アニメでは鉄壁でしたね。。。


台座はザフトのマーク入りのピンクのクリアベース。大きさも見た目もちょうど良い感じでございます。




ブーツ部分はかなりベタついていました。あまり触らないのが吉ですねこうなると。笑





で、肝心な中身は。。。ブルマリアですw


しかしこれは本当にブルマなんですかね?しっかりクロッチの造形もあるので、ちゃんとした下着だと思うんですけどねぇ〜

まぁこの色だっったからそういう名称になったのかもしれませんがね!(すっとぼけ)


























大きさ比較。標準的な1/8スケールですね。

表情とポージングがまさしく彼女らしい、まとまった出来のルナマリアでした。
流石に現行のフィギュアと比べると出来が劣る部分が多いですが、当時のフィギュアとしてはかなりの完成度だと思います!

特にSEEDのスケールフィギュアはこの時代のものが多いので、その中でもこのルナマリは当時品としては上位の出来ではないでしょうか。
好きな方にはぜひオススメです〜!

amazonで購入する
1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram