〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

ベルファイン 手机少女/ケイタイ娘

ベルファインより「手机少女/ケイタイ娘」のレビュー。

発売日:2018年9月
価格:2,200円(税込)
スケール:1/6(約18cm)


● 「手机少女/ケイタイ娘」は、中国のメーカーである無料社が、中国国内向けに展開予定のソーシャルアプリ。そのキャラクター紫(むらさき)ちゃんをモバイルスタンド化した商品の第1弾となります。
● 商品は、差し替え可能なイラストカード、1/6スケールの下半身フィギュア付きのモバイルスタンドとなり、スタンド部分とスカート、下半身のフィギュアが取り外せるので他の「ケイタイ娘」の商品とパーツを交換することで、お好みの「ケイタイ娘」として使用できます。
● すでに中国では第2弾、第3弾の商品化も進んでいるので、今後のケイタイ娘の展開にご期待ください。(公式より引用)

。。。という事みたいです。笑
おおさかホビーフェスにて購入しました。存在自体は知っていたのですが、まぁ購入するほどのものでは無いか。。。と思っていたんですが。

いやー、イベントのテンションは怖いですね。あっという間にレジですよw


元々は中国の無料社というメーカーが発売しているものを、日本のベルファインが代理輸入して販売しているそうです。発売自体は結構前なので、在庫処分的な感じだったのかな。

ただ、日本で販売されたからかパッケージは日本語で書かれており(ベルファインがリパッケージしたのかな)、ガワだけ見ると日本のフィギュアとなんら変わりませんね。


中にはフィギュア一式以外に、合格証とポストカードサイズのイラストカードが付属しています。

コレは中国の有名な絵師さんなんですかね?よくわかりません。。。
元が中国のソーシャルアプリのキャラ、しかも名前は「紫(むらさき)ちゃん」ですからね。。。本土では人気なんでしょうかw

ただ、普通にイラストは可愛いですね!

裏面には、アプリ内で使用できるコードが付属しており、コレを入力すると特別なカードが手に入るっぽいですね。試しにQRコードを読み取りましたが、日本では配信していないので当然繋がらず(泣)。


ちなみにカードは中国語なのでさっぱり意味がわかりませんw


で、フィギュア本体ですが。

見ての通り下半身しかありません。いいんです、それがこのアイテムのコンセプトなのだから。。。
















透明なスタンドに、カードを差し込みます。カードの絵柄は表裏あり、まずは表の面で装着!

嫌がっているような素振りが非常に可愛らしいですね〜
できれば全身フィギュアで欲しかったところですが、コンセプトが崩れるのでコレが正解でしょう。


で、下半身部分がフィギュアなのですが、簡単に言うと下半身でスタンドを支えているような感じです。スマホスタンドのスタンド部分が生足です。


公式にも書いてある通り、すでに中国では第2弾、第3弾も出ているみたいですが、日本ではまだこの1種類のみです。あんまり売れなかったのか、もしかしたら日本では次は販売されないかもですね。。。


造形としてはスタンダードな部類です。特別フェチな部分を強調している感じはなく、かと言ってクオリティーが低い訳でもなく。

至って普通に見れるフィギュアとなっております。生足フェチにはたまらないかもしれません。

個人的にオススメなのは、この脛骨の出っ張り部分ですね。省略される事の多い部分ですが、しっかりグラデがあり好印象!


対して膝部分はツルツルでちょっと残念。かと言ってドラゴンボールキャラみたいにでっぱりすぎてても嫌なんですけどねw


爪の造形はありますが塗装は無し。


接続部分はこのようになっています。しっかり3点ダボでくっつくので、スタンドとしての強度は十分だと思います!


スカートは着脱可能。結構ガードが硬いので、普通に見るよりかはこうして剥いでしまう方が良いかも。


嫌がる顔からの下着。。。たまらんのう

ちなみに下着は3種類あり、この他に青と白の縞パン、ピンクと白の縞パンVer.がそれぞれあります(もちろん別売)。私が買った時はこの1種類しか残っていませんでした。


下着の出来はそこそこですね。コンセプト的にもう少し力を入れて欲しかったところですが、本来は見えない部分だからなのか。。。


イラストの下着のデザインとほぼ同じですが、紐パンじゃ無いのが残念ですね。布面積が少ないのはいい事なんですけどねw


意外と背筋部分がしっかりグラデ入っているのが特徴です。

下からの眺めがいい感じ〜!

尻タブ部分(尻と太腿の間の線)もしっかり再現されており、見所の1つとなっています。





表側はこんな感じ。ちょーっと安っぽいかな。笑


イラスト表。


裏部分。実は表部分の引きの写真でした!

ちなみに他のバリエーションのやつはカードのイラストも違うので、気になった方はチェックしてみてくださいね!


実際に携帯を置くとこんな感じ。

強度は十分あって良いのですが、別に携帯スタンドじゃなくても良く無い?というのが正直な感想ですw

しかしコレはいいケツだ。

以上でした。コンセプトとしては面白い!ので続いて欲しいシリーズであります。
上半身や台座がないので、なんと言っても値段が安いのもいいですね。またイラストカードを入れ替えると、フィギュア部分が同じでも目新しさを感じると思うので、それも販売してくれるといいなぁ。。。

日常の生活にちょっとサプライズが欲しいときにオススメです。笑

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram