〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

モエコレプラス ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ

ボークスより「モエコレプラス ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ」のレビュー。

発売日:2014年2月
価格:8,800円(税込)
スケール:1/8(約24cm)
原型師:神尾林太郎(a-brand)


アフリカの星、ハンナです。アルター版「エーリカ」を手にしている者としては、買わない訳にはいかないでしょう!

ほぼ同時期に、アルターからもハンナは発売されました。この場合、同じアルターの物を購入するのが鉄板ですが、こちらの方が個人的に好きだったんですよねぇ。ポージングとか。

台座の仕様やスケールが若干違うのが残念ですが、並べて飾るには違和感のないレベルに仕上がっています!
















お顔。自信家の性格をよく表した表情で、良いと思います!
ボークスのモエコレシリーズって、正直ハズレが大多数の中でこのハンナはお大当たりの部類だと思いますよ!


アイプリントの精度も高めです。
肌の色は若干暗め。気になる人は気になるかも。。。

口元の墨入れの表現が独特ですね。

どの角度から見ても破綻のない造形かと。

ゴーグル。レンズ部分は透けていないタイプです。



特徴的なお耳。鷲の羽のモチーフですねコレ。

この辺はグラデが欲しかったですね〜ちょっと安っぽく見えちゃいます。

エーリカと違い、ロングのストレート金髪。
エーリカといいハンナといい、やはり私は金髪が好きなようです。。。

きっちり止められた襟周り。軍服の上にはロザリオのブローチがあしらわれています。

かなりの大きさものをお持ちのようで。。。笑
軍服の上からでもわかる重量感!

爪の造形はありますが、塗装はなし。

武器のMG34。rーちかのものよりもよりシンプルなものに。肩がけの紐もなく、取り回しのしやすい大きさですね。

質感かなり頑張っていますね!アルター版に劣らずの出来です。
細かいパーツの部分までよく出来ています。





キャラ共通ですが、スカート短めです。笑

ストライカーユニットの左右で

赤青と色が違う!
細かいですねぇ〜
ユニットNoは14番。

細かい文字の部分も、タンポ印刷でクッキリ綺麗!



プロペラは、旋回状態のものが2種、通常時のものが2種類付属しています。

台座は魔法陣タイプ。アルター版は同じ色味にクリアベース、キャラクターのプロフィールが載っていましたね。

このハンナの難点は、接続部分が右足部分のストライカーユニットのみなので、結構ぐらつくんですよね。。。浮遊状態の再現なので仕方ないといえば仕方ないですが。





その他のプロペラ。

チラチラと見えていますがお待ちかねの。。。

ほい。笑

結構肉感的で、パンツじゃないから(ry
ではないくらい、見えてていいの?ってレベルです。よき!



ローレグなのがまたいいですね。
尻尾は上部分から出ています。





















大きさ比較。

ボークスの本気というか、できるんだぞ!という姿勢を感じたフィギュアでした。と言ってももうモエコレシリーズは無くなってしまったんですけどね。。。

しかし、このハンナはアルター版を持っていない私からでもオススメします!難点はヘタってこないか心配なことくらいで、ポージングや全体的なクオリティは一流メーカーに引けを取らないレベルのハンナですよ。

ぜひエーリカと飾ってあげたくなるフィギュアです。

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram