〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN 限定BOX「ADVENT PIECES:LIMITED」クラウド&フェンリル

スクウェア・エニックスより「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN 限定BOX「ADVENT PIECES:LIMITED」クラウド&フェンリル」のレビュー。

発売日:2005年9月
価格:29,500円(税込)
スケール:NONスケール(約19cm)

※こちらは、「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN 限定BOX「ADVENT PIECES:LIMITED」」に付属していた、クラウド&フェンリルフィギュア、及び限定購入パーツのレビューになります。

その他の付属物(キーホルダー、台本レプリカ、Tシャツ、キャップ、OVA)はレビュー無しなので悪しからず。というかフィギュア以外は売ってしまいました。あのTシャツとキャップはダサすぎた。。。笑

という訳で、まずはクラウド本体からです。















お顔。映像に出ていたイケメンすぎるクラウドとは似ても似つかない、誰だこのブサイク?!状態。

ちなみにこのACクラウド、フェンリル無しの単体版は海外のみでリリースされました。そしてそちらのクラウドのお顔は大層イケメンなんですよね。あとは付属のパーツが違っていたりと、至れり尽くせりの内容です。まず日本でそれを発売しろという話ですが。。。

この限定版がリリースされた後に、購入者限定で海外版単体版ACクラウドのヘッドと交換パーツが販売されました。もちろん有償で。もちろん買いましたよ。。。

主にブサイクだと思ったのは、全てですw

輪郭から髪型から全てが劇中と違いすぎてヤヴァイです。目に力もなく、魔晄中毒の時のトロンとした生気のない目ですよコレは。

髪の毛の質感も、塗装が分厚くて泥を塗りたくったみたいです。元の造形はいいっぽいんですけどね。。。

ワックスつけすぎた高校生みたいで、デビュー失敗です。笑

鼻も低くはないのですが、先端が丸く豚鼻気味なんですよね。
ここまで見事にダメな日本人顔だと、そりゃ似ないですよね〜







髪の毛の形や、スミ入れ自体はいい感じなんですけどねぇ。惜しいですね色々と。

まだ目から上は見れなくもないのですが、如何せん顔の下半分が。。。

ケツアゴ気味で、かつ輪郭もボタっと重力に引っ張られている様な垂れ具合。唇もひどく血色が悪いです。いいところ、無し!w

顔から下を見ていきましょう。

こちらは顔に比べると数千倍マシな出来です。当時としてはですが。

当サイトでもレビューした、「プレイアーツ改 ACクラウド」がこれの10年後に発売されるのですが、この辺りは当時からよく出来ていた部分だと感じますね。

肩パッドのクラウディウルフの造形・塗装共にほとんど変わらずいい出来です。

ただ、パッドの質感は安っぽいですねw

ベルトや服の質感、ニットの表現もハイレベルの出来。うっすら胸板のラインがわかるくらいにタイトな服です。

右肩はむき出しのノースリーブニット。
見た目にほとんど考慮がないほどに関節がむき出しです。

やたら細くて長い右腕。拒食症?w
肘部分は懐かしい可動構造ですね〜これ。

エプロンは紐部分のポッチにより、ある程度の長さに調整する事ができます。

エプロンは薄い軟質素材で、可動の妨げにならない様になっています。
これが後年に布製になっていくんですよね〜

エプロンをめくると、これまた懐かしい股関節の可動構造が。

靴部分は横ロール可動が仕込まれており、足を開いたときにちゃんと地面に接地できる様な構造になっています。

ポケットの表現が投げやりなのが気になる。笑

ちゃんとエプロンの下にもベルトがあるんですね。

尻ポケット。

地味に後ろの部分にもベルトの造形や塗装があって、黒一色の中にも塗装があります。

可動チェック。

関節むき出しの右腕は良好。見栄えが良い左腕は制限が多く、あまり可動が効きません。特に肩周りは、かなりの差の開きがありますね。

顔周りは、襟部分が干渉する為真横には向けませんが、可動範囲はそこそこと言ったところ。

下半身は見た目通り、かなり渋いです。膝も90度が限界、股関節部分は70度くらいが限界です。なので立膝はつけません。こんなのでフェンリルに乗れるのか。。。?

付属の剣を装備。ちなみに限定版に付属しているのは、この合体剣1本とフェンリル、台座のみと少し寂しい内容。合体剣に関しては、手首と一体化している為(グローブ部分)、剣のみ取り外しはできません。

柄から検査きまではプラ製で軽いです。
一方、持ち手部分はPVCで地味にフニャフニャなんですよね。壊れる心配はありませんが、劣化が心配です。笑

合体剣は今見ても中々の出来。惜しむべきは、これ1本しかない事ですね。これが改になって全て付属する様になった時は感動しましたよ。。。

剣先まで重厚感のある塗装で仕上げられています。

プレイアーツ改 クラウド」でもやった、お馴染みのポーズ。
肘の可動範囲が狭いのと、手首が武器と一体化している為、肩周りから背中に持っていくしかありませんでした。

その結果、なぜかめちゃくちゃ肩周りが柔らかいクラウド君になりましたw

「え〜俺が世界救うんスかぁ〜?」とか言いそうな顔が腹たつw

しかし、剣を持ってポージングすると、それなりにカッコよく見えるのがまたムカつくんですよね〜!笑



さりげなくですが、右の脇腹部分の肌のみ塗り肌。





歌舞伎町をうろつく二日酔いのホスト(銃刀法違反)。

「こんな顔じゃ、この街(歌舞伎町)で生きていけねぇ。。。」

「決めた!俺、整形する!!」

ババァーーーーン

「次回、「クラウド、整形」お楽しみに!」

To Be Continued・・・











ドドーーーーン!!


「待 た せ た な」


と言う訳で、ここからはエクストラパーツの海外版ヘッドパーツに交換してお届けします。笑
日本版のヘッドと比べると、整形しまくった感じにイケメンになりました。これはかなり劇中に近いですよ!
眉毛も細く、キンキンです。

魔晄に侵されていた瞳もキリッとなり、イケメンになりましたぁー!

厚ぼったい塗装でワックスがベタベタだった髪の毛も、サラサラの金髪クリアヘアーになりました。

横から見ても、その違いは一目瞭然。



鼻筋もシュッと高くなり、肌の血色もいいんですよね〜

特に、左耳にピアスがつきました!日本版は、モミアゲが接着されていて見れなかったんですよね〜

日本版のヘッドとの比較。変更点は。。。全部ですね。

こうやって見比べると、なんと日本版のブサイクな事か!20年後のクラウドって感じですかね。。。特に皮膚の垂れ下がりと、髪の毛の元気のなさがリアルですw

エクストラパーツの合体剣(合体後)。こちと手首のパーツが付属しています。

日本版の合体剣(合体前)が、手首と一体成型だったのに対して、こちらは何と剣と手首が別パーツ。どゆこと?!

剣の柄から剣先まで全てプラ製で、見栄えも良いです。何なんだこの待遇の差は。。。なので、左腕に持たせれば二刀流にすることも可能。ただし、左腕はバイクの持ち手しかないので、かなりユルユルになってしまいますが。



日本版の合体剣と同じく、こちらもいい出来です。

こちらの剣の方が若干重く、手首が重さに負けがちです。

肩の関節は硬めなので、まっすぐ伸ばしてあげると割と安定します。

バスターソードじゃないけど、アンジール風に祈ってみる。





うん、この顔で飾ろう。笑

先述した通り、二刀流も可能です。左腕はユルユルなので、あまり無理はさせられませんが。笑





二日酔いの歌舞伎町ホスト、お顔も武器も大幅レベルアップ!!



お次はメインのフェンリル。メカはクラウドに比べて素晴らしい出来。あくまでクラウドに比べてですが。

細かく見ていくと粗があるのですが、全体的にずっしりとした造形と塗装で雰囲気はかなり良いですよ!

真正面から見ると、軸がズレている様に思います。が、若干のハンドルが切れるのでそこまで気にしていませんw

経年劣化により、多少の塗装の劣化が見られます。



なぜか銀の塗装ハゲが。















この辺りは、プレイアーツ改になってもそこまで変わっていませんね。



ホイールはクルクル回ります。

サスペンション。フェンリルを浮かすとこの部分が下がってブランとなります。笑



早速乗せてみます。うーーーん、ちょっと小さい?クラウドがデカい?

ちょっとサイズ感が合っていない気がしますねぇ。残念。乗せるのにあまり苦労は背ませんが、クラウドの足が長いのか、どちらか片方しかステップ部分に足を乗せることが来ません。

正面から見ても、ちょっと小さいですねぇ〜フェンリル。

少し遠目に見てあげると違和感が薄れるので、いい感じに見えます。ハンドルは握らせると外すのが大変なので、雰囲気で楽しんでください。笑

「何でも屋、参上!」

「バイクで来た、に使っていいよ」

やっぱりバイクに合体剣を持たせてナンボですね〜カッコいい。

二刀流でノーハン運転。

オラオラいくぜェー!

歌舞伎町のホスト、大型バイクを手にいれる。







雑誌の表紙風。









「セフィロスの代わりに、俺達でジェノバ計画を完遂させるんだ・・・」

クラウド・コピーとか出来たら大変そうだ。。。w

大きさ比較。

最新のクラウド&フェンリルと比べると、もちろん出来は見劣りする部分は多いです。しかし、バイクの出来はほぼこの時点で完成していたと思える程の出来でした。

一方クラウドは、日本版だけでは不満爆発ですね。。。US版のエクストラパーツが揃って初めて満足というか。まぁそれでも腕が細すぎたり可動範囲が狭かったりするのですが、一番の不満点はフェンリルとのスケールが微妙に合っていない事ですかねぇ。。。

とは言え、雰囲気はまだまだ現役で通用するレベルです。気になった方は、レトロ気分で買ってみるのもいいかもしれません。私みたいな物好きな方は、ぜひ手に入れてくださいね!笑

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram