〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

フィギュアーツZERO TIGER&BUNNY イワン・カレリン

バンダイより「フィギュアーツZERO TIGER&BUNNY イワン・カレリン」のレビュー。

発売日:2012年8月
価格:3,675円(税込)
スケール:NONスケール(約14cm)

アニメ「TIGER&BUNNY」より、見切れ戦士折り紙サイクロンの中身、イワン君のレビュー。

立体化はあまり多くないので、貴重なフィギュア化です。タイバニの立体化の比率は、虎徹とバーナビーが8割、他ヒーローが2割くらいの冷遇っぷりなので、ファンの方は押さえておきましょうね!















お顔。肌が白いです。
特筆して良い出来な部分は見受けられませんが、強いて悪い部分も見受けられません。まずまずといった感じの出来でしょうかw

基本は目線に合わせてあげるのが吉かと。
アイプリントの精度は少し悪く、寄ると粗が見えてきます。笑

あと輪郭が少し下膨れ気味で、より子供っぽさが増しているように感じますね。
こちらの角度から見ると、髪の毛のハネも相まってイケメンに見えます!
しかし髪の毛のグラデーションや全体の彫りが浅い為、ノッペリした印象は少なからずありますね。。。

表情は交換出来ます。その為換装用に前髪が外れるのですが、合いが若干悪く、隙間ができてしまうのが残念ポイント。

スカジャンの中はタンクトップ。ガリガリという感じではなく、適度に筋肉が付いていて細マッチョです。首元のグラデが濃く、顔との肌の色の差を少し感じます。

スカジャンはメタリックな塗装が施されています。ダボっとした造形がよく再現できているかと。

胸元には富士山のマークがタンポ印刷されています。

スカジャンの内側は、意外と派手なオレンジのキルト素材。MA-1みたいな感じですな。
チャックはこのサイズにしては雑な造形ですね。モールドがもっとギザギザしているべき!



指先にはマニキュアはありませんが、爪の造形はありました。

スカジャンの塗装は結構はみ出しなどがあり、品質的にはあまり安定しているとは言えないですね。。。

パールの塗装が綺麗ですね〜
日本っぽく、舞妓さんがプリントされています。これを実生活で着る勇気はありませんw

腰パンです。カーゴパンツは腰パンで履くのが通!
少しくねらせた腰元が、若さを表現しています。

ダッボダボです。ダッボダボ。
墨入れはかなり濃く、個人的にはカーゴパンツのモールドはこれくらいあったほうが好きです。

フリーハンドなので、1つ1つ違うんでしょうねぇ。
所々濃かったり薄かったりする部分があります。

ティ●バーランドのブーツ。
このラウンドトゥタイプって重いんですよね〜ソール部分が特に重い。
映画では7分のパンツに雪駄になっていました。蒸れるのが嫌だったんですかね?笑

台座には劇中の台詞入り。しかしチョイスが謎すぎる。。。
このポージングやこの状態なら、普通の台詞にして欲しかった。。。と言っても出てくる名言みたいなものはないんですけどねw

交換用パーツの笑顔。なぜ笑顔にしたし。。。
しかも笑っているのは口元だけで、目は全く笑っていません。

普段陰キャな人が、頑張って友達の話題に合わせて笑っている感じがして、見ていてとても辛いですっ・・・!



脇はツルツルです。よくよく考えると、このスカジャンを着るポーズも謎なんですけどね。









大きさ比較。

キャラクター愛があれば買っても損はしないでしょう。
私はイワン君が好きなキャラなので何も思いませんでしたが、大きさや価格からしてこのクオリティは不満に思う方もいるかもしれませんね。

今でも安価で買えるので、気になった方はオススメです!平均くらいの出来でソコソコの満足感が得られます。笑

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram