すーぱーそに子 ばすたいむVER.

nativeより「すーぱーそに子 ばすたいむVER.」のレビュー。

発売日:2012年6月
価格:9,800円(税込)
スケール:1/6(約25cm)
原型師:zenko(硫黄泉)

(詳しくは言いませんが)大人ブランド「native」より、ニトロプラスのイメージキャラクター「すーぱーそに子」が登場。

nativeらしく、ギリギリの所を攻めましたね。笑
ちなみにnativeがどんなフィギュアブランドなのかを知りたい方は、是非とも自分で検索してくださいね(URLは載せられない)!

今回のフィギュアの元絵となったポストカードが付属。津路氏の絵柄はやっぱりこの頃くらいまでかなぁ。今は奇乳すぎる。。。



バスタブに設置できる支柱が付属していますが、今回は外して撮影しています。









お顔。ぶっちゃけ似ていませんw

そに子って似せるの難しいですよね。その時その時によって絵柄もコロコロ変わりますし。貴方のイメージしたそに子が、公式のそに子レベル。。。

しかしこのそに子は元絵と比べても、顔が縦に長く目が大きすぎて違和感。造りが丁寧なだけに勿体無い。。。

アイプリントがとても綺麗。ハイライトの入り方が独特で小さく、結構メンヘラっぽい瞳に見えます。笑

鼻立ちは低め。

口元のせいか、表情がとても切なげに見えます。。。が、元絵はそんな事はなく驚いたような表情なのでこれもイメージ違いかなぁ。

そに子の命の源、ヘッドホン。

これ以上でも以下でもない、安定した造形と塗装ですね。
ちなみにそに子はヘッドホンを外すと死にます。笑


バスタイムという設定のため、髪の毛は濡れたような表現になっています。

髪の毛が濡れた表現といえば、「美しき闘士たち アレイン」がありました。あれ、どっちもキャストオフ可能。。。しかもほぼ裸という偶然!笑

左腕には分割線を隠すためのシュシュが。これはバニーのフィギュアやキャストオフのフィギュアによくある隠し方で、基本的に脱げるフィギュアは腕輪やシュシュで分割線を隠す、という傾向があります。

濡れ髪の表現はぼちぼちといった所。

フィギュアで濡れた表現をするのは至難の技ですね。水滴や濡らす事は出来ても、フィギュアの本体が濡れた雰囲気を出せるのかがポイントです。

たわわに実った2つのメロン。。。そに子最大の魅力でございます。
この頃はまだ奇乳レベルまでなっておらず(と言っても十分大きいですが)、リアルにセクシーさを感じる部分ですね笑

肌は要所要所に陰影塗装が施されており、単色ではないので高級感があります。

横から見てもこの大きさ!アンダーバストの段差がいいですね。
がっつりPVCの塊なので柔らかさは感じられませんがw

今となっては当たり前となったスムーススキンでもないので、こうしたエッチなフィギュアもまだ発展途上だったことがわかります。

胸部分に対して腕の細さが半端ない!

理想の体型というか、ボンキュッボンという2次元マジックですよねこれ〜

肘部分のくぼみとグラデがフィちいです。骨格の造形がめっちゃしっかりしていますね。膨らみとかリアルです!

爪の造形あり。マニキュアはパールベージュ。現実的な太さと長さの指で一安心。。。笑



右腕は台座となるバスタブに届ききっていないのですが、元絵からしてこのポージングなので仕方ないですね。とはいえ、少し違和感を感じてしまうのでバスタブまで届かせて欲しかった所です。

右腕も同じようにマニキュアの塗装が。



お尻部分。ちょっと表面が凸凹しているのが気になるかな〜。。。

胸と対をなす部分なのでこれは残念ですね。形や大きさはいいだけに、ツルツルにして欲しかったです。笑

こうして見ると見事な安産型ですな!笑

お尻の分けれ目の所方恥骨部分にかけてシャドーが入っており、彫りの深さが強調されています。

右膝はバスタブにそのまま乗っける形になります。

色移りの心配はなさそうかな?アキレス腱あたりの骨の出っ張りやくびれがいい感じですね〜

足裏のクニッとした曲がり方がリアル。。ここまできたら線も入れてくれてもよかったのに。笑

腕部分と同じく、足の爪にもマニキュアが。

左腕でタオルを押さえながら、お風呂を出るシーンという感じでしょうか?タオルは後述しますが2種類付属しています。こちらは通常の半透明ver.です。

この状態だと胸も股間部分も隠されていて、健全なセクシーなそに子を拝むことになります。しかしそこはnativeなので、ここからが本番なんですよねぇ。。。

伸びた左足の先には透明な固定用パーツが付属。支柱と、左足、右の膝部分の3点で支えるポージングとなっています。

膝裏のシャドーが地味にいい感じ。。。

太ももの太ましさに対して、ひざ下の細さがこれまた二次元マジック!
ワンピースのキャラみたいに見えてきたw

付属品として、フロッキー素材を貼り付けたタイプのタオルパーツが付属。触るとザラザラしています。

よりタオルっぽさを感じるいいパーツなのですが、若干黄ばんでいるのと、フロッキー素材が抜けやすいのが難点です。笑

台座となるバスタブ。大きさの都合で仕方なかったのかもしれませんが、できれば丸々造って欲しかったですねぇ。反対から見るとハリボテってバレちゃう。。。

縁部分の黄ばんだ塗装がやけにリアルですw
プラ製で軽いので、そに子の重さに耐えられるかが心配なところでもあります。

一番手前の足のみ、金色のゴージャスパーツが。他の3点は通常の黒いパーツです。ここだけ見栄え頑張ったのかな?笑

それでは早速キャストオフしていきます。もちろんここからはR18ね!良い子は見ちゃダメよ!

シュシュの部分で区切られていた、左腕パーツを外し、そのままタオルを抜き取ります。以上ですw






という感じで脱がせてみました。

そに子って公式では脱いでいないキャラなので、「いくらnativeでも脱いでいない公式キャラだし無理かな〜」と思っていたのでこれは嬉しい誤算でした。

だってほら、ちゃんと乳首の部分も造形されていますよ!これがあるのとないので大違い!

だいたいプライズや脱げない公式キャラの場合はこの部分はオミットされています。なので、この造形は英断でもありますし、ユーザーとしてはなんとも嬉しい部分なのであります(キリッ

とは言いつつも、塗装はかなり控えめな主張です。そに子の雰囲気的にもこれくらいがちょうどいいのかな?

なんとも重そうなメロンを2つもお持ちで。。。

これを毎日支えながらいきていくのはとても大変そうです。毎日お疲れ様ですよ、そに子さん。

そして股間部分なのですが、初めに申し上げておきますね。
造形自体はあるのですが、泡パーツが固定されており拝む事はできませんっ。。。!!

これを強制的に外せば見る事はできるのですが、私は破壊を好まない平和主義者。。。ここはそのままにしておきたい。昔、某掲示板で見た記憶ではそこまでリアルな造形でもなかった気がしますので、みなさん想像で楽しんでください。ごめち。

こんな感じでござい。穴の造形はありません。

元絵のお風呂に浮かんでいた、フィギュア3兄弟も付属。左からアヒル、謎生物、カエルです。

小物ながらもしっかりとしたクオリティ。真ん中のキャラクターが何なのかわからんのだが。。。笑

せっかくなので、綿をバスタブに敷き詰めて浮かべてみました。これはかなり雰囲気も出るしいいですよ〜!

バスタブの寂しさもなくなりました。飾る時はこれ一択ですね。

ちなみに後ろから見るとこんな感じ、舞台裏ってこんな感じなんです。。。

タオルをフロッキー素材のものに変更。更に全体的にピンクっぽい雰囲気で撮影してみました。雰囲気アップしていい感じ!







ここでタオルもキャストオーフ!!

泡に見立てた綿で、大事な部分を隠したりしてみる。なかなか雰囲気は出ているんじゃないでしょうか?もっっと上手くできそうな気がしなくもないですがw

ちなみに水滴など濡らしたりするともっと雰囲気が出ていいかもしれませんね!



見えそうで見えない。。。

ツルツルな股間部分も、こうして隠せば希望が満ち溢れてくるだろう。。。?

少年雑誌のセクシー系漫画でよくある表現!笑







ぐぇへへ。。。ええじゃろうええじゃろう。ワシはそに子のあんなところやこんなところも見放題。。。

おい謎生物、そこを代われ!!

大きさ比較。

という訳で、native初のそに子フィギュアでした。全力でエロに振り切る訳ではなく、そに子らしく柔らかな雰囲気も残しているフィギュアに仕上がっていましたね。

肌の表現やバスタブの簡易さなどが残念ではありますが、迫力のあるスケールや造形が楽しめ、お風呂タイムというシチュエーションが個人的にとても良かったです!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram