〜燃えと萌えと、時々オモチャ〜

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN PLAY ARTS改 セフィロス

スクウェア・エニックスより「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN PLAY ARTS改 セフィロス」のレビュー。

発売日:2017年1月
価格:15,984円(税込)
スケール:NONスケール(約29cm)

顔がピンボケで申し訳ない。。。デカイよ英雄様。

という訳でAC版セフィロスです。通常版とは衣装が多少変わっており、マイナーチェンジした感じです。肩のプロテクターが二重になり、ベルトの量が増えました。笑















顔です。怖えーーーー!!!笑

これがソルジャーの憧れのセフィロス様の御損顔ですか。極悪人の顔にしか見えないんですが・・・過去のPA (無印版・AC版)と比べると圧倒的にリアルで、かつイケメンに仕上がっています。

眉毛と目の間狭い・・・これがイケメンの条件ですかい?
アイプリントの精度は中々。蛇のような目つきですね。アイラインや目の掘り、くぼみのシャドーなどは濃いめで雰囲気が出ています。

鼻筋もめっちゃ通っていてイケメン。
髪の生え際は少し気になる所ですが、これは元々すごい髪型なので仕方ないですねw

もみあげは顔のラインを沿うように流れています。ちなみに髪の毛は全て軟質パーツです。

唇の形や大きさはとてもセクシーなのに、血色めっちゃ悪い〜!
それがいいんですけどね。

噴水タイプの生え方の前髪。
思えばこの頃からセフィロスに憧れた髪型の人が巷に現れたような・・・笑

髪の毛はグレイシルバーに似た色で、見事な配色具合だと思います。まさに私が思っていたセフィロスの髪色です。

耳元にかけた剽げにゃ、髪の毛の線の流れがキチッとしていて綺麗ですね。



長い後ろ髪の先に行くにつれて、何本かの束に枝分かれしています。先述した通り、髪の毛は軟質素材なので可動の妨げにはならない嬉しい仕様。

毛先に行くにつれてシルバーからクリアに変わっており、毛先に関しては完全にクリアー素材になっています。



後述しますが、肩パッドも軟質パーツなのです。

上半身はすぐに脱げるように笑、ベルトパーツのみ。一見しただけで分かるマッチョ具合!

肩パッド(プロテクター)は、かなり使い込まれたような塗装になっており、この辺は好みが分かれそうですね。私は雰囲気が出ていて問題ないのですが、少し間違うとカビが生えたみたいになりそうで怖いw

個体差は結構あるそうで、まあそこはスクエニクオリティという事で。笑
造形自体はかなり良く、これ以上ない再現度だと思います!

腕輪はクラウドと違い、シンプルなリングタイプ。

黒のロングコートは、所々擦れたような表現があり、こちらも好みが分かれる所。
腰部分で別パーツになっており、可動範囲が大きく向上。コートも軟質パーツですが、パッドや髪の毛に比べると肉厚で可動に干渉します。

みんな大好きベルトいっぱい衣装。
ちなみに旧AC版ではベルト部分が外れて中の足部分がよく見えましたが、今回は外れません。

足にもベルトがいっぱい。

足はかなり細くて見栄えはいいのですが、その分自立は困難なレベルです。
足首のクリック関節が中々いい角度で止まってくれないので、根気よく立たせてあげましょう。。。

指先にも可動域が。地味にこういうのがあると、ポージングの幅が増えるので嬉しい所です。



コートは黒一色という訳でもなく、擦れ表現以外にも青系のグラデーションが入っている箇所があります。

にゃんにゃんポーズではないですよ。

肩の上がりは最大これくらい。腕は二の腕部分がロールする為、意外と可動範囲は広いです。

・・・しかし、可動フィギュアの良いところは、そのキャラクターが絶対しないようなポージングを取れる事ですねw

首が後ろにはあまり曲がりませんが、前には割と大きく曲げることができます。これで北宝さながらの姿勢の悪さを再現したり、闇堕ち後のセフィロスが表現できます。笑

ちなみに反り返りはこれがMAXですw
襟部分がある為、左右にもあまり向けません。

セフィロスの武器、正宗。長すぎィ!!
セフィロスの身長以上ありますよこりゃ。プラ製で軽いのでへたる心配はありませんが、とにかく長いので取り扱いには注意が必要です。

元々シンプルな武器なので、造形にも不満なし。
ニブルヘイムで操作できる唯一の場面で、外すことが出来ない装備ですが、マテリア大量に着いていたような。どこにそんな箇所が・・・

持たせてみます。長ぇ〜〜〜〜

ちなみに今回の付属品は、正宗と交換用手首が4つです。あとはいつもの組み立て式の台座が付属しています。スクエニはいい加減PA専用台座を在庫復活させてくれ〜



かっけぇ・・・

劇中では正宗ブンブン振り回していましたが、少し持たせてポージングさせるだけでも十分決まります。

格ゲーキャラっぽいポージングをとらせてみる。

ちなみにイメージは、カウンターキャラです。笑

相手が襲いかかってきて、刀に触れた瞬間にコマンド入力!
成功すれば相手に大きなダメージを与えることができるぞ!

大きく足が開く為、格闘ポーズもバッチリです。

これが出た後に発売された「スタスティックアーツバスト」と同じポーズをとらせてみる。あちらの顔は正統派イケメンという感じで、あまり似ていない残念な出来でしたが、こちらは不穏な雰囲気が出ています。。。





鞘はありませんが、抜刀ポーズも取らせることが出来ます。

お間抜けポーズも取れますよ!笑
私のサイトではあまりおふざけは出ないのですが、セフィロスに関しては何かネタに出来る感覚があるのでついつい。。。

膝立ちはできませんが、ここまで曲げることができれば及第点でしょう。



「クックック・・・そうか・・・全て理解したぞ」

「俺は母に会いに行く」

今回の目玉、黒い片翼。凄まじいボリュームと羽の造形密度です。

重量の塊で、飾る際は台座が必須です。

羽は大きく3パーツに分けられており、それぞれ大き目のクリックボールで可動させることが出来ます。

クリック球は大きさ的に結構目立つのが残念。もう少しなんとかならなかったのかなあ〜

バササーッ

ジェノバ細胞はもう、なんでもあり。

背中のパーツの一部を付け替える形で取り付けます。

有名な降臨ポーズは、台座がない&スペースがない為できませんでした。。。それっぽいので我慢してください。

根元の角度は変えることが出来ませんが、3枚の羽パーツは内側に大きく曲げる事ができる為、割とコンパクトに折りたためます。

逆に大きく開くことも。こうすればほら、サンバ感が漂ってきただろう?

もうACが発売されて何年だろうか。。。当時は映像作品のFFの中であんなに盛り上がったコンテンツってなかったので、とても新鮮だった記憶があります。



正宗と片翼の欲張りセット。

発売中止になってしまいましたが、マスターピースアーツのセフィロスいつまでも待っています。。。というかクラウドもまだ持っていないので、どうにかして手に入れたいです!

大きさ比較。

塗装の表現が好みが分かれる部分ですが、造形自体はほぼ完璧なセフィロスでかっこよさ満点でしたね。とにかく写真を撮っていてポーズが決まるのが良かったです。一気に在庫も捌けるかと思いきや、まだamazonでは売られています。

このカッコいい英雄様、黒マテリアは付属しませんが激しくオススメですよ!

amazonで購入する

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram