ToHeart2 ダンジョントラベラーズ 久寿川ささら 侍Style

ダイキ工業より「TOHEART2 ダンジョントラベラーズ 久寿川ささら 侍STYLE」のレビュー。

発売日:2012年3月
価格:14,904円(税込)
スケール:1/6
原型師:萩井俊士(スタジオ猿分室仮設所)

ToHeart2 ダンジョントラベラーズから、侍クラスの久寿川ささらを立体化!
萩井俊士氏(スタジオ猿分室仮設所)の原型製作により、凛とした久寿川ささらを忠実に再現。
帯や袴に散りばめられた花模様、刀の彩色にもこだわった繊細な作品です。

という事で、派生作品からの立体化です。私はToHeart2の中ではささらが一番好きなのですが、あくまでキャラクターが好きなだけであって、ストーリーはあまり好きではありません。。。笑  プレイした時は、とんでも展開すぎてあれだし、主人公は本当にクズだったんですが、今またプレイしたら感じ方も変わってくるのかしら・・・














うーーーーーーーん・・・・・
かなり甘めに採点して、ささらに見える、って感じかな〜!笑

もちろん時代によってささらの顔も随分と変わったんですが、このささらはどれにも似ていないというか。目が少し小さいのかな?あと少し目が離れすぎかな。

目線に合わせてあげると、かなり似ていない度が緩和されますw
目の形はかなり似ているだけに惜しい・・・可愛いことは可愛いです!

微かな頰のチークとかテカり等、シンプルに見えて意外と凝った顔のつくり。アイプリントの精度はそこそこと行ったところです。

アイラインの感じや、目尻の猫っぽい釣り上がり方の目は本当に好み何ですよね〜それだけに悔やまれる出来です。。。

あとは鼻がちょっと低いというか、団子鼻みたいになっちゃっています。低くても問題はないので、もう少し尖らせておいて欲しかった泣
横から見た時の頰のラインはとても綺麗です〜

造形は顔を除き、割と高いレベルでまとまっていると思います。
が、塗装の質があまりよくありません・・・これが初ダイキなのですが、やはりトップメーカー(グッスマやアルター)と比べるとどうしても質感の違いが出てしまいますね。

この髪の毛の部分も、目が荒くダマっぽい塗装になってしまっています。アップで見た時に耐えうる出来かというのは一種のボーダーラインになりそうです。



この辺りもそう。

薄くグラデーションを入れたりと頑張っているのですが、そこは気になる部分ですね。

髪の毛を含む頭は結構大きめなのですが、ハチマキを見ると地の頭の大きさはかなり小さそうですね!

ハチマキは先っぽ、根元にグラデあり。

胸元は全くはだけていないのですが、程よく鎖骨が浮き出たいい出具合。しかし鎖骨の造形は機械的で割と残念な出来です笑 Notフェチズム。

胸は高校生とは思えないほどの大きさ!
服があまり誇張しすぎた表現ではなく、自然な表現なのはいいですね。
横から見るとなかなかのロケット具合。笑
肩周りの細さに比べると、その大きさがわかるかと思います。

中はサラシを巻いているような表現ですが、実際はキャストオフ可能なので、全て一体化となっています。

衣装は全て軟質パーツとなっており、自己責任でキャストオフを行う事ができます。

帯の印刷はかなり綺麗ですね〜
この辺りも全て軟質パーツなので、この上から塗装するとなるとなかなか質感が難しいですよ。しかしテカテカしていないしこれはGJです!

両手首には包帯が巻かれています。

刀は別パーツで、プラ製で軽いです。
結構独特な色使いと形で、個人的には好きなデザインですね。

袴部分も軟質パーツなのですが、かなり塗装頑張っています(グラデとか)。簡単に言えばゴムの塊なので、水性だと弾くタイプですね。笑

袴の横のスリット部分から見える・・・

太ももからお尻にかけての肌色がなんともセクスィー・・・

なんでこんなに上着が短いんだ!!(歓喜)

さりげなく花の模様が入っているのがポイントです。

という訳でキャストオーーフ!!

※メーカーとしては推奨していないので、あくまで自己責任になります。キャストオフでパーツを破損しても保証されないので悪しからず。

とは言っても軟質パーツなので、ほぼ確実にキャストオフを前提として造られてはいるんですけどね笑

ちなみにこの先は18禁なので、良いこは帰った帰った!




バーン

へ、変態だーー!!笑

この形だと仕方ないですが頭が大きく見えてしまうのが残念。しかし体の造形はかなりいいですね〜細いながらも出ている部分は出ており、なかなか素晴らしい体ですぜい・・・

舐め回すように回していきます。





おっぱい。

胸の部分のみテカリがあり、ちょっとツヤ感があるのがいいですね。形は少し固そうな感じですが・・・

先っぽは、まあ絵柄的にもこんなものでしょう!
逆にとてもリアルに忠実に造られていたらびっくりするけれどw

いろんな角度から楽しめます。

下乳もしっかりと。中華まんみたいに見えてきた・・・笑

このささらの1番のポイント、それは肋骨が造形されている事です。
これはかなり珍しい!ちょっと伸びたポーズだからか、胸の下に肋骨が浮き出ています。過度な表現はNGですが、これくらいだと物珍しさもあって、個人的にはアリですね。

下着はまさしく武士の心!ふんどしです・・・

アリですよ、私はw

ちょっと塗装ハゲがあるのが残念。

ちなみに、筋の部分は自然な感じで落ち着いています。露骨に一本線が入っていたりすると萎えるので、これくらいが一番いいと思いますね!

背中部分。肩を少し後ろに寄せている為、肩甲骨が真ん中に寄っているのがよくわかりますね。いい感じですよ〜


そして個人的に胸より好きなお尻部分。程よい肉付きと太ももの間の隙間がたまらんですなあ〜(ゲス顔)

ふんどしだからこそできた、このヒップライン。

どこから見ても美しいヒップラインです。

若干袴の色移りが気になる部分もあるのですが、個人的には気にならないレベルです。

少し折り曲げた左足の膝裏、これはかなりフェチいです。ダイキめ、やるな・・・

足元は足袋。

台座はものすごくシンプルです。ちょっと大きさ的に不安が・・・普通にプラスチックの台座なので、本体の重さに耐えられるかが問題ですね・・・

雑誌の表紙っぽく。

もちろん18禁なのですが、あまりいやらしさは感じませんね。もちろん18禁ですが(大事な事なので2回ry

髪の毛の長さがあるので、シルエットとしてもいい感じにまとまっていますね。にしてもくびれすげえ・・・









闇堕ち。



ハイコントラスト。

ちなみにかなり好評だったのか、このノーマルver以外にも、赤を基調としたものと黒を基調としたカラーver.が後に発売、合計で3種類のカラーリングが発売されました。

大きさ比較。本当に1/6か?!ってくらい大きいです。笑

ささら好きにオススメできるかと言われると簿妙なんですが笑、総合的な出来でいえばかなりいいと思います!何よりキャストオフ可能でプロポーションも抜群なのはセリングポイント高いです。流通量も多いので手に入れやすいはず。オススメです〜

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram