鏡音レン Tony Ver.

マックスファクトリーより「鏡音レン Tony Ver. 」のレビュー。

発売日:2016年9月
価格:12,800円(税込)
スケール:1/7
原型師:智恵理

同シリーズの「巡音ルカ」と同じ原型師さんの手によって、双子の男の子「鏡音レン」が立体化。Tony」バージョンという事で、本家と比べると大人っぽい印象に仕上がっており、頭身も高いです。

同シリーズの「鏡音リン」と台座を繋げる事ができます。














ルカと同じく、クリア素材の上から塗装された髪の毛が非常に綺麗ですね。
ルカと比べると色が黄色だからか、透明度も高いように思います。束感もあり、これはイケメンヘアーだぜ・・・!

アイプリントの精度は高く、マクロで寄ってもクッキリと映ります!
さらにこのレンは、瞳の表現に何色も使われており、とても細かい・・・素晴らしい。

元気一杯の表情。肌も色白さんですね〜

前髪のクセは多めですが笑、ちょっとパールがかった色味が発色良くていい感じですね。

ヘッドギアもキチンと装備。こうして見ると耳がすごく小さくない?

男の子なのにポニーテール。ここまで束にするにはかなり髪の毛を伸ばす必要がありそうですね・・・

ハーフアップなところが憎いあんちくしょう。

この形のマイクを見ていると、昔Skypeを使ってボイチャしていた時代を思い出す・・・

どう見てもセーラー服です本当にありが(ry

まだ少年っぽさが残る成長途中の身体は、華奢なようでガッシリしていくんでしょうね。

少し緩んだ胸元から見える鎖骨がセクスィー。

セーラー服の金色のラインもはみ出しなく、丁寧に塗装されています。

腕。細い。

ルカと違って、シンプルな腕元。ショルキーがあるから、手元で操作する必要がないのかな?

ビッと伸ばした腕の、肘のくぼみが今回のフェチポイント。

ショルキーはシンプルながら、造形はよく出来ています。欲を言えば、メーカー名とかメモリとかもう少しこって欲しかったけど・・・

落ち着いた塗装と、角のない造形です。

下半身は少年らしく短パン。ベルトのステッチが細かい。



ちぃこちょことグラデが入っているので、安っぽさを感じません。仕上げの良さはやっぱりスケールですね〜

ジェットパックらしきものがついたレッグカバー。笑

足はかなり細いです。女の子と言われても全く違和感ないくらい細いw

靴はシンプルなエナメルの白。片足立ちなので少しの衝撃でフラフラと揺れるのがちょっと不安になります笑

台座は鍵盤タイプになっています。大きさは結構ありますが、プラ製で軽いです。

足が台座に着いている部分の、黒鍵が凹んでいるところが地味にポイントが高いです。何の音階が鳴っているんでしょう笑

今回のセクシーショット!

上までは作られていないと思いますが、肌チラしてくれています。











大きさ比較。

サンプルからの大きな劣化も無く、安定した造形と塗装が美しいレンでした。ショタ好きならずとも、同シリーズのリンと連結させる事ができるのでぜひオススメです!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram