BANPRESTO WORLD FIGURE COLOSSEUM 造形天下一武道会 其之一 超サイヤ人孫悟空

バンプレストより「BANPRESTO WORLD FIGURE COLOSSEUM 造形天下一武道会 其之一 超サイヤ人孫悟空」のレビュー。

発売日:2018年2月
価格:プライズ
スケール:NONスケール(約19cm)
原型師:中澤博之


日本国内の原型師だけで行われていた「造形天下一」シリーズがワールドワイドになりました。日本勢からは、3名が参加。その中からリリース第一弾の孫悟空をご紹介。























シーンがシーンなので、かなり顔は見にくいですが、悟空の鬼気迫る表情がよく再現されていると思います!


原型師の中澤氏は、悟空を一番上手に造る方だと思っています。
顔のパーツバランスがとにかく素晴らしい。惜しむなら、このシチュエーションはフリーザ編の悟空のはずなので、割と初期の髪の毛の線が少なめの悟空にして欲しかった。


よくよく見ると、この悟空ももみあげと別パーツになっているんですよね。まあ別パーツの都合でこうなったんでしたっけ?この悟空に関してはそこまでボリューミーな髪の毛じゃなと思うんだけどな。




シワの入り方や、目鼻立ちなどはまさしく悟空。


髪の毛はグラデなし。束感が強めです。





目線は向かって左方向に向いています。瞳の色はエメラルドグリーン。


体は全体的に汚れはありませんが、衣装がボロボロで雰囲気が出ています。





アンダーシャツはがっつりグラデーション。引っ張られている感じの表現がいいですね。





かめはめ波の手の表現は、若干ずれているような感じですが、そこまで違和感はありません。


下半身もがっつりグラデがかかっています。昔の造形天下一3の時の同じシチュエーションを表していた悟空は、単色ルールに縛られてめちゃくちゃ安っぽかったですからね・・・



帯がたなびいています。


破れた道着から覗く膝がセクシーです。笑








ブーツの紐の色は薄いねずみ色。またしても茶色ではなく・・・


台座は造形天下一お馴染みの、スモークブラックの半透明型の台座。この悟空に至っては少し大きいです。


対となるフリーザがありませんので、いつか造って欲しいものです。











大きさ比較

難しい場面での立体化ですが、素晴らしい出来のフィギュアでした。大きな欠点も見当たらず、プライズで簡単に手に入れることができる、コスパも優れたものとなっています。

角度的に少し飾りにくいのが難点ですが、おすすめでsきる悟空フィギュアですね!

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram