黒執事 Book of Murder シエル・ファントムハイヴ

アニプレックスより「黒執事 Book of Murder シエル・ファントムハイヴ」のレビュー。

発売日:2016年1月
価格:16,000円(税込)
スケール:NONスケール(約22cm)
原型師:石長櫻子(植物少女園)


オマケとして、枢先生書き下ろしの冊子が封入されています(4ページ)。
内容はフィギュアについて、鑑賞方法・保管方法などが描かれています。
その他に、このフィギュアの元絵のとなった書き下ろしポスターが付属しています。


こちらは一般販売ではなく、アニプレックスの公式サイトでの受注生産商品でした。なので、値引きなどは一切なく、当初は割高に感じたものの、実物を見たらその感情は吹き飛びました。























まつ毛が長く、非常に中性的な顔立ちをした坊ちゃん!
これにはセバスチャンもニッコリ。薄いグレーのアイシャドウが映えますね。サンプルに比べると劣化を感じるにはいられませんが、それでも十分満足できるお顔になっています。


さらに寄って。眼帯はツヤなし塗装になっています。


髪の毛は黒ではなく、ガンメタみたいな若干光沢がある感じの色になっています。


口の開き具合やリップのグロスが艶めかしさを増しています。笑
鼻はそこまで高くなく。


衣装の模様の作り込みが半端じゃないです。


シルバーの装飾が多数。シャツはパールホワイトでピカピカです。
貴族のシャツはこんなに綺麗なのか!


青と黒と白、そしてシルバーのコントラストがいいですね〜
全体的に寒色系でまとまっているのがいいのかな。


コルセット?はかなり長く、締められた細いウェストが露わになっています。


横顔だと流し目でさらに美しさアップ。
ピアスもちゃんと空いています。


今回、塗装忘れが1箇所あり、それは眼帯の紐です。
あまり目立ちませんが、髪の毛の部分にかかった眼帯の紐が塗装されておらず、髪の毛の色と同じになっています。


帽子の紐部分。青と白のストライプ。


この辺りで見るとわかりやすいかな。髪の毛の下部分に紐が通っているのがわかるかと思います。


この辺りとか。


付属品の鞭は自分で持たせます。艶めいた手袋がいやらしいですね〜



左手はこんな感じ。親指には契約の指輪をしっかりはめています。


小さいですがクリアパーツがはめられています。


下半身はかなり少年らしく、短パンです。笑
さりげないシワや膝の骨が浮き出る程の肉の薄さが注目ポイントです。


ズボンの左右にはシルバーのラインが入っています。


腰元のサッシュの造形は圧倒的で、ボリュームもあり奥行きがあります。塗装は若干重いですが、フリルの緻密さでカバーされています。


さらに細かく。


サッシュ全体で見るとこんな感じ。グラデーションが強めにかけられています。


後ろから見ると、かなりダイナミックに反っている事がわかるかと思います。


トレーンは黒ベースの上から、青系のサフが吹かれており、煌めいたように見えて美しいです。


ベルトに食い込んだ足の肉がリアルです。こんなに足細いのに・・・


靴もツヤあり塗装。帽子の紐と同じ色のカラーリングです。
そして台座の骸骨にはナイフとフォークが・・・



しっかりとバラが生い茂っています。笑
若干豚バラに見えなくもない・・・


金属製のピン3本でこのフィギュアは支えられています。


台座は崩れた瓦礫が散乱した風になっています。結構重く、厚みがあります。


バラってもっと赤くなかった?種類によるのかなあ。





フリルやリボンが沢山で、これは女性が好きなのも頷けるなーといった感じです。笑


見る角度によって表情が変わるのも面白いです。











さりげなく透けています。








度重なる延期があったり、箱のスペルミスや塗装ミスもありますが、それを補うほどの美しさと撮っていて楽しいのが魅力のフィギュアですね。


大きさ比較。

amazonで購入する

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 フィギュアレン

テーマの著者 Anders Norén

RSS
Follow by Email
Twitter
Instagram